True Blue後のPS3シーンに第3のグループ登場か





PSX-sceneで、PS3の3.60+ファームウェアのクラックに取り組んでいるTrue BlueでもE3でもCobraでもない第3のグループの存在を伝えていました。

True Blueの生産が突如中止され、新たなDRMを施した新製品発売が告知されましたが、その情報を伝えた販売サイトLightakeのモデレーターによると、販売店としては今後次のようにすることを考えているようです。

1. 7月に発売される新DRMドングルの入荷を待つ
2. カスタマーサービスで払い戻しを受け付ける
基本的には販売店側も突然のことで慌てているようです。また、既に新ドングルに予約が数百件入っているそうです。

True Blueチームは新たなDRMで再び独占市場を企てるたけですのでドングル戦争が仕切り直して勃発する可能性が高いです。E3 Teamも今回から参戦しますのでどうなるのかが見ものです。

また、PS3Crunchの管理人であるGaryOPA氏によると、既にTrue BlueともE3ともCobraとも違う別の第3のグループが動いていて、ダウングレードもJailbreakもできないPS3に対して何らかのアクションを起こすことを明言しています。もちろん予想ではなくきちんとした情報に基づく内容で、PS3の3.55の市場は日に日に縮小していると発言しています。

ドングルレスで要求ファームウェア3.60以上のゲームをCFW 3.55で起動させるEBOOTを配布した中国人ハッカーの話もありますので他のチームが動いている可能性は非常に高いですが、そもそも最新ファームウェアをクラックするためにはKaKaRoTo氏曰く使われている秘密鍵の入手か、新たなexploitが必要です。E3 Teamや第3のグループがどういう手段でどんなことをしてくるのか今はまだ分かりませんが、KaKaRoTo氏がなし得なかった成果をそのE3 Teamないしは第3のグループが発表する時が近そうです。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です