Sky3DS+の新ファームウェアはV130 隠し玉はexFATサポート

Sky3DSチームが、ファームウェアップデートの仕組みを取り入れた第2世代Flashcart Sky3DS+ 新ファームウェアのデモ動画を公開していました。(きゃらまさん、みすたーさん情報ありがとね)

先日リリース予告されていたSky3DS+の新ファームウェアですが、早ければ今週末、遅くとも週明けには公開のはずがいまだ公開されていません。そろそろのはずだ、というタイミングで公開されたのはそのファームウェアのデモ動画でした。

動画ではアップデートの様子から撮影されています。ファームウェアのバイナリデータをmicroSDにコピーし、microUSBケーブルを差して(電源供給?)ファームウェアを書き換えると、11.3.0-36Jの日本版new3DS LLで今まで対策されて起動しなかった『ポケットモンスター ムーン』のバックアップが起動します。ゲームの更新も可能なようです。

Sky3DS+ のファームウェアのバージョンは V130。そして謎だったファームウェアの新機能は、microSDカードのexFAT対応でした。exFATにフォーマットし直したmicroSDカードでもポケットモンスター ムーン』のバックアップ起動ができています。

もしかしたらまだ隠し球があるのかもしれませんが、Sky3DSの新ファームウェアの新機能はexFATサポート、ということになります。V130にすることで1ファイル4GBまでという制限がなくなり、大容量のmicroSDに対応できるようになることがメリットとなります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


『Sky3DS+の新ファームウェアはV130 隠し玉はexFATサポート』へのコメント

  1. 名前:未来 投稿日:2017/02/13(月) 18:30:34 ID:b04a970ec 返信

    Sky3DS+ firmware V130リリースしました!
    http://sky3ds.com/download.html

  2. 名前:とぴー 投稿日:2017/02/13(月) 21:06:02 ID:5dfed9b68 返信

    ファームウェアダウンロードできるようになりましたよ