SD2Vitaの基板プリントデザイン Gadorach氏が公開





ツイッターで、Gadorach氏がVitaのゲームカードスロットに差して使用するmicroSDアダプターSD2Vitaの基板プリントデザインを公開していました。


VitaシーンではVitaのゲームカードスロットに差して使用するmicroSDアダプターを製品名「SD2Vita」として販売する動きがありますが、当然のことながら同時に自作しようという動きも出てきています。

そんな中、Gadorach氏は自分で自作を試みようとしていたSD2Vita基板デザインを公開しました。


みんな自分でSD2VITA基板を製作しようしているので、ちょっと修正した自分のバージョンを公開。自己責任でどうぞ。

公開されたのはプリント基板用のファイルフォーマット(.gbr)で、ガーバーフォーマットと呼ばれるものです。ほぼ業界標準と言われているフォーマットですので、機材を持つ詳しい方であれば基板の自作も可能だと思います。

Tags: ,

  1. ゆずむし’s avatar

    これ買ったとしてもやっぱりhenkaku環境必須なのかな?

  2. とり’s avatar

    サイバーガジェットとか上海問屋辺りがこれ使って売り出しそうで困る…

  3. 079412’s avatar

    スロットに差し?

  4. Yuuki-vita’s avatar

    パッチあてないと無理そうだし
    HENkaku環境は必須でしょうね…

  5. ゆずむし’s avatar

    Twitterで伺ったところやはりドライバを使うためhenkaku必須とのことです。

  6. mamosuke’s avatar

    motoharu氏が解析した結果、VitaのSceSdifドライバーの改変でゲームカードスロットをSDカードスロットとして使うことができることがわかりました。ノーマル状態ではそれができませんのでHENkakuは必須です。

    あと、
    >スロットに差し?

    刺すとか挿すの間違いではないかという意味かと思いますが、任天堂は昔からカードなどは「差す」と表現しているので、このブログでも以前からカードは「差す」ようにしています。あ、この場合刺すはないな。

  7. ココロン’s avatar

    3000円以内だったら買いだ!

  8. rika’s avatar

    NDSHOPで1,450円だけって

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です