さらばOtherOS 集団訴訟でユーザー敗訴





PS3Haxが、OtherOS集団訴訟でソニーの訴えが認められたことを伝えていました。要するにOtherOS機能削除は不当とした原告の訴えは退けられたことになります。

OtherOS集団訴訟とは、PS3にかつては存在したLinuxをインストールする機能(OtherOS機能)を、ソニーがファームウェアアップデートによりユーザーの意向を無視して一方的に削除したことは不当だとして原告を募りソニーを訴えていた訴訟です。

ソニーがOtherOS機能を削除したきっかけはGeohot氏のJailbreakであり、PS3でLinuxが起動できることでJailbreakされるのであればなくしてしまえばいいという、ユーザー見地からはちょっと乱暴とも言えるJailbreak対策だったため、ユーザーが反発しました。

一方、OtherOS機能削除がファームウェアアップデートにより行われたため、常に最新のファームウェアでないと接続できないソニーのインターネットサービス機能であるPSN(PlayStation Network)の必要条件と相入れないことから、ユーザーはファームウェアをアップデートせずPSNサービスを諦めてOtherOS機能を使い続けるか、ファームウェアをアップデートしてOtherOS機能を諦めPSNサービスを使うかの二者択一を迫られることになりました。

Linuxが動作するゲーム機だからこそPS3を購入したユーザーにとってはPSNサービスを受ける権利もLinuxを使う権利もあると考えるのは当然です。ソニーの行動に不満を抱いて集まった原告らは訴訟でそれを訴えていました。

ところが、裁判所が導いた結論は、原告の訴えを退けることでした。

原告の敗因は、原告が主張していた「PS3本体の保証期間中はOtherOS機能とPSN接続機能を利用する権利がある」ことを原告が証明できなかったからです。

ファームウェアをアップデートしなければOtherOS機能は使い続けることが可能であることに加え基本的な「ゲームをプレイできる」という本質的なPS3本体で実現する機能は失われておらず、更にPSN機能はユーザーが購入したPS3本体で実現する機能ではなく外部サービスだとされてしまったようです。

結局のところ、アップデートによりアクセスできなくなるPSNを本体の機能と主張したことが認められなかった形になります。

訴訟がこのあとどうなるかについては不明ですが、このまま上告しなければ司法がOtherOS削除を認めたことになるためユーザーはPS3標準機能としてのOtherOSを二度と手に入れることはできなくなります。

Tags: , ,

  1. 173210’s avatar

    Other OS残してJailbreakをさせないやり方はなかったのでしょうか。
    そのような努力はまったくしていないように思います。
    Other OSインストーラでインストールさせないでFWに組み込めば問題ない気がしますが。
    そうすればSELFを実行する必要がありません。それができなくてもPSNでソフトとして出したり、PS2のときみたいにディスクでインストールできるようにしてほしいですね。

  2. GPS’s avatar

    あれ?最新ファームじゃなきゃ最新のゲーム遊べないんじゃないの?

  3. mamosuke’s avatar

    当時はまだ何か具体的な話になる前にさっさとOtherOS切り捨てていましたから、そんな配慮はしてくれるはずありません。

    PS4ではUSBなどという汎用性の高いポートは存在せず、専用の通信ポートになったりして。

  4. mamosuke’s avatar

    それはその通りなのですが、書かれていなかったので弁護士が争点にしなかったのかもしれません。

    仮に争点にしたとしても、確かソニーの公式サイトでOtherOS使いたいなら3.15のままならOKよ的なことが書かれていたと思うので、ゲーム機として使えなくなるわけではないため同じ結論になるかもしれません。何しろアップデートはユーザーは強制的に同意させられますから。

  5. viyo’s avatar

    Other OS側の脆弱性からのハックですから、仮に対策が可能だったとしても、イタチごっこになる可能性が高いのでは。SCEはOther OS側(例えばLinux)の脆弱性に関してはコントロールが出来ないので、事後対応にならざるを得ません。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です