ARMプラットフォームの”Xbox Lite”が2013年に登場か





BGRで、ARMベースの”Xbox lite”が2013年に発売され、Xbox 360の後継機はその後発売されると伝えていました。

今年のE3ではXboxの次世代機は公開されないようですが、海外ゲームサイトのMS Nerdが「2013年暮れにはアーケードスタイルで現行モデル同様のKinect(near-mode:近接モード対応)付きデバイスが登場すると聞いている」と伝えていたそうです。そのデバイスについて「Kinectを既に持っているなら)Apple TVをターゲットにした価格のARMベースのプラットフォームになる」とし、Kinectをオプションとした低価格なARMベースの新型ハードウェア登場を明言しています。日本でのAppleTVの価格は8,800円ですので少なくともXbox Liteは一万円を下回る価格と言えそうです。

このARMベースのXboxはWindows Phoneとも機能統合、Kinectによるモーションコントロールとボイスコントロールと合わせ人気のカジュアルゲーム路線の主力機になるようです。

正真正銘のxbox 360後継機、コードネームDurangoについてはコアゲーマー向けという以外の詳細な内容は不透明ですがマイクロソフトが開発をしているのは確かで、発売時期はそのARMベースXboxの後になるようです。KinectもXbox後継機の発売後カメラがアップグレードされ、新型Kinectが2015年あたりにデビューすることも伝えています。新型Xboxと新型Kinectの発売時期がずれるということでしょうか。ちょっと考えにくい話ではあります。

ARM版のXboxというのは意外でしたが、Windows 8のARM版もあるらしいのでその話と密接に関係しているのかもしれません。

Tags: , , , ,

  1. るりるり’s avatar

    一瞬だけ「威力棒 Vii」が浮かんだ……orz
    まぁ、そんなのや数ある体感ゲーム(フレンドパークとか)よりも、差し替えの出来るファミリートレーナー寄りになるんでしょうけど……
     ※映像とかのクオリティは別として考えて…(;´Д`)

    今回の話は、そういったライト層を取り込もうとしてるんでしょうね。もし本当なら…ですが。

  2. mamosuke’s avatar

    日本ではWindows PhoneもXboxもあまり力をいれて販売されていないので市場を席巻するには到底至らなさそうな…

    Windowsのシェアは絶大なのになぜでしょうね。

  3. Matyapiro’s avatar

    噂はうわさ、です。

  4. るりるり’s avatar

    まぁ、(部門別に)色々原因はあるでしょうけど……

    ARM版Windowsとかその辺の路線には期待してます。
    本来の意味を失ってしまった(と勝手に思ってる)『ネットブック』の復活ですかね。

    元々は末期のワープロからプリンタ機能を排したような感じで
    『オフィスソフトとWebブラウジングとメールが出来ればいいや』
    な割り切り型の簡易ノートPCだったはずなんだけどね…

    イーモバとかの端末契約無しの素の状態で2万円台前半で出して欲しいですわ。
    ポメラほどの電池持ちや高速起動は別にいいけど、単3数本で数時間駆動のが欲しい。
     ※6本なら7.2Vとリチウムイオン2直相当なので作りやすいかも

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です