Wiimms ISO Tools一覧

GameGaz Daily 2017.12.5

●GitHubで、theheroGAC氏がYouTubeで動画を見るためのアプリケーションTubeVita v1.02をリリースしていました。

●GBATempで、CelesteBlue氏がハック可能な3.60 Vitaでの各種アクティベーションやPSN接続などを可能にするというReNpDrmのリリースが予告されたことを伝えていました。CelesteBlue氏はReNpDrmリリースまでのカウントダウンサイトを公開しています。(カルメンさん、Yuuki-vitaさん情報ありがとね)

●PSX-Placeで、Orion氏がIris ManagerベースとなるPS3のバックアップマネージャーGamesonic Manager v3.95をリリースしたことを伝えていました。CFW 4.82サポートの追加などが変更点です。PS3の温度に応じてファンの速度を管理してくれるユーティリティControl Fan Utilityの非公式版Control Fan Utility Unofficialも合わせてリリースされています。

●PSX-Placeで、ErMaK86氏がPS3のCFWで本体のシステム設定やネットワーク設定を保護したりシステムアップデートをしないようにしたりなど各種設定をロックすることができるユーティリティXMBLock v2.05をリリースしたことを伝えていました。4.82 CFWのサポートが変更点です。

●Team Rebugが、PS3 4.82ファームウェアをベースにしたカスタムファームウェアRebug 4.82.1をリリースしていました。PS3/PS2/PS1/PSPのISOをサポートするためのCobra 7.54へのアップデートの他、PS3のシステム情報表示やNORMAL/REBUGシステムモード切替、LV1パッチ選択、QA flagの有効化などを行うことができるユーティリティREBUG Toolbox 2.02.15も公開しています。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.2.0をリリースしていました。クイックスタート機能の追加などが変更点です。

●Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v3.01a r7464をリリースしていました。新たなコマンドオプション追加が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●Wiimm氏が、マリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.56a r7461をリリースしていました。新たなコマンドオプション追加が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.8.15

●GitHubで、Yoti氏がPSP goで偽装ペアリングをすることができるユーティリティPSPgo Fake-Pair Tool v0.4をリリースしていました。動画ではFakeShock 3なるコントローラーとペアリングしたことになっていますが詳しい記述がないので用途がよくわかりません。

●ツイッターで、rereprep氏がPS Vitaのホームボタンの青色LEDを消灯することができるtaiHENプラグインNoLed v1.2を数日以内にリリースすると発表していました。

●Maxconsoleで、SvenGDK氏が無改造PS3のバックアップHDDにPS3のバックアップゲームを導入することができるWindows向けユーティリティPS3 Convert and Inject v1.0をリリースしたことを伝えていました。現在はPS3 Convert and Inject v1.1がリリースされています。

●wololo.netで、Miralatijera氏とDraqen氏がオフラインでVitaを機器認証することができるユーティリティMLTActivator 1.0をリリースしたことを伝えていました。wololo氏が情報源としているスペイン語サイトのdaxhordes.orgによるとMLTactivatorFIX2が最新版のようですので少なくともMLTActivator 1.0として最初にリリースされてから2回は修正版が公開されているようです。機器認証ができるためHenkaku環境の3.60 VitaでAdrenalineが利用できるようになります。

●Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v3.00a r7387をリリースしていました。ライブラリdcLibの改良などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.0をリリースしていました。ソースコード自体にドキュメントを埋め込んでおいたことやバグ修正が変更点です。Mac/Linux版の変更はありません。

●GitHubで、TiniVi氏がニンテンドー3DSのARM9 exploit safehax r27をリリースしていました。FIRMペイロードサポートの廃止が変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.8.0をリリースしていました。Homebrewサポートの改良などが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r422をリリースしていました。チートファイル検出の不具合修正などが変更点です。


ゲーム最新情報 2015年2月16日のニュース

●Brewologyで、Andreas Öman氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeのテストビルド版Showtime v4.9.150をリリースしたことを伝えていました。

●Wii-infoで、dimok氏やgiantpune氏らがWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v3.0 rev 1241をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOSのパーティション検出の変更などが行われました。

●Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.31a r6005をリリースしたことを伝えていました。一部のテキストの修正やデータベースの更新などが変更点です。

●Wii-Infoで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.37a r6010をリリースしたことを伝えていました。カラーマネージメントの一新などが変更点です。

●Only for your Eyesで、PS2Reality Teamのbigboss氏がPlayStation 4のカメラである「PlayStation Camera」をリバースした結果を公表していました。PCでも使えるようにすべく2013年から解析を始めていたそうです。


ゲーム最新情報 2014年12月29日のニュース

●Wii-Infoで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.30a r5771をリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが変更点です。

●Wii-Infoで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.36b r5690をリリースしたことを伝えていました。新たなコマンドオプション追加やバグ修正などが変更点です。


ゲーム最新情報 2014年7月20日のニュース

●Wii-Infoで、dimok氏やgiantpune氏らがWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v3.0 rev 1229をリリースしたことを伝えていました。DIOS MIOS (Lite)のv2.11への対応やHomebrewでのAddBootArgument()関数対応などが変更点です。

●Wii-Infoで、Desairem氏が、内蔵/外付けHDDに保存されているWiiとゲームキューブのバックアップゲームのリスト管理や、wbfs/ .iso/ .wdf/ .ciso/ .wiaといったファイルの相互変換やカバー画像ダウンロードなどを行うことなどができるMacOS X向けユーティリティWitgui 2.1.3をリリースしたことを伝えていました。アイコンサイズのカスタマイズのサポートやバグ修正などが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.29a r5186をリリースしていました。カスタムサーバーとの通信をサポートするためのコマンドラインオプション追加などが変更点です。

●Wii-Infoで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.35c r5394をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●Wii-Infoで、oggzee氏がWaninkoko氏のSD/USB LoaderなどをベースにしたWiiのUSBローダーConfigurable USB Loader v70 mod r75をリリースしたことを伝えていました。今まで必要なのになかったNintendontConfig.hを追加してコンパイルしたことが変更点です。


ゲーム最新情報 2014年3月2日のニュース

●Team CobraがCobra ODE基板のファームウェアアップデートCobra ODE MCU v2.0をリリースしていました。光学ドライブエミュレータ対策を施されたOFW4.55に対応したものですが、積極的にユーザーに4.55へのアップデートを勧める意図は含まれておらず、4.55へアップデートしてしまったりストアにアクセスしたいから最新のファームウェアにする必要があるというユーザー向け、必要がなければ4.53に留めておいて欲しいとTeam Cobraは発表しています。4kモデルでのオートイジェクト機能追加やXMB対応パススルーモード、エジェクト時のディレイ設定追加、AES暗号モジュールのパフォーマンス改良、Cobra ODE Manager v1.6によるディスクダンプ機能追加などが変更点です。(albeartさん情報ありがとね)

●Andreas Öman氏が、PS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeの公式テストビルド版Showtime v4.5.197をリリースしていました。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.28a r4980をリリースしていました。WDF(Wii Disc File) v2のサポートなどが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.33a r4983をリリースしたことを伝えていました。パッチログの多色化などが変更点です。