PS3の新型モデルの写真見つかる 16GBストレージとトップローディング方式ドライブ採用か





Technoblogが、ANATEL(ブラジルの電気通信庁)のデータベースで16GB/250GB/500GBのストレージを持つ新型PlayStation3の写真が見つかったと伝えていました。

写真に映っている筐体にはPS3のロゴがあり、PS3であることは間違いないですが現行モデルとは全く異なるデザインとなっています。

ps3-NewModel1

ディスクを挿入するスロットローディング部分も見当たらないことから、コスト削減にも貢献するPS2の後期型やPSPで採用されているようなトップローディング方式を採用している可能性が高そうです。

ps3-NewModel2 ps3-NewModel3 ps3-NewModel4 ps3-NewModel5

そして、ソニーから出されたと思われる文書も掲載されており、電源部やロジックボードが共通なCECH-4011A、CECH-4011B、CECH-4011Cの3モデルがそれぞれドライブサイズを16GB、250GB、500GB搭載していることが明記されています。

ps3-NewModel-document

日本ではCECH-4000の型式で発売されると思われます。250GBや500GBは通常のHDDの容量ですが16GBは現在市場で販売されているHDDの容量ではないことからSSDである可能性が高いです。

まあ、PS3はモデルチェンジごとにコストを削減してきていますし、現行PS3 Slimモデルが160GB版が24,980円、320GB版が29,980円となっていますので、その比率と価格差(HDDの容量が倍になると5,000円増)を考慮に入れ、現行320GB版が500GB版のフラッグシップモデルになり値段そのままで置き換わると仮定すると、CECH-4000シリーズの予想価格は

CECH-4000A: 16GB SSD 19,980円
CECH-4000B: 250GB HDD 24,980円
CECH-4000C: 500GB HDD 29,980円

となります。

廉価版モデルが出ただけのような印象ですね。値下げのインパクトを出すためにはフラッグシップモデルを24,980円にするくらいでないと(Wii Uの発売も控えていますので)インパクトがありませんので個人的には以下のように予想しておきます。

CECH-4000A: 16GB SSD 14,980円
CECH-4000B: 250GB HDD 19,980円
CECH-4000C: 500GB HDD 24,980円

PS3システムソフトウェア バージョン 4.20で一部メニュー内の表現が変更されたことからトップローディング方式でSSDを採用したPS3の安価なモデルの発売を予想しましたが、どうも今回流出した写真がその新モデルそのもののようです。初期ファームウェアも4.20になると思われます。

Tags:

  1. とり’s avatar

    16GBというとインストールとかは殆ど考慮せず
    安価に購入&外付けHDDでいい人向けという感じでしょうかね
    或いは単に160GBの誤植という可能性もありますけど

  2. mamosuke’s avatar

    Xbox 360も4GBモデルがありますし、何より安いというのは請求力ありますから。
    何よりも25,000円だか30,000円と言われているWii Uより遥かに安いという印象は大きいと思います。Wii Uのグラフィック性能がPS3やXbox 360並という噂はソニーが積極的に裏で流してるんじゃないかと疑ってみたり。

  3. いち’s avatar

    以前の株主説明会でPS3を3万から2万五千円に値下げしたせいで収益が圧迫されている、値下げは失敗だったという説明がありましたけど、
    HDDを削っただけで収益への影響無しに1万円もコストカット出来ますかねぇ?

    本体を売るためだけに馬鹿の一つ覚えでハードの値下げを繰り返すより、今普及している台数だけで儲けを出す方法考えた方がいいと思うんですが・・・・・・・二度目の債務超過を迎えたSCEの今後が心配です。

  4. mamosuke’s avatar

    ソニーはSCEで収益を上げて経営の柱にする方針なので、いくら任天堂が新型機を出そうともゲーム分野でコケるわけには行かないはずです。

    見た目はHDD削っただけでも製造コストを下げているはずですし、当初からWii Uの発売を見越して値下げを計画していたはずですので大丈夫ではないでしょうか。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です