smea氏 Ninjhaxのソースコード公開

GitHubで、smea氏がニンテンドー3DSで非署名コードを実行しHomebrew起動を可能にするninjhaxのソースコードを公開していました。

3DSシーンの開発者はninjhaxのソースコード公開を待ちに待っていたのではないでしょうか。

ちょうどYifan Lu氏もninjhaxのソースコードが公開されればニンテンドー3DS向けHomebrewフォーマットである3dsxフォーマットを読み込むことができる9.2向けの3dsx loaderを公開すると発言していました。Gateway 3DSなどでのHomebrewローダー開発が活発化したりなど、3DSのHomebrewシーンが大きく動く転換点になるかもしれません。

自分でninjhaxをビルドする場合にはarmips/devkitArm/旧バージョンのctrulib/pythonなどが必要で、oss.croのようにsmea氏曰く「自分には権利がないから配布できない」ものやQRコード暗号化のキーデータなども必要だと書かれています。

公開されたのはあくまでもソースコードですので、エンドユーザーが見て直接何かできるような物ではありません。ご注意ください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『smea氏 Ninjhaxのソースコード公開』へのコメント

  1. 名前:173210 投稿日:2015/01/26(月) 18:20:11 ID:e40b546ad 返信

    Yifanlu氏が公開したARM9のエントリーコードとここに出てるコードを使えばARM9のメモリにパッチを当ててシステムメニューに戻ることができると。
    署名チェック外しぐらいは簡単にできますね。それが出来たところでredNANDがなければ怖くて使えませんが。