PlayStation 4のスペックシートが流出 発売は2013年?





Gameranxで、ソニーのPlayStation 4のものらしき開発者向けスペックシートが流出したことを伝えていました。

開発者向けの極秘資料のような表現の”For Developer Use Only”の文字と共に、”Project Codename ‘Orbis'”とあり、内容的には次期PlayStationであるかのような書き方がされており、発売時期についても2013年第四四半期と明記されています。

PS4_Spec_Sheet

スペックシートによると、PS4はメモリーが合計20GB(システムメモリー10GB+ビデオメモリー10GB)、3.2 GHzのCellプロセッサー搭載、歴代全PlayStation後方互換、Nvidia GPU搭載、3Dは1080p(2Dは2160p)出力対応、最新規格のXQDメモリーカードサポート、PlayStation Vitaメモリーカードもサポートと、今までの噂とは正反対の、現行PS3の機能拡張パワーアップ版のような内容となっています。

一方、VG247では独自の関係筋からこのスペックリストについて完全なデタラメとの情報を得ているようです。

仮に本物であるとするならば発売まで1年半を切っていることになりますので今年中に正式アナウンスされる可能性もあることになりますが、PS Vitaで既存のコンポーネントを活用する設計をしてきたことからPS4で再びほぼ専用プロセッサーになってしまうCellプロセッサーを使うのはちょっと考えにくいところではあります。

Tags: , ,

  1. me’s avatar

    仮にこのスペックだとしても初期のPS3をも軽く上回る価格になりそうですね
    現実的ではないでしょう、cellも含めて

  2. mamosuke’s avatar

    そうですね。今は「いいものなら高くても買う」という価値観はスマートフォンでのゲーム全盛の時代のゲーム機には当てはまらないので高額なゲーム機は出ないと思います。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です