サヨナラTrue Blue DUPLEXがTrue BlueのDRM排除に成功





PS3NEWSで、DUPLEXチームがPS3のUSBドングルTrue Blueに施されたDRMプロテクトの排除に成功したことを伝えていました。

遂に拝金主義True Blueの息の根が止まる時が来たようです。

CFW 3.55で要求ファームウェア3.60以上のゲームを起動させることができるUSBドングル”True Blue”は、すぐにクローン製品が多数出回るPS3シーンにあって比較的長い間独占状態を謳歌してきました。これはTrue BlueにDRMプロテクトを施して販売したためで、それが簡単に破れなかったことがクローン製品乱立回避の原因の一つでした。

3.60+のゲームをCGW 3.55+True Blueで起動させるにはTrue Blueチームが公開したパッチされたEBOOTと起動させたいゲーム(バックアップ)内のそのデータとの入れ替えが必要ですが、True BlueドングルはそのパッチされたEBOOTに仕込まれたDRMをチェックするだけの機能実現のために存在していました。理論的には3.60+で起動できるようパッチされたEBOOTさえあればドングルなどなくても起動させることは可能です(現にドングルレス起動は既に実現しています)。

DUPLEXチームは今回、クラックTrue BlueパッチとしてTrue Blue用としてパッチされたEBOOTからDRMプロテクトに関する部分を除去することに成功して、新たにTrue Blue専用ではないパッチとして再リリースしました。これでCFW 3.55のPS3で要求ファームウェア3.60+のゲームをドングルレスで起動可能になります。パッチからDRMを削除する方法などは公開されていませんので、ユーザーが自分でDRMを排除することはできずDUPLEXチームの公開を待たなくてはならないのが難点です。

なお、先日3.60+のkeyが流出しましたが、DUPLEXチームによると今回の件とは全く無関係だとのことです。

形としてはもはやTrue Blueを購入する必要性は全く無くなってしまったためTrue Blueの終焉がやって来たと言えます。しかし一方でTrue Blueチームは新たなDRMプロテクトを施した新ドングルを発売することを既に発表しています。その後何のリリースもありませんのでどこまで準備できているのか分かりませんが、現行のTrue Blueドングルは終息してもTrue Blueチームの時代が終わったとまで断言する材料はありません。

しかし3.60keyが公開されてしまっている今、PS3自体の仕組みに変化がない限りTrue Blueチームへの需要はないと思われます。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です