Wii U GamePadの知られざる秘密 ハッカーが暴く





Eurogamerで、Wii U GamePadは既に2台接続に対応しているなどの新情報を掲載していました。

Dolphin Emulatorの開発者Pierre Bourdon氏がWii U GamePadを解析していましたが、EurogamerがそのPierre Bourdon氏へインタビューを行い記事として掲載したことで、新たな情報が次々と明らかになりました。

Pierre Bourdon氏は、Wii U Gamepadについて以下のように語りました。

「私と、後2人のハッカーでWii U GamePad入手後すぐに解析を開始しました。Wii U GamePadのセキュリティはWii U本体と比べると実はあまり強固ではありません。ファームウェアは暗号化されていない状態でFlashメモリーに保存されています。だから抜き出してバイナリーデータをリバースするのは簡単でした。通信プロトコルも普通の802.11nでしたのでPCとのやり取りも簡単にできました。」

基本的にはWi-Fiカードとタッチパネルを備えた普通のコントローラーで、ビデオストリーミングのデコーダーチップがある位です。コントローラーの入力はWiiリモコンのBluetoothとは異なりビデオストリーミングと同じWi-Fiチャンネルで毎秒180回送られています。

Wii UとGamePadとのペアリングは暗号鍵がペアリング時に送信されます。ペアリング時の暗号化方法も少し分かりにくくしてあるだけで基本は一般的なものです。しかし通信プロトコルはカスタマイズされています。

こうした解析の結果、まずWii U GamepadをPC上でエミュレートできるようになりました。

ビデオストリーミングについても、Pierre Bourdon氏は以下のように述べました。

「ビデオ信号はH.264で圧縮され、音声は通常非圧縮ですが、ファームウェアの中には圧縮オーディオに関する記述もありました。またWi-Fiビデオ伝送技術であるMiracastと思われる記述もありましたが、実際には使っていません。こうしたものは全てカスタムプロトコルで通信しています。」

ビデオストリーミングのビットレートは平均3Mbps、858×480の解像度で60fpsですが、ビットレートは可変となっているため状況に応じてバンド幅は変えられます。

更に、現時点で既に2台のWii U GamePad利用に対応したファームウェアになっていることも明らかになりました。

また、GamePadの通信に関する仕組みは書き換え可能なチップにあるファームウェアに依存していることから、任天堂は将来的に単体運用も視野に入れているのかもしれないとしています。物理的には可能ながらWii U GamePadが直接単体でインターネットにアクセスできない仕様になっている理由がPierre Bourdon氏としては分からないとしていますが、現在のファームウェアにはその可能性を示すような記述は一切存在しないそうです。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">