NEWS一覧

2009年8月10日のニュース

●YouTubeのまもすけチャンネルのMOHH exploit動画が世界中で紹介されて大変なことになってます。とてもじゃないですがコメントに返事書けません。
MOHH exploit v2 with PSP OFW 5.55(Only included in UMD)

●GOONL!NEで、「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー山内一典氏はグランツーリスモ5の仕様は確定していないがいつでもリリースできる、として自信を見せつつもそのすべてを語るのは不可能と語ったことを伝えていました。それほど内容にボリウムがあるようです。
また山内氏はグランツーリスモPSPに登場する車種であればグランツーリスモ5にも登場する、と述べています。

●DCEmuで、PSPのAction ReplayコードをやCWCheatやnitePRフォーマットに変換するPSP Action Replay Converter 0.31がリリースされたことを伝えていました。

●1UPで、ファミコン版『パンチアウト!!』のレフリーとして登場するマリオについて、任天堂現情報開発本部の和田誠氏(当時は入社直後のペーペーデザイナー)が社内許可もなく勝手に描いたものであったと伝えていました。
この話は任天堂公式サイト社長が訊く『PUNCH-OUT!!』に掲載されています。

●Siliconeraで、販売好調なドラゴンクエスト IX 星空の守り人について海外展開については、出す国・地域を検討中ながら2010年4月以降になる予定であることを伝えていました。ニュースソースのもとをたどっていったらYahoo!ニュース「<ドラクエ9>スクエニ和田社長が「500万本いきたい」 2010年第1四半期決算」でした。

●WiiBREWで、BootMiiの設定をWii上で行えるBootMii Configuration Editor v2.4がリリースされていました。
変更点は以下です。
・自動アップデート機能の追加
・設定メニューにオプション追加(HOMEボタン押下)
・セッティングファイルのパスをパラメーターに変更

●WiiBREWで、WiiのチートコードのダウンロードおよびリネームをするCode Downloader v1.5がリリースされていました。
Google Analyticsのコードでハングするバグを修正したようです。



2009年8月9日のニュース

●ゲームマジックインターナショナルでXBOX360用ハードディスク関連商品が格安で販売されていました。セール品のようです。
XBOX360用ハードディスク120GB 7,780円
XBOX360用ハードディスク20GB リファービッシュ 2,499円
XBOX360用ハードディスクケース 3,580円

●播州卸問屋でWii本体(クロ)22,575円(税込・送料1,000円)で販売されていました。

●播州卸問屋で80GB搭載 プレイステーション337,500円(税込・送料込)で販売されていました。

●Joshin web 家電とPCの大型専門店でPSP-2000とアクセサリーパック(メモリースティックPROデュオ4GB/ポーチ/ストラップ/クロス)のセット15,990円(税込・送料込)で販売されていました。

●CodeMiiでHomebrew Browser v0.3.4がリリースされていました。【記事

●Xbox-sceneで、LITEON 83850cドライブのキーを復号化するOpenKey v0.2のリリースを伝えていました。
バーコードデータとの照合機能や.bin.keyの自動生成などが追加されたようです。

●Xbox-sceneで、WindowsのDOSアプリでXbox 360ドライブのフラッシュメモリーを読み書き消去するDosFlash V1.8をリリースしていました。
LiteOn 83850Cドライブなどに新たに対応したようです。



2009年8月8日のニュース

●QJで、Wii モンスターハンター3(トライ)発売に伴いWiiの販売台数がおよそ4倍になったことを伝えていました。その数、およそ24,000台程度から一気に95,357台だそうで、ドラゴンクエストIX 星空の守り人のおかげで販売好調のNintendo DSiをも抜き去っています。

●発売後販売好調を維持している任天堂Wii用ソフト Wii Sports Resortですが、1UPが日本で828,000本、ヨーロッパで600,000本、アメリカで500,000本と、世界で200万本近く販売されたことを伝えていました。世界中で認められたゲームというのは楽しさが保証されているのと同じ意味ですね。

●Eurogamerはコナミが過去のPS2用ゲームをお買い得価格で再販売することを伝えていました。対象ゲームはSuikoden Tactics、Zone of the Enders: The 2nd Runner、Metal Gear Solid 2: Substance、Metal Gear Solid 3: Snake Eater、Silent Hill 2/3/4で、価格は10〜20ユーロの模様です。日本ではPS2は下火ですから販売しないと思いますが、PS3にPS2エミュレーターが搭載されたらひょっとすると…?

●PSP-ITAが、Red Bull PSPチームのリリースしたFW5.50に対応したPSARDumper( 2009年8月6日のニュース参照)でFW5.55を復号化してみたところ、FW5.55でも一部を除き復号化が可能だったと伝えていました。同時にこの5.55をベースにしたカスタムファームウェアを作ることも可能そうであることも言及されています。
ただ、公式にアップデータがダウンロードできないので仮にこのままUMDにしか入っていないアップデータのみのままだと実質アップデータを違法に配布することになりかねないのでCFWが作られることはない思います。

●Xbox-sceneが、カーネルを切り替えできる面白い機能(2009年6月17日のニュース 参照)のついたXboxのModチップCygnos360 v2.0を入手し写真とその詳細を公開していました。

●Xbox-sceneで、LITEON 83850cドライブのキーを復号化するOpenKey v0.1のリリースを伝えていました。
つい数日前には有料サービスとして金儲けに使われた(2009年8月3日のニュース参照)のですが、FreeKey(2009年8月7日のニュース参照)に始まりあっという間に金儲け野郎が駆逐されました。

●Kotakuが、Xbox 360用ゲームのダウンロード販売となるGames on Demandで販売されるゲームの価格について同じゲームでも販売国によって価格がバラバラであることを伝えていました。得だ損だと考えたくないので統一価格にしてほしいものです。