プラチナゲームズ稲葉敦志氏 BAYONETTA(べヨネッタ)最大の失敗は自社開発しなかったこと





MCVで、プラチナゲームズのプロデューサー稲葉敦志氏がPS3版『BAYONETTA』を大失敗だったと考えていたことを伝えていました。

PS3版の『BAYONETTA』はプラチナゲームズが制作したXbox 360版の『BAYONETTA』のコードをセガ社内チームが移植したもので、その結果PS3版についてはフレームレートとコントロールの問題に最後まで悩まされたことが反省点としてあげられていたそうです。
The PS3 version – a port of the Xbox 360 code – was handled by an in-house team at publisher Sega. The result was a release dogged by framerate and control issues.

「プラチナゲームズ最大の失敗は移植なんですよ。」
プラチナゲームズのプロデューサー稲葉敦志氏はBAYONETTAについてそう語りました。

「当時はPS3での開発方法をあまり知らなかったんです。我々でできるのかどうか自体もわかりませんでした。それはそうとしても、我々ではできないと判断したのは自分達でしたから。でも結果をみると、特にユーザーの皆さんにそのまま渡ってしまったことは大失敗でしたよ。」

その失敗を糧にして、プラチナゲームズでは『VANQUISH』をPS3とXBox 360の両バージョンを自社で開発したそうです。

BAYONETTAはPS3の体験版しかプレイしたことがありませんが、ゲーム内容的にはかなり評価の高かったゲームですが、そんな裏話があったんですね。

続編である『BAYONETTA 2』はWii U版のみ発売されますので今後はWii Uでもタイトルを発売して行くのだと思いますが、稲葉氏はWii Uだけでなく3DSにも興味を持っているようで、ツイッターでこんなことをつぶやいていました。


3DSにも面白いタイトル発売を期待したいですね。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です