fail0verflow一覧

混沌のSwitchシーンにfail0verflowチームがトドメの一撃

ツイッターで、fail0verflowチームがSwitchの全ファームウェア対応でハンダ付け不要なSwitchX PROと、より安価なLiteバージョンSwitchXを公開していました。

続きを読む


SwitchのLinuxデモとFusée Gelée(coldboot exploitデモ) そしてTrustZoneアクセスが4.xでも可能に

Switchシーンに大きな動きがありました。現時点では実証段階に近く、何かがリリースされたわけではありません。fail0verflowチームがNintendo SwitchでのLinuxデモ動画を公開、ReSwitchedチームがcoldboot exploitのデモ動画、そしてSciresM氏が4.xでのTrustZoneコード実行デモ動画を公開です。

続きを読む


fail0verflowチーム SwitchでLinux起動に成功

ツイッターで、fail0verflowチームがNintendo SwitchでLinuxを起動している写真を公開していました。

続きを読む


fail0verflowのcoldboot exploitは現行Switchでは対策不可能

ツイッターで、fail0verflowチームがNintendo Switchで採用しているNVIDIA Tegraプロセッサの脆弱性を利用して起動時に任意のコードを実行できるというcoldboot exploitについての情報を公開していました。

続きを読む


Switchで起動時にコードを実行 shofEL2 by fail0verflow

ツイッターで、fail0verflowチームがNintendo Switchの起動シーケンスに割り込んで任意のコードを実行するshofEL2なる動画を公開していました。

続きを読む


GameGaz Daily 2017.12.28

●Arkanite氏がWindows PCの画面をHENkaku環境のVitaへワイヤレスでストリーミング伝送することができるユーティリティPC Link [Open Beta] 0.8bをリリースしていました。Patronサイトでのリリースですが、オープンベータ版としてPatron登録者でなくても入手できます。

●fail0verflowチームが、PS4のカーネルダンプに成功したことを発表し、わずか6日間で達成したことなどその経緯を解説するとともに、それに使用したツール類のコードを公開していました。解説が専門的すぎて理解しきれません。

●Wall Street Journalで、任天堂がソフトメーカーに対してNintendo Switch用ゲームカードの64GB投入時期を2018年後半から2019年にずれ込む見通しだと伝えていたことを報じていました。現在のゲームカードはPS4などが採用しているブルーレイディスクより劣る32GBであることから、「大容量ゲームをよく制作している米国のソフトメーカーの失望を買った」そうです。記事を書いたWall Street Journalの記者 望月 崇氏によると、大容量のカードの必要性を感じていないソフトメーカーもいるようです。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii UエミュレータのPatron版Cemu 1.11.3をリリースしていました。マルチスレッドCPUエミュレーションのサポートなどが変更点です。

●GitHubで、Zarklord1氏がWii UのディスクやUSB HDDの代わりにSDカードからゲームファイルを読み出すことができるユーティリティSDCafiine-v1.4-nightly-26cb32aSDCafiine-v1.4-nightly-f817f80をリリースしていました。ログをデフォルトで取得するようにしたこと(nightly-26cb32a)や、group_id /owner_idをセットしたこと(nightly-f817f80)などが変更点です。