PS3 3.60ファームウェア復号成功 PSDev氏がCore_OS公開





PS3Haxで、PSDev氏が3.60keyを利用してPS3の3.60ファームウェアを復号し、Core_OSのファイルを公開したことを伝えていました。

暗号化の鍵の流出で、再びPS3シーンは大きく動き出しました。

Core_OSはPS3のファームウェアの核になるもので、その中には以下のものが含まれています。これらが全て今復号されたことになります。

aim_spu_module
emer_init
lv1.self
lv2_kernal
manu_info_spu_module
mc_iso_spu_module
me_iso_spu_module
sb_iso_spu_module
sc_iso
spp_verifier
spu_pkg_rvk_verifier
spu_token_processor
spu_utoken_processor
sv_iso_spu_module

これでファームウェアの解析が可能になりますので、理論的には3.60の機能をCFW 3.55に盛り込むことは不可能ではありません。

ただしこれをどのようにインストールするのかの問題はあります。CFW 3.55であるPS3に、誰かが作るであろうCFW 3.60へアップデートすることはできるようになるかもしれません。ただし最新ファームウェア含む3.60+のPS3をハッキングできたわけではありませんので(それにはかつてのPS Jailbreakのようなexploit的なものが必要です)、そう言った意味では今後更なる展開が必要だと言えます。
直接NANDを書き換えるハードウェア的なダウングレードではなくソフトウェア的なダウングレードについても同様で、やはりexploit的なトリガーは必要です。

今できることは暗号化されたファイルを復号化することですので、CFW3.55で要求ファームウェア3.60以上のゲームの起動は可能でしょう。先ほども述べたようにこのまま順調に解析が進んでいくと仮定すればCFW 3.60へ一歩近付いたことは間違いありません。

Tags: , , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です