PS3のコアダンプ True BlueのEBOOTパッチの秘密?





PS3Crunchで、True BlueチームもCEX to DEXを利用してEBOOTパッチを作成していたのかもしれないと伝えていました。

PSDev氏が3.60keyを利用してPS3の3.60ファームウェアを復号し、Core_OSのファイルを公開したことを受け、自分のPS3のCore_OSダンプを試みていたharryoke氏のところにANON氏(おそらく匿名をなのる人物)が連絡をしてきたそうです。

ANON氏の情報は、cfwprophet氏(がPS3で要求ファームウェアより低いバージョンのCFWでゲームを起動させる仕組みを解明し、その方法を利用して金儲けを企んだJailbreakドングル’True Blue’を詐欺行為と最初に訴えたTeam AC1Dのメンバーではないかと思われる)から聞いたPS3 RAMダンプについての内容で、専門的な話が多いので詳しくは解説できませんがTrue Blueチームはこのコアをダンプする機能を利用してCFW 3.55で要求ファームウェア3.60以上のゲームを起動させるためのEBOOTパッチを作っていたのではないかといった内容です。

このコアダンプ機能はデバッグファームウェアの機能であり、このことからTrue Blueチームはデバッグ機を利用しているか、ないしは市販のPS3をデバッグ機に変換するCEX to DEXを利用していた可能性があるようです。

思い起こせばCEX to DEXはAnoReleaseを名乗る匿名人物からのリークで公になったものであるため、AnoRelease氏がTrue Blueの関係者ないしは関係者筋と近い人物である可能性も否定できません。

現時点ではEBOOTパッチをその方法で作ろうとしてもクラッシュするため再現できていないようですが、要求ファームウェアチェックを回避できるEBOOTパッチは現時点で作り方が公開されていないため、True Blueチームが過去に公開したものをモディファイしてTrue Blueでなければ起動しないようなDRMプロテクトを外すことでしか作ることができません。

PS3コミュニティは水面下でパッチ方法を研究しているとは思いますが、トリガーの一つが見えて来たことから今後大幅な進展が見られるかもしれません。

Tags: , , , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です