“対策困難”なexploit ニンジャリリースへ





wololo.netで,wololo氏がPS Vita 3.36/3.50向けとして”対策困難”なexploitのニンジャリリースを実施すると発表していました。

ニンジャリリースされるのは、先日セーブデータを使わないから対策がかなり難しいと思われるexploitとして紹介したqwikrazor87氏のexploitです。

基本的には3.50 VHBLのためのユーザーモードexploitですが、3.36の場合はカーネルexploitがありましたので既にゲームを持っているのであればARKなどのeCFWがありますのでそのトリガーとして利用できます。

このexploitのポイントは

次にリリース予定のexploitはPSPかハック済のPS Vita/PS Vita TVがもう1台必要。

3.36の場合カスタムバブルインストールするまでハック済のPSP/PS Vita/PS Vita TVがあるだけでいいけれど、3.50だと常にそれが必要になる。

のようです。つまりハック済ePSP/PSPと何らかの通信をすることでもう1台をコントロールするということのようです。なるほど。

qwikrazor87氏は「対策が不可能」と言っているようですが、確かにそれならゲーム自体で対策しないと回避できないように思います。が、個人的には絶対不可能というのはPSP/ePSPについてはあり得ないと思っていますので過度の期待は禁物ですよ。

ちなみに本当に対策不可能だとしても、カーネルexploitは対策即終了ですしVHBLも同じバージョンが永遠に使い続けられる訳ではないので「一生ハックし放題」にはなりません。「一生Hello World表示」程度なら可能ですよ。

最後に、絶対このゲーム手に入れるぞと意気込んでいる方に残念なお知らせです。

このゲームに日本版はないよ。

Tags: , , ,

  1. karehaani’s avatar

    やっぱりアドホック使う系のexploitかぁ
    saveデータ無しでスコアデータの受信とかを出来る機能のゲームが海外にあったけど
    スコア数値を何らかの方法でPSPからePSPに送信した時に数値によってcrashさせたとして
    $のコントロールが面倒臭い浮動小数点だし。
    もし、仮にPBPみたいなデータを丸ごと送信出来て読み込むことによって発生する
    exploitの場合比較的$コントロールは簡単
    簡単な数値の送信によって起きるゲーム自体のアドホック処理の
    exploitの場合凄く簡単。
    昔、自分も調べたことがあったけど$の値が不定で影響を受ける場所が毎回変わるので諦めてました。
    しかし、対策出来ないなんてありえない気がしますけどね。
    最悪そのゲームをVITA(PSP)コンテンツから削除して次回verの時に
    そのexploitゲームをbubble起動出来ないようにネイティブ処理すればいいわけで。
    それに、起動時にGAMEIDで弾いて(このコンテンツは利用できません)ってVITA側で対策出来るわけだし不可能ではないと思われ。
    更に言えばゲーム固有のアドホック通信時の(SSID)ゲームによって異なる
    exploitゲームの、SSIDは通信切断とか(無理やりだけど)出来なくもないし。
    一体どんなexploitなのか少し楽しみではありますがどんな感じに不可能なのか凄く気になるので
    待つことにします。
    まぁそのゲームのアドホック機能をうごけないように対策すればいいんでないの?
    としか、思えないけど。

  2. kuu’s avatar

    試してみたいけど、日本版がないんじゃなあ
    どうにかならないものか

  3. sirome’s avatar

    同感
    パタポンとかのがしたから新しいexploit出るまで待ってよーっと思ってたから残念

  4. 椎名水澄’s avatar

    やっぱMOHHを思い出すな

    siromeさん
    日本版は今回のexploitが塞がれたら、その時私のをリリースしますよ

  5. 173210’s avatar

    neur0ner氏のExploitがすでに予約済みです。同じExploitなら問題ないですが。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">