ゲーム最新情報 2011年7月30日のニュース





●ツイッターで、plum氏がFW6.XXのPSPで複数枚UMDソフトのバックアップISO/CSOでのプレイ時にISO・CSOの交換を行うことができるプラグインisochange_v0.2をリリースしていました。CFW5.XXへの対応やキーをL+R+STARTからL+Rに変更した他、isoを交換した後、自動でHOMEメニューからゲームに戻るようにしたそうです。

●PSPKingで、dx3m氏とThe Z氏がPSPのLCFW 6.39LME-9.1をXMBのSensMe channelsやDigital Comicsから直接簡単に起動することができるようにするユーティリティEasy Launch Installer v1 for LME-9.1をリリースしていました。SensMe channelsとDigital ComicsのどちらからLCFW 6.39LME-9.1を起動するかを選んでインストールする仕組みです。(アンインストールも可能)

●CVGが、日本の半導体産業新聞にPS VitaのCPU製造はサムスンが担当し、45nmプロセスを採用すると報じていたことを伝えていました。

●PS3Haxで、facanferff氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeのredsquirrel87氏による非公式ビルド版Showtime v3.1.22でインターネットテレビをサポートするためのプラグインChannel9をリリースしたことを伝えていました。NP氏がRevision3というプラグインをリリースされたことも合わせて伝えています。

●Destructoidで、3DS値下げ発表後IGNがニンテンドーからDSi、DS Liteは値下げをしないと明言したことを伝えていました。ニンテンドーからはDSi LLの値下げについての情報はなかったようですが、DSi LL(DSi XL)をせめて3DSと同価格までは値下げしないと終わってしまうだろうとしています。仮に値下げしたとしても、特に日本では下位互換性を持つ3DSと同じ価格(DSi)だったり、3DSより高かったり(DSi LL)する製品が売れるはずがありません。

●GBAtempで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader v2.0 Beta26をリリースしていました。meta.XMLがない状態でBボタンが押された時のスタックダンプ修正などが変更点です。

  1. るりるり’s avatar

    LLに関しては、画面サイズの関係で『多少なりとも』需要はあるからなぁ…
    今の価格のままでも『DS/DSiソフトしかしない&画面が大きい方が良い』層には支持を受け続けるわけだし…
    流石に同等(15000円)以下にはしないときついとは思うけどね。

    一番危ない(フェードアウトの可能性がある)のはDSiだと思う。
    それこそLLや3DSと比べると訴求力が皆無レベルだもん。
    画面サイズでは3DSと大差ないんだから、
    同じ価格なら『DSiを買うくらいなら3DSでいいじゃん』になるし。

    LiteはGBAカートリッジを使える&(数は少ないけど)連動要素もあるので、当面は大丈夫だと思う。
    まぁ、VCでのGBA次第では需要減→フェードアウトもあり得るけどね。

    今はPSPで頑張ってるけど、『~GBA世代』までのための(携帯)エミュ環境を揃えようかと思うよ。真剣に。
    でも、エミュの品質がなぁ……(本体のつくりもあれだけど)

  2. ドカンくん’s avatar

    まあいいんじゃないですか?最終的には3DSに移行するんですし。
    ただ、LLユーザー用に3DS LLは必要だと思いますね。

  3. いち’s avatar

    北米欧州だとDSiが未だに3DSの2、3倍のペースで売れてますからね。
    DSのソフトしかやらない人も3DSを買うしかない状況にしてしまえば
    3DSの売り上げが現在の数倍に膨れ上がる可能性もありうるかも知れません。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です