PS Vita 2.12向けVHBL by Qwikrazo87





wololo.netで、Qwikrazo87氏が移植したVHBLを公開していました。

先日ゲーム名が公開されたGamocracy One exploitがストアから削除されたことを受け、隠しておく必要がなくなったQwikrazo87氏が移植したVHBLが公開されました。何度もお伝えしていますが、今回は日本版はゲーム自体がありませんので日本のPSアカウントでお使いの方は残念ながら対象外です。

このVHBLは『Gamocracy one: legend of Robot』というゲームのセーブデータexploitを利用したもので、ゲーム名は数週間前から/talkフォーラムでニンジャリリース(フォーラムメンバーに順次ゲーム名を公開していく方式)によりゲーム名が告知され、先日一般公開されました。

ソニーはおよそ2日後に『Gamocracy one: legend of Robot』をストアから削除しました。今後はGamocracy one exploit対策をしたファームウェア(2.13?)が公開されるはずです。

2.13がリリースされると、ストアで『Gamocracy one: legend of Robot』が購入できるようになると思われますが、ストアへのアクセスには対策された2.13へのアップデートが必要になるため、現時点でVitaに『Gamocracy one: legend of Robot』がインストールされていないのであれば2.12 VHBLは利用できません。今後も新しいファームウェア向けのVHBLがリリースされるはずですので、そういう方は次のチャンスをお待ちください。

VHBLは、利用しているゲームが持つ関数などによりHomebrewへの互換性が左右されますので、残念ながらPSPのHomebrewが全て起動するわけではありません。

また、今回はwMenuで赤画面が出るバグが存在しています。その場合、画面に

“Error! Couldn’t find any homebrews in ms0:/PSP/VHBL/ Please check your config file and/or restart VHBL”

と表示され、設定ファイルを確認の上VHBLを再起動するよう促されますが、実はその必要はありません。エラーが出たらLボタンを押してください。

これはHomebrewが全くインストールされていない場合に起こるエラーです。Lボタンを押すとwMenuでSAVEDATAのサブフォルダを強制的に表示します。

実はこのバグは2.12 VHBL特有のものではなくwMenu自体のバグで、wololo氏によると「修正可能だが忙しくて直せてない」ものだそうです。

wMenuは先日wololo氏がソースコードを公開していますので、wololo氏曰く、スキルのある方はソースを読んで修正して欲しいそうです。wMenuではなく評判のいい138Menuを使っても良いでしょう。

なお、EUバージョンの場合のみメモリーを解放するところでクラッシュするという報告があがっています。これについてはQwikrazor87氏が調査中とのことです。
[追記]
EU版でクラッシュする不具合の修正版が公開されました。

それでもクラッシュする場合は、以下のことを試して欲しいそうです。

1) 不具合が一時的である可能性があるので、Vitaを再起動してもう一度exploitpを発動させる。

2) CMAが上手くデータを転送していなかった可能性があるため、もう一度セーブデータの転送をやり直す。

3) 上記2つを試しても改善しない場合は、言語設定を英語に設定してみる。その設定により、Qwikrazor87氏がテストを行った環境と同じになる。

Tags: , , , ,

  1. 在日チョン’s avatar

    割るの遅すぎだろ、どんだけソニー技術力高いんだよ
    そんなにセキュリティー強化するくらいなら、本体の機能増やすとか、スペックあげたり、ゲームの質上げろよ

    나누는 것 너무 늦을것이다, 탕만 소니 기술력량 기피한 よ 그렇게 시큐리티(security) 강화 할 정도라면, 본체의 기능 늘린다든가, 스펙 들거나, 게임의 질상 구토에요
    ニダニダ!

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">