Wii一覧

ゲーム最新情報 2011年4月27日のニュース

●ツイッターで、Mathieulh氏がいままで誰もやらなかったであろうPS3のコントローラーSixaxisのファームウェアのダンプに成功したとつぶやいていたはずですが、つぶやきが削除されてしまっています。ダンプしたファームウェアをHEXエディタで開いたと思われるスクリーンショットもありましたがそれも削除されてしまっています。

Sixaxis Firmware dumped. (I got bored) http://twitpic.com/4pssyb

●MaxConsoleが、匿名の開発者筋から寄せられた情報としてPSNがXbox LIVE同様有料サービスに変わることを伝えていました。現在セキュリティ強化のために停止しているサービスが復活と同時に有料化になるとの話のようです。それで喜ぶユーザーは皆無と言っていい程の改悪なのでありえないとは思いますが、あくまでも噂レベルだと信じたいところです

●SKFU’s Blogで、SKFU氏がPSNダウンについて調べてみたところPSN環境でセキュアではないログを発見、脆弱性をスキャンするようなリクエストを送る214.1.211.251というIPアドレスを発見したことを伝えていました。このIPアドレスは米オハイオ州にあるDoD(Department of Defense:国防総省のインフォメーションネットワークセンター)に向けられているそうで、このIPがログに初めて記録されたのは2011年3月3日07:10:38だったそうです。ハッカーはこのIPをプロキシとして使った可能性があるそうです。

●Endless Paradigmで、codestation氏がPSPでPSNのダウンロードコンテンツ(EDATA/PGD/SPRX)を復号した状態で直接読み込むことができるnoDRMプラグインNPloader v0.6をリリースしたことを伝えていました。モジュールのブラックリストにPrometheus loaderを追加し、プラグインによるHook失敗を防止するようにしたことなどが変更点です。

●CVGで、その存在が明らかになってから遂に後継機が発表される寸前まで何の音沙汰もないWiiのバイタリティセンサーは実は現在も開発が続いていることを伝えていました。遅れている理由は80%の人には使えるがそれを99%にまで高めるのが困難を極めているからだそうです。

●ブルームバーグで、任天堂の岩田聡社長がWiiの後継機Project Cafeで家庭でのゲーム機の新しい提案をしたいと語ったことを伝えていました。今後普及が予想される3Dテレビへの対応についてはテレビがそれほど普及していないことを考えると軸にはしにくいと語り3Dを積極的に推進し市場を牽引するつもりがない姿勢を示しています。PS3でそれなりに3Dを推進するソニーにはテレビやレコーダーを売りたいという理由が存在しますが、任天堂にはそれがない(マイクロソフトにも)ということは、3Dに対する業界の本音が垣間見える気がします。

●ロイターで、任天堂の岩田聡社長がアナリストや株主に向けた会見の中でWiiで外部の会社と提携しなかったことを後悔していると語ったことを伝えていました。もし提携していればWiiの運命は変わっていたとした上で、自分達を過信すべきではなかったとも語っており、まるでWiiが敗北したかのようなコメントですね。


ゲーム最新情報 2011年4月25日のニュース

●/talkフォーラムで、SnyFbSx氏がPSPの電源関連の管理をするプラグインPSP Power Controller Ver4.0をリリースしていました。私が把握している範囲で初の日本からのエントリーです。

●JailbreakSceneで、Robo Hobo氏がPS3用MS-DOSエミュレーターDosbox 0.74 PS3 r1をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能、バックアップマネージャー機能をも統合したマルチ管理ツールMultiMAN v1.17.02をリリースしていました。インターフェースの改良、System MenuにXMB VIDEOファイルのリンクをShowtimeのオプションとして追加、System MenuにShowtimeを起動するオプションを追加、PNGフォーマットのカバーのサポート、REBUGのサポートなどが変更点です。

●Nintendo Everythingで、任天堂のプラットフォーム開発者やパブリッシャー向けのサイトWarioWorldに“cafe”という名称のディレクトリが存在したことを伝えていました。WarioWorldには”wii”、”nitro”、”ctr”といった実在したコードネームなどのみが実在しており、適当な名称を入れると404が出るそうです。Wii後継機のコードネームは”Project Cafe”と言われていますが、それを裏付ける情報と言えそうです。

●任天堂が、プレスリリースでWiiの後継機となる新しいゲーム機を2012年に発売することにしたと発表していました。6月7日からロサンゼルスで開催されるE3で「体験いただける状態で出展し、その際に具体的な仕様について公表」するそうです。(999さん、DENさん情報ありがとね)

●PS3insideで、ソニーが再構築に時間がかかるとしているPSNについてダウンロードコンテンツを新マスターキーで署名し直し、システムを再構築していると伝えていました。PSNが復活すると、以前ダウンロードしたコンテンツは再度ダウンロードし直しになるとしています。直すだけでそんなに時間かかるものかと不思議に思っていましたが、そんなことまでしているのなら納得です。時間がかかることに対してですが。


ゲーム最新情報 2011年4月18日のニュース

●PSP-Hacksで、Total_Noob氏がPSPのHomebrew Enabler最新版となる6.20TN-Eをリリースしたことを伝えていました。【翻訳記事
httpv://www.youtube.com/watch?v=_ABT4c3yP-Q

●PSPKingで、EmInK123氏が6.20 HENをベースにISO起動やPSOne起動などに対応させるオープンソースHomebrew Enabler6.20 EMK-Aを開発中であると伝えていました。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのGameboot画面をスキップするためのプラグインgameboot skip plugin for 6.3Xをリリースしていました。PRO-B4にある同機能を6.38MEで実装するためにプラグイン化したそうです。

●PSPKingで、whatever氏がPSPのCFW機能を拡張するためのプラグインCustom Firmware Extender 6.XXをリリースしたことを伝えていました。

●PS3Crunchで、andoma氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtime v2.99.275をリリースしたことを伝えていました。UPnPデバイス利用時の改良など変更多数です。

●GBAtempで、marc_max氏がWiiのチャンネルローダーTriiForceの改良版Mighty Channels v11.0をリリースしていました。Waninkoko氏のcIOS rev21またはrev21 d2xが必要だそうです。コードを刷新して新GUIを採用したことなどが変更点です。

●Engadget 日本版で、Best BuyやToys R Us、Targetなど米国の大手小売店でWiiが169.99ドルに値下げされて販売されていることを伝えていました。値下げの噂やProject Cafeの情報と関係がありそうです。

●PSGrooveで、wborland0氏が、PSNにログインしなくてもPS3のゲームアップデートを入手することができるユーティリティPS3 Game List v1.5をリリースしたことを伝えていました。FTP context menuからPS3に保存されているゲーム情報読み込み機能追加やPS3に保存されているゲームのアップデータダウンロード機能追加、ダウンロードフォルダ設定追加、multiMANと同じフォルダ名構造にするオプション追加などが変更点です。

●4月16日にソニー製品ボイコット運動ををすると予告していたAnonymousですが、VGChartzで実際ソニーストアでマスクを被り座り込みをするべくソニーストアへ向かった参加者から「誰も座り込みボイコットしていなかった」との報告が複数あがっていることを伝えていました。生まれて初めてソニーストアへ足を踏み入れ、ボイコットどころかBRAVIAを買って帰ったメンバーなどナンダソレ的なボイコット運動だったようです。Anonymousはまた日にちを設定してボイコットを呼びかけるそうですが…

●3DSBrewで、crediar氏がニンテンドー3DS/DSのセーブデータをWi-Fi経由でバックアップするためのユーティリティDSaveManager v0.2をリリースしたことを伝えていました。ユーザーインターフェース改良や3DS FLASHからのセーブファイルサイズ検出機能改良などが変更点です。

●IGNで、Wiiの後継機Project Cafeコントローラーについての情報を掲載していました。

    ・6インチタッチパネルディスプレイはコントローラーシェルのセンターに配置
    ・タッチパネルがマルチタッチ対応かどうかは不明
    ・HD表示可能な6インチディスプレイの実際の解像度はHDではない
    ・720p対応のHDディスプレイでもコストが80ドルで、制御プロセッサも内蔵するとなると製造するコストだけでも25ドルになり、Wiiリモコンの6ドルよりはるかに高額
    ・コントローラーでゲーム画面やビデオがストリーミングで本体から受信できる可能性がある
    ・テレビを使わずコントローラー画面でプレイ可能なら2人以上の対戦ゲームがテレビを使わず(あるいは画面分割をせず)コントローラーだけで可能かもしれない

●PS3Crunchで、graf_chokolo氏のブログからコンテンツが消えているのはSCEEがgraf_chokolo氏に対し情報の削除を要求し、従わない場合は250,000ユーロ(日本円でおよそ30,000,000円)の罰金か6ヶ月の投獄を迫ったからだと伝えていました。SCEEはPS3のサービスモードに入ることも含めすべてのPS3に関すること(ソニー的定義でいうところの不正アクセス)を禁じたそうです。そのためgraf_chokolo氏は一旦すべてのコンテンツの削除に応じたようです。

●JailbreakSceneで、TTT_Dutch氏がPS3にRebug CFWをインストールしている場合にディベロッパー向けネットワークSP-INTではなく本来のオンラインプレイ用ネットワークに接続できるようにするLinux用ユーティリティーPS3 Server Mapper v2 for Linuxをリリースしたことを伝えていました。どのサーバーにリマッピングすればいいかの設定ファイルをGameList.txtとして追加したそうです。

● JailbreakSceneで、TeamSOSがPS3のEBOOT.BINファイルをGUI画面で選択しボタンを押すだけ程度の簡単な作業でパッチを施しチートを実現できるWindows用ユーティリティPS3 Cheat Enabler v1.2をリリースしたことを伝えていました。最後に出力した使ったoutput directoryを保存するよう変更した他バグ修正などが行われたようです。

●GUEUXフォーラムで、Pink Floyd氏がPS3のバックアップゲームをリネームするためのユーティリティPS3 Game Renamer v1.02 Betaをリリースしたことを伝えていました。ゲームのバックアップをローカルHDDまたはFTP経由でファイルスキャンしIDとゲーム名を検索、そのデータからアップデータが存在するかどうかも調べることができるようです。

●PS3-Addictで、Alegoria氏がAlegoria氏がPS3のPKGファイルを簡単に生成することができるユーティリティMagic PKG v1.0をリリースしたことを伝えていました。


ゲーム最新情報 2011年3月29日のニュース

●ツイッターで、neur0n氏が非対策基板PSP-2000用のカスタムファームウェアCFW 6.37 ME v7と6.35 Custom v18をリリースしていました。カスタマイズしたPSOneのDOCUMENT.DATサポート、NidResolver更新、VshMenuにPluginManager追加、RecoveryMenuから”Execute BOOT.BIN”項目削除が変更点です。

●/talkフォーラムで、codestation氏がPSPのゲームを止めることなく、ゲームごとにフォルダ分けしてBMPフォーマットでスクリーンショットを♪ボタンで撮ることができるプラグインPRXshot v0.1.3をリリースしたことを伝えていました。/PSP/SCREENSHOTフォルダを、それが存在しなかった場合に自動で作成するようにしたそうです。

●Eurogamerで、3DSで画面がブラックアウトしエラーメッセージが出る件(ゲーム最新情報 2011年3月27日のニュース参照)について、任天堂が問題が起こった場合は最新のシステムアップデートをダウンロードしインストールしてほしいとコメントしたことを伝えていました。任天堂は問題が発生していることを認識しているようで、システムアップデートでも問題が改善しない場合にはより詳しく調査を行う必要があるためカスタマーサービスセンターへ連絡をするよう呼びかけています。

●Siliconeraで、任天堂が取得した特許からWIiのバランスボードとWiiリモコン、ヌンチャクを使ってバイクなどをコントロールするモーターサイクル系ゲームを開発していることを伝えていました。

Balance Board Controlled Motorcycle Game For Wii

●exophaseで、Geohot氏がSCEAに訴えられた問題についてGeohot氏の弁護士がPS3の外箱にはあちこちにPS3はSony Japanの製品ですべての権利はSony Japanに属すると書かれており、カリフォルニアどころかSCEAだとはどこにも書いていないと反論していたことを伝えていました。一時は偽証が発覚して逃亡したのかとまでささやかれていたGeohot氏ですが、明らかに逃亡などではなく引き続きSCEAと司法の場で争う姿勢は崩していません。

●VGHQで、Geohot氏と同じくソニーに訴えられたため裁判費用をまかなうための寄付を募ったAlexander Egorenkov氏(graf_chokolo氏の本名)が裁判費用をまかなうだけの十分な寄付(少なく見積もっても28,000ドル以上)が集まったことを発表したことを伝えていました。日本円にして二百数十万円ですのでかなりの金額ではありますが、寄付だけで集まったという事実にびっくりです。

●WiiNewzで、Wiiの映像出力端子に繋ぐことで出力を最大1080pにまでアップコンバートしHDMIまたはDVI出力に対応する新製品HDMiKeyが発売されることを伝えていました。ファームウェアもアップデート可能、オプティカル/アナログオーディオ出力もあるためWiiのシステムアップも可能です。

hdmikey

●YouTubeで、WiiのMODチップWODEをゲームキューブで動作させることに成功した動画が投稿されていました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=pKGwzPU0Bs4

●GBAtempで、iSmartチームがニンテンドーDS用Flashcart iSmart premiumのカーネルiSmart Premium Kernel V1.05をリリースしたことを伝えていました。3DSサポートが追加されたファームウェアに対応したカーネルだそうです。

●Nintendomaxで、Wiiの『Tales of Symphonia: Dawn of the New World』でHackMii installerを起動できるexploitEri HaKawai v1がリリースされたことを伝えていました。Wiiシステムメニュー4.3対応でPAL版ですが、US版にも移植されるそうです。
移植されるかどうか不明ですが日本版はテイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士だそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=oAYooTzQIqU

●きまぐれblogで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool ver 1.971 OFWをリリースしていました。ネットワーク機能が利用できないものの公式ファームウェアで起動できるそうです。CFWでも起動しますがネットワーク機能は利用できないそうです。(なのさん情報ありがとね)

●JailbreakSceneで、Mathieulh氏がPS3の3.56以上のPUPファイル(CFWなど)を作る場合、ファイルの属性が変わったため各種IDを変更する必要があることをツイッターでつぶやいていたことを伝えていました。また、3.60のセキュリティについて、ソニーが厳重なセキュリティを施したのではなくlv0にすべてを隠せば安全だろう考えたための変更が行われたのだとした上で、lv0はbootloader keyがないと復号できないため仕組みが変更される前の3.56でexploitを探した方がいいとしています。
PSX-sceneでは、Mathieulh氏がツイッターでxShadow125氏にレスする形で3.60exploitのヒントとなるPS3内蔵データ入手方法を指南していたことも伝えていますが、読んでもさっぱり詳細が理解できません。


ゲーム最新情報 2011年2月6日のニュース

●wololo.netで、Total_Noob氏がPSX(PSOne)起動をサポートした6.20 TN-Dのプレビュー版の動画を公開していたことを伝えていました。PSP goでPSOneゲームが起動しています。Homeボタンでコントローラー設定なども行えるようです。Total_Noob氏曰く、

Here’s a proof of a PSX game running on 6.20 TN-D. There are also some new changes like VshMenu translation, flash0 protection bug fix and more. There’s no release date, so please don’t ask. Special thanks go to HacKmaN and Dr. Soup:)
6.20 TN-DでPSXゲーム起動の動画です。VSHMenuやflash0プロテクトやバグ修正もしています。リリース日は未定ですので聞かれても答えられません。HacKmaN氏とDr. Soup氏のご協力感謝します。

●GBAtempで、davebaol氏がWiiのカスタムIOSであるwaninkoko氏のcIOSX rev21のEHCIモジュール改良版cIOSX rev21 d2x v2をリリースしていました。d2xのビルドとインストール方法は以下です。
1. EHCI module d2x v2をダウンロードする
2. ModMii(v4.4.7以降)をダウンロードする
3. ModMiiをインストールする
4. EHCI module d2x v2をModMiiフォルダ内で展開し、rev21の古いモジュールに上書きする
注意: ModMiiが既にインストール済でd2x v1がダウンロード済の場合、COPY_TO_SD\WADにあるファイルのうち、ファイル名が”-v21d2x.wad”で終わる全てのファイルを削除する必要があります
5. ModMiiを起動する
6. “I Agree”を選択する
7. ダウンロードページの4ページ目を選ぶために”4” を選択する
8. ダウンロードキューに必要なcIOSX rev21d2x v2 wadを選ぶ(“249dx56″や”250dx57″など)
9. “D”を選択し、選んだファイルをダウンロードする
10. “Y”を選んでダウンロードを開始する
11. ModMiiがwadファイルに”invalid”のラベルをつけるので、再度ビルドする。EHCI モジュールが置き換わってMD5ハッ以下のエラーは無視しても大丈夫
Checking entries in COPY_TO_SD\Download_Log.md5
COPY_TO_SD\WAD\cIOS[]-v21d2x.wad: Invalid
Results: 1 files processed, 0 good files, 1 bad files.
# XFlak氏がModMiiをアップデートすればエラーは起こらなくなる
12. Wad Managerでwadファイルをインストールする
注意: ファイル名は違ってもきちんとrev21d2x-v2になっている
13. 終了

●WiiHacksで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss 0.1をリリースしたことを伝えていました。また、WiiPower氏がSwissで起動できるゲームを全ストレージ内を検索してゲームキューブモードで実行することができるWii Swiss Booter v0.2をリリースしたことも伝えています。

Swiss

●きまぐれblogで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool 1.963をリリースしていました。アイコン起動時に常にPrometheus ISO Loder v1で起動してしまっていた不具合を修正したそうです。

●Endless Paradigmで、flofrucht氏が6.20 TN-CをXMBのDigital Comics/SensMe アイコンから直接起動させることができる改良版署名付きHEN Signed 6.20 TN-C (HEN) MODをリリースしていました。実用性には?ですが、使っていないアイコンをHEN起動に使うと言う意味ではいい取り組みだとは思います。

●Google Codeで、hiroi01氏がPSPのXMBからseplugins内のvsh.txt/game.txt/pops.txtの設定を変更する事で使用するプラグインの有効/無効切り替えや追加・削除などができるユーティリティpprefs.prx ver. 1.093をリリースしていました。nidResolveをver. 1.092fix3での修正をやめてver. 1.092fix2に戻し、プラグインのスタック上にあったファイルブラウザのバッファを動的確保に変更したそうです。

●PSX-sceneで、PS3ハッキングに関するソニーの訴訟についてソニーが訴訟対象を広げ始めたことを伝えていました。裁判所への出頭命令が計画されている対象は各種インターネットサイト(PSX-SCENE、YouTube、Twitter、PayPal、Slashdotなど)で、更に被告として著名なPS3ハッカー(Cantero、Peter、Bushing、Segher、HermesEOL、kmeaw、Waninkoko、Graf_Chokolo、KaKaRoTo)の名前が挙がっているそうです。

●PSGrooveで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN v1.15.03をリリースしたことを伝えていました。コピー/バックアップ速度改善、コピー中の安定性改善、フォルダやゲームの削除を高速化などが変更点です。

●PS3haxで、graf_chokolo氏がGameOSと同じアクセス権(HDD/VFLASH/FLASHにアクセス可能)や機能(Dispatcher Manager/Update Manager/SYSCON Managerと通信可能)を持ったPS3 3.41でのLinux起動に成功したことを伝えていました。実際にLinuxが起動しているスクリーンショットが公開されています。

●Xbox-sceceで、happy_bunny氏がXbox 360でLinuxを読み込むためのXeLL(Xenon Linux Loader)を改良しHDMIのサポートを追加したことを伝えていました。ソースコードも近く公開するそうです。

●PSPKingで、ardi氏が6,20 TN(HEN)のXMBから直接ISOファイルを起動させることができるプラグインIso Loader Plugin BETAをリリースしていました。現時点ではICON0、ICON1、PIC0が表示できない問題があるそうです。


ゲーム最新情報 2011年2月5日のニュース

●ツイッターで、Mathieulh氏がPS3のシステムアップデート3.56について、旧型keyで起動するゲームリストである”ホワイトリスト”には全ゲームのselfファイルが、ブラックリストにはGeohot氏が使ったkeyが入っていたことを伝えていました。Geohot氏がソースコードに「ブラックリストに入れないでね」と書いて、こうなることが始めから分かっていた(ゲーム最新情報 2011年1月14日のニュース参照)ことが早々と実現していたことになります。

●PS3haxで、システムアップデート3.56からソニーがリモートでコードを実行できる機能を追加したとされる問題について、Mathieulh氏があくまでもソニーがリモートでコードを実行できるかもしれないヒントを見つけただけで、コード自体は存在しないと発言したことを伝えていました。また、ここ数年オンラインゲームのセキュリティについて研究しているGFI Security(マイクロソフトともパートナーシップ契約を結んでいる企業のようです)のChris Boyd氏も、リモートでコードが実行できる仕掛け自体は少なくとも2006年くらいからPS3に存在しており3.56で新たに採用と言う話ではないと主張しているそうです。悪意のある非署名コードをリモートで実行できてしまう可能性のほうが脅威で、仮にPSNのアカウント情報やクレジットカード情報を盗むようなHomebrewが存在した場合に、ユーザーがそれをダウンロードしたことによりに被害にあった場合、リモートでコードを実行できるような仕組みをPS3に用意したメーカー側が悪いのか、PS3を改造したユーザーが悪いのか微妙なところです。

●PS3MFWで、KaKaRoTo氏がPS3のMW2を普通にオンラインプレイしたいのでPS3のMW2をハッキングするをやめてほしいというメールに対しての回答を寄せたことを伝えていました。MW2のオンラインプレイがチートだらけで一般ユーザーがプレイできない状況はバカなガキの仕業か、きちんとプログラムを作らなかった開発者のせいであって自分ではないとしたうえで、何故自分がPS3のハッキングに取り組んでいて何故自分のしていることが間違ったことではないのかを説明していました。
・PS3の今の状況は、PCでいうとスカイプを使いたいのにマイクロソフトが認めていないからという理由で自分が購入したWindowsPCにインストールできないようになっていて、変わりにMSNメッセンジャーを使わされるのと同じ状況。
・自分がPS3を購入したのはLinuxをサポートしているから。それが突然削除された。ブルーレイで映画が見たくてPS3を買った人がある日突然「ブルーレイ再生機能を次のアップデートで削除します」と言われたらどう思うかを考えてほしい。
・Geohot氏が訴えられたが、彼が自分で買ったPS3なのに「ソニーの所有する保護されたコンピューターをハッキングした」つまり、PS3は「アナタのものではないから」という理由で訴えられた。自分で買ったPCにアクセスしたら誰もが訴えられる可能性があると言うことだ。
KaKaRoTo氏がツイッターで次のように述べています。非常に的確な表現だと思います。

Hackers, Crackers, Cheaters.. 3 words that mean completely different things, but people use them interchangeably…
ハッキングする奴、クラッキングする奴、チートする奴..全部別モノなんだけど、同じだと思われてるんだなぁ…

●PSGrooveで、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)の通知に従い、Geohot氏の裁判の結果となるPS3ハッキングツールの一時差し止めのためにgitHubからGitoriousに移したところ今度はソニーがGitoriousにDCMAの通知を適用しようとしたが、Gitoriousが今度はノルウェーの裁判所命令が無い限り要求には応じられないと逆にソニーに通知したことを伝えていました。

●GamesIndustryで、Geohot氏の弁護士Stewart Kellar氏がGeohot氏に対する一時差し止め請求の中止を求めていることを伝えていました。今後も戦う意思を示していることになります。SCEAは、ニュージャージー州に住むGeohot氏が裁判が行われたカリフォルニアで活動している証拠をまず示す必要があること、PlayStationは訴えているSCEAではなく日本のソニーという会社の製品であることなどを挙げて反論しています。

●PS3NEWSで、smokin氏がPS3のプレイ履歴を消去するためのユーティリティPSNinja v3をリリースしたことを伝えていました。履歴ファイルを読み出し専用にしたことなどが変更点です。

●PSGrooveで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールmultiMAN v1.15.02をリリースしたことを伝えていました。FTP通信の高速化と安定性が改善されたことなどが変更点です。

●PS3NEWSで、kmeaw氏がPS3のCFW 3.55でAsbestOS Installer v0とLV2 Patcher v9を利用しAsbestOSをインストールしてlv2patcher v9からLinuxカーネルを起動させることに成功したとしてビデオを公開していたことを伝えていました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=6TtgnQDl7pU

●PSGrooveで、Team DeLiGhTのHeden氏がPS3のELFファイルをビルドするためのユーティリティELF Builder v0.9 RC1をリリースしたことを伝えていました。現在はLinux版のみですが、WindowsのCygwin環境で動作するWindows版を近くリリースするそうです。

●PS3NEWSで、hffhff氏がPS3のXMBから直接アクセス可能なHomebrewローダー PS3 Homebrew Channel for XMB on CFWをリリースしていました。Homebrew ChannelというとWiiのグラフィカルなものを想像しますが、それに比べると現時点ではちょっと味気ないインターフェースです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=MOAzrYfymVI

●PS3-ITAで、Graf_Chokolo氏がPS3でフルアクセス可能なLinux起動に成功し、GameOSとのデュアルブートにも対応したことを伝えていました。

●ツイッターで、plum氏がPSPのメモリースティックやgoの内蔵メモリの特定フォルダにpmfファイルやrcoファイルを入れておくことでランダムに使用するpmf/rcoを変更することができるプラグインRamdomGameboot v0.2をリリースしていました。Gameboot.pmf再生時に表示されるPSPロゴの表示を消すようにしたことと、PSPの起動音を変更可能にしたことが変更点です。

●ツイッターで、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool 1.961iso_tool 1.962をリリースしていました。サーバー移転中のためツイッターでの公開となったようです。1.961ではアイコン作成時のファイル名制限処理を行う際、末尾が空白文字になる場合は空白を削除するよう修正、Prometheus patch時にUSRDIRの追加処理も行うように変更が行われたようです。また、1.962ではアイコン起動時にPrometheus ISO Loderのバージョン(V1/V2)を切替え出来るように変更(起動時にRトリガを押しておくことでV1で起動)したそうです。

●ツイッターで、hiroi01氏がPSPのXMBからseplugins内のvsh.txt/game.txt/pops.txtの設定を変更する事で使用するプラグインの有効/無効切り替えや追加・削除などができるユーティリティpprefs.prx ver. 1.092と修正版のpprefs.prx ver. 1.092fixをリリースしていました。文字やカーソルの不具合の修正、ファイルブラウザで256個までのファイル/フォルダを閲覧できるよう修正、goでM2が入っていない場合ブラックアウトする問題を修正などが変更点です。pprefs.prx ver. 1.092fixは♪○×△□など2byte文字のボタン表記が文字化けしていた問題を修正したそうです。また、このバージョンは5.00~6.35で動作するとのことです。

●GamesIndustryで、先日ソニーがイギリスのロンドン本社へ20人のイギリスの開発者を集めてNGP(PSP2)のプレゼンテーションが行われたことを伝えていました。情報筋からの話として以下の話を伝えていました、
・開発キットは後日日本から発送されるそうだが、その前に”発売予定のゲームのコンセプト説明文書を20ページ程度にまとめたもの”を提出する必要がある。
・イギリスでは既に大手ゲーム会社が発売1年前からNGP(PSP2)開発機を持っているが、今後出荷されるものはGPUが製品版となる。
・NGP(PSP2)にはWi-Fiモデルと3G+Wi-Fiモデルがあるとされているが、プレゼンテーションではWi-Fiモデルが2011年、3G+Wi-Fiモデルが”2011年の年末商戦期”となっていた。Wi-Fiモデルが先行発売?
・価格と発売日についての言及はなかったが、詳細を明らかにするのは”very soon”
・本体発売時に用意されるゲームは専用カード、PSN同時に発売される。
・NGP(PSP2)とPS3とのクロスプラットフォーム対応ゲームを開発者に求めている。
・PS3のゲームがNGP(PSP2)へ移植はできるが、ソニーは単に移植しただけの同じものにはしたくないと考えている。
・3軸ジャイロを搭載している。
・背面タッチパッドはインパクトがある。
・最初の年はハードコアゲーマーをターゲットに2年目はハードコアユーザーと10代の若者をターゲットにする。
・「バーチャルギフト」といったサービスや、「スキンやアバター」といったサービスなど、ソーシャルネットワークだけでなく身近な友人とも楽しめる方法を提案する。
・開発者に優しい設計の開発キットで、使い方も簡単。PS3はセットアップに3時間かかるがNGP(PSP2)は20分以下。複数のNGP(PSP2)のファームウェアを同時にアップデートすることもできる。

●VG247で、米国の調査会社EEDAR(Electronic Entertainment Design and Research)ソニーのNGP(PSP2)について価格は299ドルから349ドル(399ドルを超えることは無い)で、サードパーティーの支持が得られればPSPの実績を抜くだろうとしてヒットするとの予測を示したことを伝えていました。EEDARによると、3Gモデルは欧州やアジアで成功するだろうと考えているようです。SCEワールドワイド・スタジオ社長 吉田修平氏はNGP(PSP2)の価格について「599ドルまでは行かない」と発言したそうですが、SCEEのCEO Andrew House氏はハードとソフトをあわせて利益を生むようにしたいと発言したそうで、ハード赤字、ソフトとあわせて黒字化を考えていそうな雰囲気です。

●THINQで、カプコンがFinal Fight: Double Impact』を以前リリースした時に”起動毎にPSNへ接続する必要がある”という違法コピー対策を施したものの、それを購入者に告知することを省略してしまったため苦情が殺到した前例を反省し 『Bionic Commando Rearmed 2』ではPSNの接続を解除するとゲームができないことをきちんと明記したことを伝えていました。

●GBAtempで、ニンテンドーDSi/DS用FlashCartのCycloDS iEvolution/CycloDS EvolutionのファームウェアCycloDS i/Evolution Firmware 2.1をリリースしたことを伝えていました。GUIスクリーンキャプチャ機能を追加したことが変更点です。iEVOのみの変更点として、公式サイトからダウンロードしたMoonshell v2.10のみですがDSiモード対応になったそうです。

●GBAtempで、ニンテンドーDSi/DS用FlashCartのCycloDS iEvolutionの説明書となるiEvo User Manual v2.1が公開されたことを伝えていました。

●GBAtempで、ニンテンドーDSの2画面を使い、上画面と下画面を左画面、右画面として双方に表示させた画像を見て結像させることで3D表示を実現するユーティリティ2DS+ v1.0をリリースしたことを伝えていました。右目で左画面、左目で右画面を見ると書いてありますが、要は2つの画像を1つの画像になるように見れば良いようです。DSならではの使い方です。

●exophaseで、ニンテンドーオブアメリカの社長 Reggie Fils-Aime氏が消費者の視点から率直に言うと安価な使い捨てゲームはゲーム業界が今直面している最も高いリスクだと発言していたことを伝えていました。直接口にはしていませんが、App Storeで販売されているiPhone/iPodの安価なゲームのことを非難しているようです。昔からPCにはフリーのゲームは存在していたわけで、ニンテンドーのシェアがAppleに浸食されて破綻することはあってもAppleが安価なゲームを販売したからと言ってゲーム業界が破綻するとはとても思えません。

●DacoTaco.comで、DacoTaco氏がWiiの起動プロセスやメモリへパッチすることができるユーティリティPriiloader 0.7 Beta 1をリリースしたことを伝えていました。各種バグを修正したそうです。

●Xbox-sxeneで、Team Maximusが製作するXbox 360 SlimのLiteOnドライブをはじめとしたXbox 360用ドライブやPCのSATA DVDドライブ(Samsung/Hitachi/Benq/Liteon)のドライブファームウェアの読み書きやロック解除、ファームウェアの書き換えなどをドライブに直接接続することで実現する画期的な製品Maximus 360Lizardについて来週始めの出荷に向けて現在初期ファームのセッティング中で、Xbox 360 FAT用のLite-Onドライブ向けの簡単ソルーション(ピンカット無し、ハンダ付けなし)となっていることを伝えていました。

360Lizard