ninjhax一覧

Homebrew対応ninjhax 2.0が準備中 RegionFOURベース

ツイッターで、smea氏がRegionFOURをベースにしたninjhax 2.0をリリース予定であることを明らかにしました。

・・・この記事の続きを読む


『Cubic Ninja』に対応 Gateway 3.1.1 ULTRA Public BETA

Gateway 3DSチームが、ニンテンドー3DS向けFlashcartのGateway 3DSをアップデートするGateway 3.1.1 ULTRA Public BETAをリリースしていました。(ISA Garegeさん情報ありがとね)

・・・この記事の続きを読む


プロジェクト名”KARL3DS” ninjhax経由で3DSにカーネルアクセス

GBATempで、Deathracelord氏がニンテンドー3DSへのカーネルアクセスに取り組んでいることを公表していました。

・・・この記事の続きを読む


smea氏 Ninjhaxのソースコード公開

GitHubで、smea氏がニンテンドー3DSで非署名コードを実行しHomebrew起動を可能にするninjhaxのソースコードを公開していました。

・・・この記事の続きを読む


ゲーム最新情報 2015年1月12日のニュース

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPlagiarism Tools Collection 2.7.34を更新していました。以下のツールが更新されています。

    ・バックグラウンドでPS3のタスクを実行できるVSH PRXloader向けのプラグインとしてPS3のファイルやフォルダをウェブ(AndroidやiPhone、PCなど)経由で閲覧したり、リモートやXMBからISOをマウントしたりすることができるユーティリティwebMANの非公式アップデート版 webMAN-MOD 1.41.06

●Brewologyで、Andreas Öman氏が、PS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeのテストビルド版Showtime v4.9.71をリリースしたことを伝えていました。

●Yifan Lu氏が、Gateway 3DSのexploitを解析した結果を公表していました。公表の目的はHomebrewローダーへの活用です。第一ステージがWebkit exploitによるユーザーモードでのコード実行で、第二ステージになってカーネルモードが使われているようです。解析したのはv4.xのペイロードダンプのみですが、バージョンによって異なるのはメモリオフセットの部分ではないかとしています。興味のある方はご一読を。解析記事はパート1パート2に分かれています。

●smea’s devblogで、smea氏がninjhaxの技術的な解説記事を公開していました。ninjhaxで使っている脆弱性を違法コピーのために使われたので詳細を公表することにした、としています。ざっと流し読みしましたが、Homebrew Launcher起動までには非常に長い道のりだったことが分かります。これは簡単に「他のゲームでexploit探そうよ」とはならないですね。