2012年11月一覧

PlayStation 4 “Orbis” 開発キット配布へ AMD A10シリーズベース

VG247で、コードネーム”Orbis”と呼ばれる次期PlayStation 4の開発キットが開発者向けに配布されたと伝えていました。

続きを読む


裏話あり CEF 6.60 TNの新ゲームタイトル『グラビティ・クラッシュ ポータブル』 by teck4

PS VitaのCEF 6.60 TN-Bで使用する新ゲームタイトルは『グラビティ・クラッシュ ポータブル』です。日本版ありで価格は800円です。

PS VitaのCEF 6.60 TN-Bで使用する新ゲームタイトルは『グラビティ・クラッシュ ポータブル』です。日本版も存在するマルチリージョンタイトルです。あれ?Frostegater氏のexploitは?とお思いの方もいると思いますが、実はリリースがキャンセルされました。今回の『グラビティ・クラッシュ ポータブル』exploit発見と6.60 TN移植をしてくれたのはteck4氏です。Frostegater氏のexploitからteck4氏のexploitにスイッチした経緯をご紹介します。

続きを読む


ゲーム最新情報 2012年11月3日のニュース

●zloadで、The Z氏がPS Vita用PSPエミュレータカスタムファームウェアCEF(eCFE) 6.60 TN-Bの改造版eCFW 6.60 TN-B Modを公開していました。デフォルトで222MHzクロックで動作するようになっています。
httpv://www.youtube.com/watch?v=t3ccquv0s5I

●Wii-Infoで、Actar氏がWiiのHomebrewを公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader v1.7.1をリリースしたことを伝えていました。メッセージの変更やタイムアウトまでの時間を5秒長くしたことなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2012年11月2日のニュース

●ProgSkeet公式フォーラムで、uf6667氏がPS3のNANDやNORフラッシュメモリーを読み出し/書き込みができるProgSkeet 1.0 / 1.1をProgSkeet 1.2対応にするためのハードウェア改造方法を掲載していました。

●PSX-Sceneで、Nathan_r32_69氏がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することでPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSEN Enabler & Disabler [4.31]をリリースしていました。最新ファームウェアの4.31に対応したことが変更点です。

●PSX-Sceneで、Nightbird氏がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することでPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティPSN Spoof Enabler [4.31] [KMEAW]をリリースしたことを伝えていました。CFW Kmeaw 3.55向けです。

●Homebrew Connectionで、MagicSeb氏がLantus氏の開発したXbox 360のアーケードゲームエミュレータFBANextの不具合を修正したFBANext_0.2.97.27をリリースしたことを伝えていました。

●ツイッターで、ABCanG1015氏がmaxem氏のPSPのセーブデータの復号化や改造、GemekeyダンプなどができるMagicSaveでセーブデータがロードされているアドレス表示をしてくれるプラグインXXXX00000をリリースしていました。MagicSaveフォルダのPluginsフォルダの中に「XXXX00000.prx」を配置し、「XXXX00000」を有効にしたいゲームのIDに変更して使用してください。なお、動作にはcmlib(Prx Common Libraries)が必要です。日本語のreadmeが(MagicSaveも同じです)入っていますので使い方は読めば分かると思います。Savedata exploitを探す時に役立ちます。
ところでこれ、なんて読むんでしょうね。

●TeamSGKフォーラムで、SGK氏がCFWをインストールしたPS3でバージョン偽装を利用することでPSN/SENへ接続できる設定を有効化/無効化することができるユーティリティSGK-SPOOFv2-4.31をリリースしていました。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Serverを非公式の形で機能を追加して独自にビルドしたUniversal Media Server Version 2.0.0をリリースしていました。フェイスリフトが行われた他、ブラグインを管理するPlugin Managementタブの追加などが変更点です。

●Wii-Infoで、Actar氏がWiiのHomebrewを公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader v1.7をリリースしたことを伝えていました。オフラインモードを追加したことなどが変更点です。オフラインと言ってもネット接続無しでダウンロードできる訳はなく、事前にダウンロードしたものの操作ができるだけです。

●GBAtempで、Yellow Wood Goblin氏がニンテンドーDS用Flashcart R4とクローンの R4iDSN、Acekard R.P.GのオープンソースファームウェアWood Firmwares v1.54(Wood R4 v1.54/Wood R4iDSN v1.54/Wood R.P.G. v1.54)をリリースしたことを伝えていました。fatfsを0.09aにアップデートしたことなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2012年11月1日のニュース

●maxemなブログで、maxem氏がPSPのセーブデータの復号化や改造、GemekeyダンプなどができるプラグインMagicSave Ver 3.63をリリース

更新内容

【基本動作部分】
・CFW 6.60系に対応した

【メニュー関係】
・名称を変更。(“メニューオプション(MenuOption”→”オプション(Option”)
・”オプション(Option)”へゲーム中に MagicSaveのセーブファイル操作関係の全機能を
 有効・無効へ変更出来る”フック(Hook)”の項目追加

【設定ファイル関係】
・起動時の状態からMagicSaveのセーブファイル操作関係の全機能を
一時的に無効に出来るオプションを追加
(ゲーム別 設定ファイルについて、”Hook”の項目を参照)

【その他】
・ソースコードを3.63へ更新

●/talkフォーラムで、lil_smokez氏がVHBLでPCを(CMAやOpenCMAを)使わないでHomebrewを転送できるようにする方法を紹介していました。PSPFilerでms0にMUSICフォルダを作成してPS Vitaのブラウザで外部サーバーに置いたmp3ファイルに偽装したHomebrew(元記事である/talkフォーラムのトピックにリンクがあります)をダウンロードmPSPFilerでmp3ファイルをms0:/PSP/GAMEに移動してzipファイルに拡張子を変更後、そのzipファイルの中身をPSPFilerでms0:/PSP/GAMEに移動するというものです。(774さん情報ありがとね)

●PS3NEWSで、PS3の3.65から4.30までのAppldr及びNPDRMのkeyが流出したことを伝えていました。新たな公式ファームウェアが公開されてもバージョン偽装ツールが作れるようになるとしています。

●PS3NEWSで、JjKkYu氏がPS3のEBOOTに再署名することができるSCEToolのスクリプトTrueAncestor EBOOT Resigner v1.12をリリースしたことを伝えていました。3.60から4.25までを3.55で再署名できるようにしたことなどが変更点です。

●Wii-Infoで、Actar氏がWiiのHomebrewを公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 1.6.3をリリースしたことを伝えていました。スタートしなかったときのメッセージ追加などが変更点です。