WiiDownloader一覧

ゲーム最新情報 2013年1月16日のニュース

●PS3Haxで、LoOzersチームがPSNライセンスジェネレーターReActPSNでバックアップされるライセンス関連データが入っている.rapファイルをデータベース化し、コミュニティでの共有もできるWindows用ユーティリティPSN Stuff v1.1をリリースしたことを伝えていました。

●/dev/ram0で、deroad氏がPS3のHomebrewでPlayStation Moveを使うためのPSL1GHT V2向けライブラリlibmove 0.1をリリースしていました。

●Team Xecuterで、管理人のUbergeek氏がReset Glitch Hackとも違う新たなHomebrewのためのハッキング方法を発見したことを示唆していました。まだ未完成で、今後の開発に向けてRRoDの修理をしていないXbox 360 PHATのXenon基板の本体丸ごと提供してくれる人を募集しています。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションPS3 Media Serverを非公式の形で機能を追加して独自にビルドしたUniversal Media Server v2.2.5をリリースしていました。レンダリング時のトランスコーディングの不具合修正やビデオセッティングフォルダとサーバーセッティングフォルダの統合などが変更点です。

●日経電子版で、任天堂が据え置き型ゲーム機と携帯型ゲーム機とで別々だった開発組織を統合する組織変更を行い開発体制を見直すことを伝えていました。Wii Uと3DSの次世代の開発にその成果が現れそうですね。

●Homebrew-Connectionで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識しNANDを読み込みやCpuKeyの入手、Jtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティの次のバージョンAutoGG 0.8.7でLAN経由での読み書きに対応することを発表したと伝えていました。その機能はSwizzy氏のSimple NandflasherやTeam FSDのFreeStyleDashをベースにしているそうです。
httpv://www.youtube.com/watch?v=KXJ34Jgek2Q

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.4.4をリリースしていました。cIOSの作成が変わったことが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年1月14日のニュース

●PSP Custom Firmwareで、FouadtjuhMaster氏がPSPのオフラインファイルマネージャーFJM File Launcher 6.0をリリースしたことを伝えていました。バグ修正などが変更点です。

●Google Codeで、gave92氏がニンテンドーWiiのオープンソースウェブブラウザWiiBrowser R24をリリースしていました。R23と内容的には同じですが、起動時にクラッシュしないよう修正されたそうです。

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.4.3をリリースしていました。エディタモードでワーニングメッセージを追加したことやModMii.zipのダウンロードでMD5のハッシュチェックを追加したことが変更点です。

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN 04.18.01をリリースしていました。eboot.bin/self/sprxファイルの制御情報のスキャン方法を変えたことなどが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年1月8日のニュース

●PS3NEWSで、seeman氏がRogero 4.30 v2.03をベースにXMBへモディファイを施したカスタムファームウェアMcLow Mods v0.4をリリースしていました。McLowSlimModとMcLowPhatModがv0.04になりました。Rogero 4.30 v2.05 (v2.04/v2.03)に対応したことなどが変更点です。
httpv://www.youtube.com/watch?v=PFd8kpI-Qdg

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.4.2をリリースしていました。MACアドレスが書かれていない場合にチュートリアルでWilbrandが選ばれないようにしたことなどが変更点です。

●Homebrew Connectionで、Swizzy氏がニンテンドー3DS/DSi/Wiiの「保護者による使用制限」(ペアレンタルコントロール)で設定された制限を解除するためのマスターキーを発行することができるユーティリティNintendo Parental Toolをリリースしたことを伝えていました。ニンテンドー3DSに加え、ニンテンドーDSiとニンテンドーWiiのマスターキー生成機能を追加して3DS Parental Toolから改名したものになります。

●ファミ通.comで、任天堂が『ポケットモンスター』シリーズの最新作、ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター X・Y』を2013年10月に世界同時発売すると発表したことを伝えていました。本日放送(ただし録画放送)された”Pokemon Direct”のプレゼンテーションで岩田社長により明らかにされたもので、世界同時発売はシリーズ初になります。またキラータイトルが増えましたね。

●ファミ通.comで、エンターブレインがニンテンドー3DS(ニンテンドー3DS LL含む)の国内累計販売台数が、1000万台を突破したと発表したことを伝えていました。

●Elotroladoで、blaKCat氏が自動的にXbox 360のモデルを認識してNANDを読み込みやCpuKeyの入手、Jtag/rghイメージ生成が可能なユーティリティAutoGG 0.8.6をリリースしていました。データを自動で検出するCOM Monitorという機能を追加したそうです。


ゲーム最新情報 2013年1月4日のニュース

●PS3NEWSで、D3cH氏がPS3のDEXファームウェアでリアルタイムにメモリー内容を編集するためのチュートリアルを公開したことを伝えていました。

●fail0verflowチームがいままでブログでなにやら意味深なことを実は書いていましたが、どうも”誰も気が付かなかった”とのことで図解でヒントを提示しています。Wii Uに関することだと思いますが何が言いたいのかさっぱり分かりません。

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.4.0をリリースしていました。ダウンロードが上手く行かなかった場合の再ダウンロードは自動で行い、2回目以降ユーザーにどうするか尋ねるようにしたことなどが変更点です。

●WiiU-Homebrewで、setialpha氏がHW_AHBPROTを利用しIOSにパッチをするために必要な関数を提供する開発者向けライブラリlibruntimeiospatch v.1.3をリリースしたことを伝えていました。vWiiにも対応したようです。

●ModMii公式サイトで、XFlak氏が任天堂Wiiに必要な純正系ハック系のファイルを自動でダウンロードしSDカードに保存しておくことができるPCユーティリティModMii v6.2.4をリリースしていました。SysCheckのv2.1.0.b19へのアップデートなどが変更点です。

●WiiU-Homebrewで、damysteryman氏がWiiのIOSを簡単にインストールできるIOS36の改造版 IOS236 InstallerをWii UのWiiモードで利用できるようにしたIOS236 installer v7をリリースしたことを伝えていました。IOS36/38を使う必要がなくなったそうです。

●WiiU-Homebrewで、setialpha氏がWiiにあるファイルをNANDやSDカードへ読み出し/書き込みすることなどができるユーティリティFS ToolboxのMOD版をvWiiに対応させたFS Toolbox 0.4dをリリースしたことを伝えていました。

●WiiU-Homebrewで、setialpha氏がドイツ語にモディファイされたオープンソースWAD Manager YAWMM(Yet Antoher WAD Manager Mod) DE rev5eをリリースしたことを伝えていました。vWiiをサポートしましたが、Wiiでも利用できるそうです。

●Developで、E3までのカウントダウンがMajor Nelsonに掲載されていることからE3でマイクロソフトが次期Xboxを発表するカウントダウンではないかと伝えていました。

●ツイッターで、wn氏がXMBへ戻らなくてもGAME/POPSを直接起動させることができるプラグインQuickBoot 3.2をリリースしていました。

*3.2 (2013.01.04)
[+] アップデータの起動に対応した。
[+] Readme_jp.txtとChangelog_jp.txtを追加した。
[!] アニメーションを少し変更した。

●PS3Crunchで、Codename: REBUG TeamがPS3のカスタムファームウェアREBUG 4.30.1 STANDARD/REBUG 4.21.2 REX EDITION/REBUG 3.55.4 REX EDITION/’999′ DOWNGRADERをリリースしていました。

●Elotroladoで、nknave氏がJtag HackとReset Glitch Hackに対応したXbox 360のハッキングのためのツールを1つにまとめたWindows用オールインワンユーティリティ360 HackBox Lite v2.1 Build ( 300 )をリリースしていました。DashLaunch v3.06対応やDGX ECC追加などが変更点です。


ゲーム最新情報 2013年1月3日のニュース

●PS3Haxで、SvenGDK氏がPS3の各種パッケージをダウンロードや復号/署名などをすることができるWindows向けユーティリティPS PKG File Manager v1をリリースしていました。

●PS3NEWSで、seeman氏がRogero 4.30 v2.03をベースにXMBへモディファイを施したカスタムファームウェアMcLowSlimMod v0.3をリリースしていました。Package managerがXMBから起動できるようになったことなどが変更点です。

●/talkフォーラムで、wth(yosh)氏がVHBL用のyMenuをCEF 6.60 TN-Cに対応させたyMenu v1.0.6をリリースしていました。3文字ファイル名のバグ修正などが変更点です。(173210さん情報ありがとね)

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.3.9をリリースしていました。MD5チェック機能の変更などが行われたようです。

●TheSixthAxisで、Xbox 720用と思われるシリコンが完成段階を迎え、2013年にXbox 720は発売されそうだと伝えていました。


ゲーム最新情報 2013年1月1日のニュース

●GBATempで、Actar氏がWiiのHomebrewをその公式サイトから、wadファイルをNUS(任天堂のアップデートサーバー)から直接ダウンロードしてSDカードに保存することができるWindows用ユーティリティWiiDownloader 2.3.7をリリースしていました。ダウンロード時のタイムアウト警告までの時間を25秒に増加させたことが変更点です。

●Wii Infoで、Dolphin Teamが、Gamecube/WiiのエミュレータDolphin v3.5-122をリリースしたことを伝えていました。不要ファイルを検出して検索速度を改善したことなどが変更点です。

●Wii infoで、Hibernatus氏らWiiflowチームがカバーフローライクなWiiのオープンソースUSBローダーWiiflow 4.1 (rev436)をリリースしたことを伝えていました。vWii対応や直接cIOS読み込みの管理機能が追加されたことなどが変更点です。