VITABattery

You are currently browsing articles tagged VITABattery.

GameGaz Daily 2017.5.12




●GitHubで、riendlyanon氏がPS3のHomebrewなどをカスタムファームウェア上で起動する形式からData Transfer UtilityやTrueAncestor Backup Retailerを使い公式ファームウェア上で起動できる形式に変換することができるユーティリティCFW2OFW Helper v4をリリースしていました。不具合修正が変更点です。

●PSX-Placeで、Joel16氏がPS Vita向けのファイルマネージャーPSVShellをリリースしていました。現時点はまだ開発中バージョンとなっています。

●GitHubで、 joel16氏がPS Vitaで画面上にバッテリーの残容量をパーセンテージ表示することができるtaiHENプラグインVITABattery v1.4をリリースしていました。バッテリーのパーセンテージが3桁(100%)の時の表示がおかしい不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、erman1337氏がニンテンドー3DS向けのテーマ管理マネージャーThemely v1.2.1をリリースしていました。3DSXバージョンが動かなかった不具合の修正が変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.5.0をリリースしていました。Windowsバージョンを作り直したそうです。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v1.6をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Aurora Wright氏がニンテンドー3DS向けのカスタムファームウェアLuma3DS v7.0.5をリリースしていました。code.binバイナリとcode.ipsパッチをシステムモジュールやアプレットが読み込めるようにしたことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHID to VPAD v0.9jをリリースしていました。設定ファイルに対応したことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、44670氏が3DS専用のカスタムファームウェアNTR CFW 3.5と旧3DSでの拡張メモリをサポートした旧3DS向けカスタムファームウェアBootNTR 3.2をリリースしていました。11.4 サポートなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Nanquitas氏がBootNTRでバージョンを選択できるようにした改良版BootNTR Selector v.2.8をリリースしていました。NTRを3.5にアップデートしたことなどが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GBATempで、SuperrSonic氏がニンテンドーWiiのメディアプレーヤーユーティリティWiiMCの非公式版WiiMC-SSをリリースしていました。ADXオーディオ対応やゲームキューブコントローラーサポートなどが特徴です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●WiiDatabaseで、crediar氏、fix94氏らがニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v4.441をリリースしたことを伝えていました。マルチディスクでのディスクチェンジ時に仮想メモリーが破損していた不具合の修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●Destructoidで、任天堂が今年のE3プランを発表したことを伝えていました。現地時間の6月13日午前9時(日本時間6月14日午前1時)にプレゼンテーション「Nintendo Spotlight」(http://e3.nintendo.com/でのライブビューあり)を行うそうです。

Tags: , , , , , , , , , , , ,

●GitHubで、 joel16氏がPS Vitaで画面上にバッテリーの残容量をパーセンテージ表示することができるtaiHENプラグインVITABattery v1.3をリリースしていました。Adrenalineとの互換性に問題があった不具合の修正が変更点です。

●WiiDatabaseで、crediar氏、fix94氏らがニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v4.439をリリースしたことを伝えていました。『Dora the Explorer: Journey to the Purple Planet』に対応したことが変更点です。ポインタ使用前のNULLチェック追加(クラッシュ対策)などが変更点です。(通りすがりさん除法ありがとね)

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHIDtoVPAD v0.9iをリリースしていました。PCに接続したコントローラーにも対応することができるHID To VPAD Network Client v0.4もリリースされています。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Aurora Wright氏がニンテンドー3DS向けのカスタムファームウェアLuma3DS v7.0.3をリリースしていました。LayeredFSの互換性向上などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、erman1337氏がニンテンドー3DS向けのテーマ管理マネージャーThemely v1.1.0をリリースしていました。17以上のテーマがあるとクラッシュする不具合の修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●無料で入手できる『イラスト交換日記』(海外版は『Swapdoodle』)を利用しHomebrew Launcherを起動するセカンダリーexploit doodlebombがアップデートにより対策されました。対策されたさん情報ありがとね)


『Swapdoodle』(日本版は『イラスト交換日記』)がアップデートされたようだ。doodlebombを利用している方はアップデートしなようにしてください。


doodlebombで利用している脆弱性が対策されました。

●GBATempで、Xyphoseos氏が旧3DS/2DSの11.4でHomebrew Launcherを起動させるための非公式版ペイロードを公開していました。そのほかにもNullz9氏が北米版の11.4非公式ペイロードを公開していたりします。3DS Homebrew Launcher公式サイトではまだ旧3DSの11.4ペイロードはダウンロードできません。(luxeniumさん情報ありがとね)

Tags: , , , , ,

●任天堂がNintendo Direct 2017.4.13 プレゼンテーションを放送しました。今回は突然ニンテンドーダイレクトがリニューアルしたと宣言して始まり、Switch総合プロデューサーの小泉歓晃氏(この記事で私がプレゼンテーターとして「こ、この人は!」と注目した方です)のご登壇でしたが、小泉氏のキャラ押し演出ではありませんでした。残念。

●PSX-Placeで、kozarovv氏がPS VitaをUSBゲームコントローラーとして使用できるようにするユーティリティVitastick Alpha 0.3をリリースしていました。

●PSX-Placeで、kozarovv氏がPS VitaでSELECTボタンと十字キーの同時押しで画面上にバッテリーの残時間や残容量を表示することができるtaiHENプラグインVITABattery v1.1をリリースしていました。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がVita向けチートプラグインrinCheatをモジュール化し、複数のtaiHENプラグインとして開発予定であることを公表していました。あれもこれもできるrinCheatの機能を、例えばスクリーンショット機能だけのプラグインなどに分けるそうです。

●j0lama氏が、1.76 PS4でプロセスメモリの読み書きをするためのユーティリティPS4ME(Memory Editor)をリリースしていました。PS4METoolとWindowsライブラリのPS4ME.dllとペイロードが公開されています。

●Maxconsoleで、ReSwitchチームがNintendo Switchのゲームカード解析の途中経過を発表したことを伝えていました。プロトコルやクロック速度などの解析ができているようです。

Tags: , , ,