WiiFlow Mod

You are currently browsing articles tagged WiiFlow Mod.

ゲーム最新情報 2012年5月7日のニュース




●PS3Haxで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v1.2をリリースしていました。SCE infoの追加や復号されたcore_osのダンプをするオプション追加が変更点です。

●PSX-sceneで、Andreas Öman氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtime 3.6.4をリリースしたことを伝えていました。言語関連の修正がメインのようです。

●Google codeで、davebaol氏がWiiのカスタムIOSであるwaninkoko氏のcIOSX rev21のEHCIモジュール改良版d2x cIOS v9 beta r49 をリリースしていました。Linuxでビルドできるようmaked2x.sh追加、ciosmaps.xmlでのベースios 60/70/80のコンテンツID修正などが変更点です。

●Google Codeで、FIX94氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーのMOD版Wiiflow Mod r315をリリースしていました。WIIリモコンの振動機能のiniファイルでの制御機能追加などが変更点です。

Tags: , , ,

●PSX-sceneで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v1.1Bをリリースしていました。Dev_flash/Dev_flash3ダンプ機能を追加や高速化が変更点です。

●PlaystationLifestyleで、ソニーが北米ユーザー向けにPlayStation VitaのSkypeの60分のSkypeクレジットを無料でプレゼントすると発表したことを伝えていました。入手した60分はPS Vitaでのみ使用可能でPCなど他のデバイスでは使えないそうです。

●Wii-Homebrewで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO & WBFS Tools v2.05bをリリースしたことを伝えていました。バグ修正です。

●Google Codeで、FIX94氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーのMOD版Wiiflow Mod r280をリリースしていました。libext2fs v1.42やlibfat R4883へのアップデートやDML v1.2+のサポート追加、3TB HDD対応などが変更点です。

●Team Xecuterが、Reset Glitch Hack対策マザーボードCoronaに対しての取り組みを続け、遂にbootchainの復号とCPU keyの回収に成功したと発表していました。

●/talkフォーラムで、fLaSh氏がPSPの画面の明るさをボタン(デフォルトではL+Rと上/下キーで1ステップずつ、L+Rと左/右キーで10ステップずつ明るく/暗く)で簡単に変更することができるプラグインBrightness Control v.1.2をリリースしていました。明るさ数値表記がおかしかったことと、Lだけと上下キーなどでも動作してしまっていたバグを修正したそうです。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiのUSBローダーConfigurable USB Loader MOD版を日本語化したConfigurable USB Loader v70 MOD r30 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*DMLのバージョンの選択をシステム設定に追加
*システム設定が保存されない問題を修正

Tags: , , , , , ,

●Prometheus community forumsで、Coldbird氏がPRO-Cとして開発していたPSPのCFWで独自のオンライン機能を実装したCFW PRO Public Beta 0.05をリリースしていました。チャットシステムの変更や対応タイトル増加のためMatching Library Emulatorを実験的に追加したことが変更点です。

●ツイッターで、neur0n氏がPSOneタイトルをPSPのCFWでプレイするためのプラグインpopsloader_v4f_fixedをリリースしていました。6.xx PRO/ME CFW向けのpopsloader_v4fをMEで使用するとアナログに不具合があったものを修正したそうです。

●PSP Custom Firmwareで、Soywiz氏がWindows PC上でPSPのHomebrewやバックアップタイトルを起動することができるPSPエミュレーターSoywiz’s PSP Emulatorをリリースしたことを伝えていました。

●PSX-sceneで、deroad氏がPlayStation Vitaのpkgファイル表示やPUPファイルのアンパックをすることができるユーティリティVitaTools v1.04をリリースしたことを伝えていました。PS Vitaの署名付きフォーマット情報を表示するreadselfを追加したことが変更点です。

●PS3Crunchで、Team XMBM+がPS3のCFW REBUG ”Package Manager”をベースにしたオプションをXMBの”Install Package Files”オプションと置き換えることで多彩な機能を実現するXMB Manager Plus (XMBM+) v0.20をリリースしていました。File Managerで”/net_host/”ディレクトリのブラウズに対応したことなどが変更点です。
httpv://www.youtube.com/watch?v=sw7SuMSTRcw

●PS3-Hacksで、ブラジル人チームであるTeam VeniXのVenix GUI Downgraderを利用すると不良ファイルを生成するためそれを使ってダウングレードするとPS3がbrickするとPS3Dev Wikiで警告していたことを伝えていました。正常に動作するダンプファイルがないと復旧すらできないそうです。

●eN-t氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)を簡単にインストールできるようWADファイルに変換したりUSBバックアップマネージャーやゲームキューブをリッピングするためのCleanipなどのツールをダウンロードできるユーティリティDMLizard v1.4をリリースしたことを伝えていました。独自のDML.elfを利用できる機能の追加、MIOS.wadとBC.wad作成機能追加とDMLアンインストール機能などが変更点です。

●FIX94氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーのMOD版WiiFlow Mod r239をリリースしていました。デフォルトのクリック音の修正やゲームキューブバックアップ起動の修正などが行われたようです。

●PSX-sceneで、Andreas Öman氏がPS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeの公式自動ビルドのテスト版としてShowtime Testing Build 3.5.110をリリースしたことを伝えていました。音声再生の不具合を修正したそうです。

Tags: , , , , , , , , , ,

●WiiMC公式サイトで、Tantric氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMC v1.2.4をリリースしたことを伝えていました。
MPlayer r34805とffmpeg 8fbf825ecc32へ対応したことやバグ修正などが変更点です。
[追記]
カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiMC 1.2.4 日本語フォント(MigMix)付きセットをリリースしていました。

●Team MaximusがMaximus LizardでのSlim Key読み込みなどを高速化することができる最新アドオン製品Lizard Booster発売をアナウンスしていました。

●PSX-sceneで、PS Vitaでもテストが可能なPlayStation Suite SDKは4月にopen beta SDK 0.98がライセンス料無料で公開されると伝えていました。先日行われたゲーム開発者会議GDCの資料らしきものも公開されています。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーWiiFlow Mod r217 日本語版をリリースしていました。

主な更新内容 
*GCゲームの吸い出しが正しくできない問題を修正
*Wiiflow MODをWii上で更新する機能を使えるようにした
*DMLのディスクなし起動パッチをあてる設定を追加

●ツイッターで、plum氏がPSPの内蔵フォントを使用するBenHur氏のライブラリintraFontを利用したVSH MenuとなるSystemMenu ver 2.0をリリースしていました。

[Changelog ver 2.0]
- CFW PROに対応
- ISOVIDEOマウントのバグを修正?

対応CFWは
CFW 6.60ME
CFW 6.60/6.20PRO
となり、初めてCFW PROに対応しました。また、プラグインマネージャーでのキー操作が変更され、プラグインの有効/無効の入れ替えが十字キーの左右とL/Rトリガーで可能になった他、SELECTボタンでプラグインマネージャーを閉じてVSHMENUへ戻る、STARTボタンでプラグインマネージャーを閉じてXMBへ戻るという機能が追加されています。

Tags: , , , ,