未分類一覧

GameGaz Daily 2018.7.12

●GitHubで、noahc3氏がh-encoreをVitaで起動するまでのプロセスを自動化することができるWindows向けユーティリティauto h-encore v0.4.3をリリースしていました。不正なAID使用防止に接続時のポップアップをスキップできないようにしたことなどが変更点です。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がVitaでフレーム毎秒値(FPS)を画面の左上に表示するプラグインFramecounter v.1.2をリリースしていました。STARTボタン3秒間長押しでフレームレート非表示が可能になったことが変更点です。

●GitHubで、 qwikrazor87氏がPS1のDOCUMENT.DATをダンプするためのPSP向けプラグインps1doc v1.0をリリースしていました。ePSPではDOCUMENT.DAT閲覧機能がないためps1docはPSP専用になっています。

●GitHubで、 Laproxi氏がニンテンドーDSエミュレータDeSmuMEをNintendo Switchに移植したDeSmuME-NX 0.0.3をリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.5.18

●GitHubで、fincs氏がNintendo SwitchでユーザーモードHomebrewを開発するための開発者向けCライプラリlibnx v1.2.0をリリースしていました。FSコマンドの追加やSystemSaveDataのマウント機能追加などが変更点です。

●Maxconsoleで、SimonMKWii氏がNintendo SwitchのNCAファイルを直接任天堂のCDN(Content Delivery Network:コンテンツデリバリーネットワーク)から入手することができるユーティリティHACDN v4をリリースしていました。

●GitHubで、 Reisyukaku氏がNintendo SwitchのNCAファイルを直接任天堂のCDN(Content Delivery Network:コンテンツデリバリーネットワーク)から入手することができるユーティリティCDNX v0.50をリリースしていました。HACDNとの違いはSwitchを使わずにPCでダウンロードしているのを検出できないような機能を実装していることです。
CDNX

●GBATempで、jakibak氏がゲームボーイカラーエミュレータkhedgbをNintendo Switchへ移植したkhedgbをリリースしていました。Retroarchだと3.0までのswitchしか動作しないことから移植に取り組んだそうです。5.0でも動作します。

●Sourceforgeで、fledge68氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーWiiFlow Lite v4.4.0 r1138をリリースしていました。ゲームタイトルリスト表示の不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS4のparam.sfoファイルを編集することができるユーティリティPARAM.SFO Editor V1.1をリリースしていました。PS4のsfo保存の強化などが変更点です。

●GitHubで、valentinbreiz氏がAndroidデバイスからPS4のペイロードを読み込ませることができるアプリPS4 Payload Sender for Android 1.1をリリースしていました。
PS4 Payload Sender

●Major Nelsonで、Xbox 5月のアップデートを公開したことを伝えていました。DiscordアカウントをXboxアカウントと紐付けを可能にしたことや、1080pおよび1440p出力で120Hzのリフレッシュレートをサポートしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2017.3.23

●GekiHENスポンサーサイトであるPSX-Placeで、VitaのHomebrewコンテスト”GekiHEN”の全エントリーリストを公開していました。応募総数は39でした。

●GBATempで、fledge68氏がカバーフローライクなWii/vWiiのオープンソースUSB/SDローダーWiiflowをベースにしたMOD版WiiFlow Lite v4.4.0 r1132をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、cturt氏がPS4のセキュリティに関する調査結果まとめページを作成して公開していました。

●ツイッターで、任天堂がAndroid版『SUPER MARIO RUN(スーパーマリオ ラン)』の配信を開始したと発表していました。


ネジが見えない設計のPlayStation 4 最速分解動画公開 HDDはネジ1本で交換可

WIREDで、PlayStation 4の分解動画が初公開されていました。

多種に渡るデジタルデバイスの最速分解バラシで有名なiFixitよりも早く、発売前のPlayStation 4をバラしたのはSCEの、しかも設計を担当されているエンジニアリングディレクター鳳康宏氏だというから驚きです。

続きを読む


Reset Glitch Hack v1.1

Xbox-sceneで、GliGli氏がJTAG Hack対策されている現行のSlimモデル含む全Xbox 360(ただしXenonを除く)で非署名コードを実行することができるReset Glitch Hack v1.1をリリースしたことを伝えていました。

続きを読む


ゲーム最新情報 2011年9月24日のニュース

●GameGazフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPで時間測定(ストップウォッチ)機能を追加するプラグインPSP Stopwatch Ver.1.4をリリースしていました。

Ver1.4:
表示場所の設定をiniファイルへ追加
ゲーム時の使用におけるキーマスク有無の設定をiniファイルへ追加
*デフォルト起動キーを「START」から「HOME(PS)」へ変更(ライブラリーの不具合の為)
*「font」フォルダ内にある、「cg.bin」を既存のもとの置き換えると、「7セグ表示」に変更される
 (ただし、置き換えるとcmlibmenuを使用するすべてのHomebrewに影響がある)

●SnyFbSx氏がPSPのセーブデータ操作をホットキー(SCREENボタン)を押すことで可能になるようプラグイン形式にしたSaveDataMgr beta ver.0.7をリリースしていました。

βv0.7
・起動キーを複数ボタン設定できるように変更
※スクリーンボタンが起動キーに含まれているときは、輝度が変更されません

●PC Tool Oneで、LIGHT氏がPSPでタイマーや現在時刻を表示するプラグインCount Up Timer Version 1.20をリリースしていました。

更新内容
・スペルミスを修正。
・TimeをCount Up Timerと表記するようにした。
・画面上部にドットが打たれるバグを修正。
・カウント ダウン タイマー機能を追加。

●PS3Haxで、『ICOとワンダと巨像』が3.55/3.41のCFWでパッチすればプレイ可能だと伝えていました。要求ファームウェアの制御が甘いのかな?

●WiiBrewで、Benjamin氏がWiiのシステム情報を画面に表示してくれるユーティリティuname v0.3をリリースしたことを伝えていました。インストールタイトル数やCPU、GPU、Flashメモリーとメインメモリーの情報を追加したことが変更点です。

●PS3Crunchで、PS3のNANDやNORフラッシュメモリーを読み出し/書き込みができるProgSkeetにSOLDERLESS KITS(ハンダ付け不要取り付けキット)が登場することを伝えていました。ProgSkeetはSOLDERLESS KITSにより取り付けが簡単になり、また新たに大容量NAND搭載によるデュアルブートなども実現できるそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=zrhh8XhEKiM

●ツイッターで、wn氏がXMBへ戻らなくてもGAME/POPSを直接起動させることができるプラグインQuickBoot test8をリリースしていました。

    test8
    [!] スレッドのサスペンド/レジューム方法変更
    [!] メモリー使用量削減
    [!] ノーマルドライバー使用時loadexec 改善

●redsquirrel87氏が、PS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeの非公式ビルド版Showtime Repack v3.3.045をリリースしていました。同じ動画を再度再生した時に同じところから再生できるようにするレジューム機能追加などが変更点です。

●PS3Crunchで、Xbox 360をハックするためのReset Glitch Hack用チップGlitchModを紹介していました。Slimモデルでハンダ付け7ヶ所、Fatモデルで6ヶ所だそうです。

●PS3Crunchで、Xbox 360の光学ドライブエミュレーターWasabi360のサンプル版を入手したことを伝えていました。各所でレビューが掲載され、発売も近いと思われます。

●PS3Crunchで、SQUIRT360 TEAMがActelチップをベースにしたReset Glitch Hackのためのデバイス
Squirt360を来週ベータテスターやレビュー用に主要フォーラムサイト宛に発送するとメールで連絡してきたことを伝えていました。

●GBAtempで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader2 b34をリリースしていました。