Linux一覧

PS VitaでLinuxを動かしてみる

ゲーム専用機でLinuxと言えば、あるときはハッキングの目的だったりする程切っても切り離せないものです。

意味深に「PS VitaでLinuxを動かしてみる」なんていうタイトルを付けるとまるで格が上がったかのような印象を受けますが、なんてことはない、ちょっと前に話題になった(このブログでは特に話題にしていませんけど)JavaScriptで動くLinuxです。そいつを偶然PS Vitaで動かしてみただけという非常に浅はかな内容の記事です。

→→→続きを読む


さらばOtherOS 集団訴訟でユーザー敗訴

PS3Haxが、OtherOS集団訴訟でソニーの訴えが認められたことを伝えていました。要するにOtherOS機能削除は不当とした原告の訴えは退けられたことになります。

→→→続きを読む


ゲーム最新情報 2011年6月11日のニュース

●/talkフォーラムで、kenma9123氏がPSPをACアダプターで電源供給して使用中にバッテリーチャージをするかどうかをACアダプターを抜くことなく設定(ボタンコンボ)だけで変更することができるなどの電源管理系プラグインKrap-psp v1.18をリリースしていました。スクリーンショットのバグを修正、設定項目にワイヤレスLAN設定追加、screenshot/music mode/reboot/sleep/shutdown項目の有効/無効設定追加などが変更点です。

●GameTheGlitchで、GameTheGlitch DevTeamがPSPのVSH Menuの表示色を変更することができるプラグインVshMColor for 6.39 ME-5をリリースしていました。6.39 ME-5に対応したことと、PSP-2000のサポートが変更点です。

●きまぐれblogで、takka氏がUMD2枚組ソフトのISO/CSOでのプレイ時にUMDの交換をエミュレートするプラグインdisc_change 2.3をリリースしていました。2.2はコンパイル時にPRO-B7のsystemctrl_se.hを利用していたため、ほとんど動作していなかったそうです。また、CFWのバージョン判定やバージョン・ドライバ認識ができなかった場合でも△ボタンで動作するように機能追加したため動作するCFWが増えたはずだが、動作しない場合やドライバの表示がおかしい場合はメニュー左下に表示される、magicとumd_modeの値と、利用しているCFWのバージョン・UMDモードの設定値をブログにコメントして欲しいとしています。

●ツイッターで、Yoti氏がplum氏のPSPの本体情報の”システムソフトウェア”や”MACアドレス”の書き換えに加え、画面右上に年月日、曜日、バッテリー%などを表示するDayViewerと同じ機能を持ったプラグインspoofer v0.3fixを6.39に対応させたspoofer_v0.4uoをリリースしていました。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイル マネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN ver 2.00.04 UPDATEをリリースしたことを伝えていました。FBA NextエミュレータのサポートやCoverflowの改良、MP3プレイリストサポートなどが変更点ですが、ソースコードを公開しオープンソース化したことが最も大きな変化です。

●PS3haxで、PSVITAのゲームカードリッジの写真を掲載していました。SDカードサイズですがSDカードとは形状が異なります。

PSVita

●PSX-sceneで、Glevland氏がFedora、Debian、UbuntuのディストリビューションをサポートしたPS3 LinuxインストールガイドのWikiサイトをアップデートしたことを伝えていました。

●Xbox-sceneで、C4Eva氏がリリース予定のXbox 360ファームウェアiXtreme LT+ v1.9についての現状を報告していたことを伝えていました。
・Slim(Slim LiteOn 0225、9504、0401)のファームウェア開発は順調(極少数存在する日立製は除く)。
・Fatドライブについては完了。0800はファインチューニング中。Fat LiteOnはいつでもリリースできる状態。
・“unlock kits”は0401で動作良好。
・BenQドライブはテスト中。


ゲーム最新情報 2011年4月4日のニュース

●ツイッターで、plum氏がPSPでMP3再生をすることができるMP3プレイヤープラグインMP3PlayerPlugin v1.4をリリースしていました。プラグイン動作を改善、メニューにスキップモードを再追加、メニューに描画モード追加、チャンネル指定によるミュートに対応が変更点です。

●/talkフォーラムで、spike_132000氏がWiiのHomebrew Browserと同様インターネット上にあるサーバーからPSPに直接Homebrewやカスタムテーマ、プラグインをダウンロード・インストールする事ができるユーティリティPSPInstaller v5をリリースしていました。OFW/CFW両対応にしてGUIを改良するなどPSP Genesis Competitionに応募すべく改良をしたバージョンです。

●/talkフォーラムで、5h4d0w氏がリカバリーメニューやPCを使わずにPSPのプラグインの有効/無効をはじめ設定テキストファイルへの追加や削除、編集などができるユーティリティSePlugins Manager v1.2b2_2をリリースしていました。

●EDGEで、’Anonymous'(匿名の意味)を名乗るハッカー集団が同胞のGeohot氏やGraf_Chokolo氏を訴えたのは許されざる行為だとする声明を発表したことを伝えていました。自らの顧客が単に情報を所有および共有することを否定し不当に苦しめ、情報を得たいとする顧客をターゲットにし続けることはプライバシーを踏みにじる行為だと主張しています。(とりさん情報ありがとね)

●exophaseで、OtherOS訴訟についてソニーは“OtherOS”訴訟自体ハッカーの共謀によるものだと主張し、裁判所に対して原告が実際にPS3でOtherOSを使っているメリットがあるのかどうかを調べるためにHDDのデータへのアクセスの許可を求めていることを伝えていました。そこまで消費者を疑う企業って…

●PS3Crunchで、graf_chokolo氏がPS3 slimのVFLASHからのgentoo Linux起動は非常に高速で、PS3本体の再起動をすることなくgentoo Linuxを再起動することも可能になったと語ったことを伝えていました。今後は初心者でも簡単にgentoo Linuxを実行できるようにするツールの開発をしていくそうです。

●PSX-sceneで、George234氏がPS3に好きなLinuxディストリビューションをインストールするためのチュートリアルを掲載していました。

●PS3-ITAで、D_Skywalk氏がHermes氏のバックアップマネージャーHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager 1.1をリリースしたことを伝えていました。ビックファイルのサポート、USBドライブへのゲームインストール対応への準備(まだ対応しているわけではない)などが変更点です。

●wololo.netで、wololo氏がcoldbird氏とVirtuous Flame氏にインタビューを掲載していました。生い立ちやPSPに取り組むようになったきっかけなどが語られています。PRO-Cや6.37のハッキングについても2人に聞いているようで、インタビューの第2部として今後公開されるそうです。

●PSGrooveで、TeamSOSがPS3のHomebrewをPSNでダウンロードした体験版などに偽装することでPSNでのJailbreakしたPS3であることを隠す(ステルス機能を実現する)ことができるユーティリティHomebrew Stealthing Utility v1.3.5をリリースしたことを伝えていました。

●Riptenで、Xbox LIVEのPolicy and Enforcement担当ディレクターStephen Toulouse氏が所有する個人のブログとXbox Liveアカウントがハックされたことを伝えていました。ハッカーはLIVEアカウントをハックした状況をYouTubeで公開しています。
httpv://www.youtube.com/watch?v=ryfZv_qq7Uk


ゲーム最新情報 2011年3月25日のニュース

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのスピーカー音量を通常の最大レベルより3割程更に大きくすることができるプラグインaudioboost for 6.2X-6.3X v4bをリリースしていました。PSP goでBoost機能が薄いらしく、その改良版だそうです。

●/talkフォーラムで、MixeryM@xe氏がPSPをフラッシュライト化し、かつドット抜けした液晶の修正機能をもつプラグインPowerFlashLight+ v1.5をリリースしていました。

●ファミ通.comで、ゲームテックがPSP-3000/2000/PSP goでHDMI出力を可能にし、さらにゲームの映像をフル画面でテレビに表示できる製品『ワイドdeポータブルHD』を9800円で発売したことを伝えていました。ワイドdeポータブルHD

●The Worldで、Coldbird氏が自分と友人とで6.35PRO-Cで新たに搭載するオンライン機能(ネットワーク経由のアドホック通信?)のプロトタイプをテストしてもらったが、若干バグはあるものの結果は良好だったことを公開していました。(COBRAさん情報ありがとね)

●PS3Crunchで、graf_chokolo氏がPS3の3.55でGameOSとLinuxなどの他システムとのデュアルブート機能をもつカスタムファームウェアの開発を目指していることを伝えていました。graf_chokolo氏によると、3.55より新しいファームウェアでも同じことは可能だそうです。

●IGNで、ソニーがOtherOS機能をPS3から削除したことに対する修正集団訴訟で、原告は新たにソニーがOtherOS機能を削除したのはセキュリティの問題ではなく、ソニーにとって高コストなCellプロセッサー採用による維持コストが高いためでユーザーにとっては一切利益がないことや、Other OSはPS3ゲームをプレイするために必要なAPIやハードウェア機能をブロックするためそもそも違法コピーは起動できないはずと主張していたことを伝えていました。ソニーは3月28日までに回答をすることになっているそうです。

●PSGrooveで、『Cobra USB』というPS3用の新しいUSBドングルが4月11日に発売されることを伝えていました。マルチリージョン対応ブルーレイ対応機能やブルーレイ・DVDのISOをHDDから再生する機能、PSOneやPSP Minis、4GB以上のPS3バックアップ(外付けHDDから)もサポートしているそうです。またPCアプリケーション経由でファームウェアのアップデート可能で、3.50までのPS3からのダウングレードにも対応しているようです。

●/talkフォーラムで、5h4d0w氏がリカバリーメニューやPCを使わずにPSPのプラグインの有効/無効をはじめ設定テキストファイルへの追加や削除、編集などができるユーティリティSePlugins Manager v1.1-3をリリースしていました。

●JailbreakSceneで、Alegoria氏がPS3のPKGファイルを簡単に生成することができるユーティリティMagicPKG v0.3 Betaをリリースしたことを伝えていました。バグ修正が行われたそうです。

●MyceがKaKaRoTo氏への独占インタビューを行った中で、KaKaRoTo氏がPS3の3.55までで利用していたJailbreakは既に対策されて使えないが、最新の3.60以降では手段がないかというとそうでもなく、近く何らかの方法が出てくるので心配しないでもう少し待っていてほしいとコメントしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、jjolano氏がPS3のオープンソースFTPアプリケーションOpenPS3FTP v2.0をリリースしていました。ICON0.PNGの変更、XMBでアプリケーションが表示されるカテゴリを”ネットワーク”に変更、リモートプレイのサポート(未テスト)、スクリーンセーバー追加、SELECT + STARTでアプリケーションを終了させる機能追加などが変更点です。

●Examinerで、SCEA(Sony Computer Entertainment America)が2011年4月1日にオンラインサービス事業をSNEA(Sony Network Entertainment America)に移管することを発表するとともに、ウォレットなども移管するため引き続きPSNアカウントを利用するには新たな利用規約への同意が必要になることを伝えていました。同意しないとアカウントか閉鎖されるそうです。ハッカー対策に全力をあげて取り組む一環として規約に逃げ道を残さないよう一旦リフレッシュして厳重な予防線でも張るつもりでしょうか。エイプリルフール、という訳ではないらしいです。

●JailbreakSceneで、PS3のオープンソースバックアップマネージャーOpen ManagerのMOD版Open Manager v2.1 I-2とOpen Manager v2.1 J-2がリリースされたことを伝えていました。

●GBAtempフォーラムで、XFlak氏が任天堂Wiiに必要な純正系ハック系のファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii 4.5.1をリリースしていました。Dark Wii Green System Menuテーマ追加やHomebrew Browserやd2x v3 cIOSs、WiiFlowの最新版へのアップデートなどが変更点です。