3DSの4.4.0-10x Flashcartのファームウェアアップデートでは回避不能





Tiny Cartridgeで、ニンテンドー3DSの4.4.0-10xのFlashcart対策はファームウェアアップデートでは回避できないことを伝えていました。

先週リリースされたニンテンドー3DSのシステムバージョン 4.4.0-10xは「システムの安定性や利便性の向上」のためのアップデートでしたので当然Flashcart対策だったはずですが、最近はこういういたちごっこが日常茶飯事で特に騒がれることも減ってきていたため、このブログでも「その後」の情報をお伝えしていませんでした。。

今回はSuperCardチームによると「ほぼ全てのFlashcartが恒久的に起動しなくなった」そうです。

いつものことじゃないかと思いますが、恒久的としていることからどうも今回の任天堂はかなり本気だったようです。

少なくともSuperCardチームは、今までのようなFlashcartのファームウェアアップデートで対策回避が可能だとは考えておらず、ユーザーにデバイスごと買い替えてもらわないといけないとしています。つまり、ハードウェア側で対応しないと4.4.0-10xの3DSでは起動しないような対策が施されたことになります。

もっとも、ハードウェアレベルで対応すれば回避が可能ということはユーザーが「買い替えなんて面倒くさい」と思って諦めてくれればそれで良し、という程度の対策だったということになります。

現時点では3DSでFlashcartを使って可能なのはあくまでもニンテンドーDSのHomebrew起動とニンテンドーDSのバックアップ起動であり、3DSでのネイティブHomebrew起動や3DSのバックアップ起動ではありません。DSiですらそれらの実現はできていないので今のところはハッカー対任天堂は任天堂側に分があるようですが、任天堂は手を緩めるつもりはないようです。

Tags: , , ,

  1. nr’s avatar

    R4i Gold(r4ids.cn)はパッチで対応するようです。
    SupeCardチームが対応できないとする理由は何なんでしょうね…

  2. るりるり’s avatar

    SCDS Twoでも対応したようですしね……(既に公開済)
     ※勿論、R4ids.cnの派生系(クローン系)も…

    まぁ、『旧世代の基板とそのクローン系では』みたいな感じでしょうか。
    幾つか系統はあるようですが、AceKard2iを元に改変したものが多いように見受けられるようですので、それらに対する根本的対応策が見つかったってところなんでしょうね。

    その辺はi時代の奴を何とか3DS対応にしていた感じですし、流石に旧世代感が…(;´Д`)

    AK2iの方も生産自体絞っているようですし…(;´Д`)
    中の人(というかそれに近しい人?)が『(ファームは)もう更新しない』旨の発言をしてましたね。

    i本体でも対応は可能なのかも知れませんけど、既に終息の流れですからねぇ……
    素直にそれらの本体で動作させるのが良いのかも知れませんね。
    もう少し前のファームに変更すれば、起動自体も速くなるとの話もありますし。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です