Total_Noob氏 CEF 6.60 TN-V10リリース





/talkフォーラムで、Total_Noob氏がPS Vita ePSPのカスタムファームウェア CEF 6.60 TN-V10をリリースしていました。

ここのところTN-V9.5、9.6、9.7と細かいバージョンナンバーでのアップデートが続いていしたので、久々のメジャーアップデートになります。

バージョン表示だけでなく、内容もメジャーアップデートレベルになっています。

  • CSPSPオンラインマルチプレイ対応
  • PSPFilerでのHomebrew並べ替え機能追加
  • PEOPS SPUプラグインによるPS1ゲームのTN Savestate plugin(ステートセーブプラグイン)サポート
  • リカバリーメニューがセレクトボタンに対応。VSHメニューもリカバリーメニューもXMBでセレクトボタンを押すことで開くことが可能に。
  • リカバリーメニューに’Suspend device’と’Restart VSH’の項目を追加
  • リカバリーメニューに’Reset TN-V settings’の項目を追加(Advanced ->)
  • March33とSony NP9660のISOドライバー削除。デフォルトのドライバーをInferno Driverに変更

Inferno DriverはCFW PROに搭載されている、ゲーム起動互換性を向上させるISOドライバーです。Inferno Driver自体March33=M33ドライバーベースの改良版です。M33のソースコードは開発者のDark-AleX氏が非公開にしていたのでInferno DriverはM33ドライバーをTeam PROが独自で解析してコードを起こし不具合修正等の改良を加えた、ある意味手間の掛け方はTeam PRO独自開発に近い存在だといえます。

173210氏によると、Total_Noob氏はTeam PROのColdbird氏からInferno Driverの使用許可を得たらしいです。TNとARKがISOドライバーを共用し始めたという点では画期的な変更ではないでしょうか。ただし技術的な面では画期的ではありませんし、Inferno Driver自体Google Codeにソースコードが公開されてるものです。ところでGPLv3ライセンスの場合Total_Noob氏も本来ならソースコードも公開しなければならないはず。使用許可を得た場合はいいのかどうかよく分かりません。

M33ドライバーが無くなっても後継とも言えるInferno Driverがあれば実運用上問題なさそうですが、古くからPSPハックになじんできた方の中にはNP9660がないと動かないゲームはありそうな気がします。しかしTotal_Noob氏曰く、それらも全てInferno Driverでカバーできると判断したからこそNP9660ドラーバーを削除したのだと主張しています。その他POPSLOADERも今後サポート予定だそうです。

なお、今回のTN-V10は3.01以下のPS Vita向けです。事実上、既にインストール済のPS Vita向けと言っても過言ではありません。3.18等の最新ファームウェアでTN-Vを起動させるには新たなカーネルexploit(通称kxploiit)のリリースが必須ですが、それはもう少し先の話です。

Tags: , , ,

  1. 173210’s avatar

    >使用許可を得た場合はいいのかどうかよく分かりません。
    問題ないですよ。GPLv3はライセンサーを拘束しません。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">