DSオススメ商品

You are currently browsing the archive for the DSオススメ商品 category.

Nintendo DSi LL レビュー 〜 大画面でHomebrewと描きやすいペン




楽天スーパーオークションで購入した(DSi LL スーパーオークション落札(しちゃった)情報参照)任天堂の新製品DSi LLですが、発売から遅れること3週間あまり、ようやく入手しましたのでレビューしてみたいと思います。

なお、発売直後でもないのに大画面採用にともない「デカくなった」だの、視野角がどうこうなどありふれたレビューなどでは今更感満載になります。実は大画面化で気になったのはColors!が描きやすくなったのかどうか、です。密かにイメージサイズがでかくなっているのではないかとあり得ない期待なぞしたりして…

DSiLLレビュー

楽天オークションで落札したDSi LLです。最初に箱を見た時には「デカ!」と思いましたが、でかいのは箱だけではないのでどりあえず流します。
今回Colors!を起動するにあたり、Homebrew起動に必要なマジコンを用意しました。写真左からSuperCard DSONEi、DS FIRE 2、M3i Zeroです。不正コピー問題で何かと悪者にされているマジコンですが、Homebrewにはなくてはならない存在です。道具に罪はありません。

DS_ALL

今回同時にColors!を起動するため、写真左からDSi + SuperCard DSONEi、DSi LL + DS Fire 2、DSLite + M3i Zeroの組み合わせにしました。組み合わせに意図はありません。DSLiteはGHOST SHOCKのクリアシェルに交換しています。なお、DSi LLのファームウェアは1.4Jでしたのでマジコンは起動します。
画面にマジコンを載せてみましたので、液晶サイズの大まかな違いが分かります。やはりDSi LLはかなりデカいです。DSiを初めて手に取った時には「ちょっと大きいかな?」程度であまり違和感を感じませんでしたがDSi LLは別です。確実にデカいです。

COLORS_ALL

で、早速Colors!で絵を描いてみました。
緑の外枠はペンの太さを一番太くしてあります。それ以外の線は一番細いペンで描きました。
DSLiteとDSiは描いていても大して変わらない感覚でしたが、さすがにDSi LLは外枠が異様に太く感じました。写真でも分かる通り、一目瞭然の太さです。同じペンの太さなのに、です。
保存した画像ファイルのサイズはどれも512 X 384ピクセルでした。DSi LLは拡大表示されているので画像が大きく感じますが、当然の話ですが表示している画像ファイルのサイズは完全に同一です。
colors_DSLite colors_DSi
colors_DSiLL

となると、気になるのは
「小さな用紙に絵を描くよりも大きな用紙に描く方が楽?」

ただDSi LLの場合、単なる拡大表示ですから線を描いても太く見えるだけです。感覚的には画面が大きいという理由だけで圧倒的に描きにくいと感じることはありません。ただ、ドットが見えるんですよ。曲線描くとよく分かりますが、ドット絵を描いている感覚になります。

下の2枚の写真は単焦点のカメラでほぼ同じ距離からタッチパネル液晶画面を撮影したものです。ペンは一番細いもので筆圧設定使わないで描いています。

DSLite文字
DSLiteで描いたmamosukeのサイン

DSiLL文字
DSi LLで描いたmamosukeのサイン

DSi LLは明らかに線が太く見えます。ドットも見えますよね。
ただし太いのが気になって描きにくいかと言えばそんなことはなく、ぎりぎり同じ感覚で描ける限界程度の差はある、という感じです。

その描きにくさの若干差を埋めても余りあるのが実は付属の大型ペンなのです。
このペン、実によく出来ていて握った感じから重量までよく計算されていると関心しきりです。任天堂は文具メーカーになっても食べていけるのではないかという程出来映えが良いです。

正確に言うと、DSi LLの画面の大きさと大型ペンの組み合わせが秀でているのです。DSLiteと大型ペンでも悪くはないのですが、DSi LLとの組み合わせに勝るわけではありません。

試しに、小学校1年生の被験者(娘)にDSLiteとDSi LLで絵を描いてもらいました。

描きやすいペン
左利きでも絵が描きやすいのはColors!の優れたインターフェイスのおかげ

被験者曰く、圧倒的にDSi LLの方が描きやすいそうです。小学1年生程度であればDSi LLの大きさと重量はさほど問題になることはないみたいで、逆に画面が大きくて描きやすいと感じるようです。比較するとDSLiteは狭苦しく絵を描いているような感じがするようです。

colors_M

こんな絵を掲載してもしょうがないのですが、被験者が載せろとうるさいので掲載しておきます。
タイトルは「外でハンバーガーとジュースを持っているなんて突っ込みどころ満載」
よく分かりませんよ〜(笑)
[訂正]
タイトルは「うさちゃんのおさんぽ」が正式だとツッコミが入りましたので一応載せておきます。

まもすけも描いてみました。大画面で一番嬉しいのはColors!で4倍拡大した時で、やはり画面が大きいことは絵を描くにあたってはメリットの方が大きいみたいです。DSi LLの画面で表示される絵の大きさがPCで表示したときの大きさにより近くなるのも嬉しいところです。

colors_Hatoyama

誰これ?とか似てないとかいう苦情はお控えください。

画面が大きいだけなら特に買わなくてもいいかな?とも感じるDSi LLですが、使ってみるとなかなかのもので家庭内で使用するだけならLLの方が向いています。携帯ゲーム機もここまで来たか、の定価20,000円ですが今までDSなんて外に持ち歩いたことないという方に取っては目からウロコの使いやすさだと思います。

年末商戦で人気商品のDSi LLですのでなかなか値引き販売しているところは少ないですが、興味を持たれた方にはご購入をお勧めします。マジコンも起動するし、買うなら今のうち?
 →楽天市場でDSi LLの最安値を検索


DSi購入を記念して【記事】早速液晶保護フィルムを購入し、貼付けました。

最近は液晶保護フィルムもいろんな種類が出ています。

キズが自然に直る不思議なフィルムなんかにも惹かれましたが、まもすけの選んだのはこれです。

【DSi】 キズガードフィルムi LX-NDI001リンクスプロダクツ製 500円

なぜこれに決めたのかというと、
安い(500円!)くせにカメラ用の保護フィルム(内部&外部カメラ用)がついているからです。しかもカメラ用はなくしたときのために2組あるといううれしい配慮付き!

DSi購入/おすすめキズガードフィルム
早速届きました。見た目は普通です。

早速三種の神器
【エアブロア】(液晶表面のゴミ吹き飛ばし用)
【セロテープ】(フィルムの粘着面や液晶についてしまったホコリ除去用)
【ピンセット】小さなカメラ用フィルム貼り用
を用意して取り付けました。

さて、カメラ用の保護フィルムはは、外側カメラ用のものはなんてことないのですが内側カメラ用のものは相当小さいので、当然取り付けにも苦労しますがそれより何よりすぐに無くしそうで恐ろしいです。透明ですのでぽろっと落とそうものなら2度と出てきません。

・・・ということでお約束ですがまもすけは
内側カメラ用フィルム、紛失しました。
この製品には予備がついているので事なきを得ましたが、それが無かったら何のためにカメラ用フィルム付きの製品を購入したのか分からなくなってしまうところでした。

付けてみて一番感心したのは
液晶画面用のサイズがぴったり
なことです。
キズガードフィルム大きさぴったり

この写真で分かるでしょうか。
本当にぴったりです。

貼るときに片側を枠の内側にぴたっとハマるように貼りさえすればきちんときれいに貼れます。これには関心しました。
欠点としては、少しでも斜めに貼ってしまうとどこかで必ずフィルムが液晶画面からはみ出してしまうことくらいでしょうか。でもそれくらいジャストサイズです。

さて、液晶保護フィルムも貼ったし、準備万端。
最初にDSiでやる事は、ブラウザでもなく音楽を聞くでもなく、ましてやカメラで遊ぶでなく、地道なマジコン起動確認です(笑)