目ん玉とびだした どうぶつの森争奪戦





ニンテンドーDSの『おいでよ どうぶつの森』もニンテンドーWiiの『街へいこうよ どうぶつの森』も実は持っています。どうぶつの森がそんなに好きなんですか?と聞かれると非常に困りますが、正直に言います。

全く興味ありません!

単に子供が欲しがってるだけです。プレイしているところはよく見ていましたが自分でプレイしたことは自慢ではありませんがほぼ皆無です。

なんだかよく分かりませんが、うちの家内曰く「子供が友達とプレイする約束をしてきたので発売一週間前にネットで注文しようと思ったら全然売っていなかった」らしい『とびだせ どうぶつの森』は、なにやら3DSカードリッジ版の争奪戦が繰り広げられているらしいです。

今日何軒か実店舗を回ってみましたが、確かにどこも売り切れでした。メーカー希望小売価格4,800円のものがアマゾンに至ってはプレミアム付きのありえない価格になってます。
Amazonでの価格 → とびだせ どうぶつの森

我が家ではどうも発売1週間前に偶然トイザらスの通販で予約できたらしく、子供が勉強しないのでゲーム禁止令が現在継続的に敷かれていることからどこかに隠されているらしいですが実は発売日には届いていたらしいです。

らしい、ばかりで申し訳ありません。だって、興味ないんだもん。ということで、どうも我が家にも『とびだせ どうぶつの森』はあるらしいです。

ツイッターのタイムライン読んでいると、同じように買えなかった人たちが結構沢山いて、仕方がないからダウンロード版を買っているみたいです。

そんなにバカ売れするゲームなんですか?キラータイトルであることは理解しますよ。といってもここまで品薄になるほど絶大な需要があるものでしょうか。ドラクエ以上に需要過多で供給が追いつかないほど大人気なら目ん玉とびだすくらいビックリですが、なーんかおかしいなぁ。

任天堂は『New スーパーマリオブラザーズ 2』発売以降、カードリッジ版と同一価格ながらダウンロード版を用意してダウンロード販売に力を入れて来ています。

ダウンロード版はSDカードにゲームを保存して複数の遊びたいソフトを同時に持ち歩くことができ、カードリッジを入れ替える手間もないことが大きな特徴です。

流通業者の中間マージンも削減できることからカードリッジ版とダウンロード版が同一価格ならダウンロード版の方が利幅が大きいことは間違いありません。

カードリッジ版の供給量をそこそこにしてダウンロード版購入を促すためにわざとやってんじゃないの?と勘ぐりたくもなります。

人間、「買ったことないから不安なので」と手を出せなかったダウンロード版に一度手を染めてしまったら、その便利さを身を持って知り次回からもダウンロード版を積極的に購入するようになってしまうものです。

個人的には選択の余地がない中でダウンロード版を購入するのは遠慮したいところではありますが、iOSアプリは(85円とかそもそも安いんですけどね)ガンガンダウンロードで購入していますし、VHBLやらTNやらでプレイすらしないPSPのゲームをガンガンダウンロード購入したりしてますから、実は3DSでもダウンロード版を拒否る理由はないのかもしれません。

[追記]
岩田社長のツイート曰く、バカ売れしてるそうです。


計算上ダウンロード販売数もカウントすると今週末時点でミリオンセラー確実です。そこまで売れるとは思っていなかったということですか?

Tags:

  1. trickart’s avatar

    こんなに売れてるのは驚きですが、マリオより売れるというのはそこまで不思議ではないと思います。
    まず、遊びたいからと言って友達からソフトを借りて出来るというものではないこと。
    自分の部屋をコーディネートしたりするゲームなので友達にかしたりしないのでしょう。
    もう一つは協力プレイができるソフトであること。
    複数人でやる時は常に人数分必要なわけでその分ソフトが売れる訳です。モンハンのように。

  2. 173210’s avatar

    面白いですよ!
    3DSあったらぜひ買いたいです

  3. なお’s avatar

    ダウンロード版は一時間位落とすのにかかります
    もちろんネット環境によりますが…快適とは言い難い
    3DS自体が高速通信の端末ではないため
    家庭のネット環境が速くても意味がありません
    うちも二つはカセット、一つは諦めてダウンロード版です

  4. me’s avatar

    DSの頃から販売本数が凄まじいですよねー
    自分もそこまで興味が無いもんだから「え、そんなに売れてるの?」と思わず目を疑った記憶が有ります
    ミリオンを軽く超える本当の意味でのキラータイトルは3DSはこれが初めてでしょうし、
    どこまで伸びるのか楽しみというか恐ろしい限りです

  5. kazu’s avatar

    「おどりゃどうぶつのクソ森」と言われたゲームの後継ですよね?

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です