Acekardチームが3DSを2.2へアップデートしないよう注意喚起





GBAtempで、Acekardチームがニンテンドー3DSを最新ファームウェアである2.2へアップデートしないよう注意喚起していることを伝えていました。

最近ゲームを購入していない人はニンテンドーeShopに繋ぐためにネットワークアップデートで最新ファームウェアにしていると思いますが、その場合の最新バージョンは2.1.0-4Jになるようです。

任天堂公式サイトによると、

現在、ネットワークダウンロードによりご利用いただける最新のバージョンは「2.1.0-4J」です。

となっていますが、2.2というのはゲームカードによるアップデートとして配布されているようです。

現在、ニンテンドー3DS専用ソフトのゲームカードの更新によりご利用いただける最新のバージョンは「2.2.0-○J」(※)です。
(※)○には数字の1~4のいずれかが入ります。

2.2.0-◯Jへの更新による主な変更点

●「フレンドリスト」の機能追加
オンライン中のフレンドが遊んでいるソフトへの参加ができるようになります。(対応ソフトは今後発売予定です)
●システムの安定性や利便性の向上
より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上いたしました。

どうやらシステムの安定性向上でAcekard 2iが対策されているようです。
個人的に最近3DSでFlashcart使っていないので確認した訳ではないですが、おそらく他のFlashcartも対策されたものと思われます。

Acekardチームは2.2への対応をすることを明言していますので、ファームウェアによる「対策の対策」をしてくる公算が大ですが、3DSになってもいたちごっこは続くようです。
[追記]
2.2に更新が必要なのは『スーパーマリオ 3Dランド』だそうです。Twitterで情報を寄せてくださったweさんありがとね。

Tags: , ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です