マイクロソフト Kinectを約40ドル値下げ ただし欧州/日本を除く





Major Nelsonで、マイクロソフトがXbox 360のモーションコントローラーKinectを109.99ドルに値下げすると発表したことを伝えていました。

109.99ドルは日本円でおよそ8,700円です。単純に金額だけ見るとかなり安くなった印象です。

今までのアメリカでのKinectの希望小売価格は149ドル、日本版Kinectの希望小売価格は14,800円でした。元が1ドル100円程度の為替レートを適用させている設定ですので今回109.99ドルになるということは、その差額はおよそ40ドル、Kinect発売時希望小売価格と1ドル100円の為替レートだと4,000程度の値下げ(実際には1ドル79円ですので3,000円程度値下げされる感覚だと思ってください。)に当たります。キャンペーンとしての値下げではなく恒久的な値下げになりますので購入を計画していたユーザーに取っては嬉しい話です。

値下げは発表と同時に行われているため現時点で既に値下げされていることになります。ただし、値下げされるのはKinectが販売されている北米と南米、アジア太平洋地域で、オーストラリアとニュージーランドでは少し遅れて10月4日からとなります。

ここまで読んで、日本はアジア太平洋地域に含まれているの?その割には値下げされてないよ?とお気づきの方もいるかもしれません。値下げされていない?その通りです。残念ながらヨーロッパ、中東及びアフリカ、日本に関してはKinectの値下げの計画はありません。Xbox 360が売れている地域で更に販売台数を伸ばそうとしているのかもしれませんが、次世代機の購入意欲と無関係ではないので日本でも値下げすべきではないでしょうか。更にKinectの高い商品力を上手にアピールすれば、Kinectを使いたいからXbox 360を購入しようというユーザーも存在するはずです。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です