TemperPCE

You are currently browsing articles tagged TemperPCE.

GameGaz Daily 2017.7.17




●GitHubで、riendlyanon氏がPS3のHomebrewなどをカスタムファームウェア上で起動する形式からData Transfer UtilityやTrueAncestor Backup Retailerを使い公式ファームウェア上で起動できる形式に変換することができるユーティリティCFW2OFW Helper v8をリリースしていました。設定が追加されたことが変更点です。

●GBATempで、theheroGAC氏がHENkaku環境のVita向けの多機能シェルアプリVitashellの非公式版Vitashell 1.63 unofficialをリリースしていました。ビデオファイルのエクスポート機能の追加やSD2Vita(ゲームカードのmicroSDアダプター)のuma0:へのマウント機能などが特徴です。(Realさん情報ありがとね)

●GBATempで、bubble2k16氏がニンテンドー3DS向けPCエンジン/TurboGrafx-16エミュレータTemperPCE v1.00b(beta version)をリリースしていました。ベータ版だからなのかわかりませんがGitHubでは公開されていません。不具合修正が変更点です。

●StapleButter氏が、Windows/Linux向けのニンテンドーDSエミュレータmelonDS 0.4をリリースしていました。2D/3Dの不具合修正と改良などが変更点です。

●arc13氏が、CFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションの非公式アップデート版freeShop Release 3.1.3のソースコードをリリースしていました。システム全体の安定性向上などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.7.0SRLoader v1.7.1をリリースしていました、Reboot into RocketLauncher設定の追加や、RocketLauncher関連の修正などが変更点です。また、RocketLauncherで使うUS版のMario Kart DSとSuper Mario 64 DSのbinファイルが公開されていることを紹介しています。

Tags: , , , , ,

●GitHubで、SilicaAndPina氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版PSVimgtools-Frontend v0.5.2をリリースしていました。不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、MRGhidini氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版Psvimgtools Easy FrontEnd 1.5をリリースしていました。

●GBATempで、Toad King氏がSwichのシステムバージョン 3.0.0で追加されたNintendo Switch Proコントローラーの有線モードの解析に取り組んでおり、データトラフィックのダンプに成功したと報告していました。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii UエミュレータのPatron版Cemu 1.8.1bをリリースしていました。変更履歴見る限り不具合修正メインのようです。(LLKさん情報ありがとね)

●GitHubで、bubble2k16氏がニンテンドー3DS向けPCエンジン/TurboGrafx-16エミュレータTemperPCE for 3DS v0.91をリリースしていました。CD-ROMゲームのフレームレートの不具合の修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v5.4.2をリリースしていました。互換性チェック機能の追加などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.5.0をリリースしていました。カメラのLEDを読み込みのインジケーターとして使用するようにしたことや互換性チェック機能の追加などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 4.3.0をリリースしていました。マルチランゲージサポートなどが変更点です。(名無しさん情報ありがとね)

●GitHubで、FIX94氏がDSのROMファイルをWiiからダウンロードプレイを使ってDSへ送ることができるユーティリティWii DS ROM Sender v3.0をリリースしていました。LZO圧縮に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、3DSのSDカードにあるA9LHペイロードやファイルをアップデートすることができるユーティリティMultiUpdater v3.0をリリースしていました。7zの解凍のサポートなどが変更点です。

●GameInCanada氏がワイヤレスで3DSの画面をPCへストリーミングしたりファイルを送信したりすることができるkit-katを改良し、ゲームコントローラーでの3DS操作やマウスを使ってのタッチ操作などを実装したユーティリティkit-kat-touch v1.1.0をリリースしていました。ボタンでVitriteやJoy2Keyの起動に対応したことなどが変更点です。

Tags: , , , , , , , , ,

●GitHubで、bubble2k16氏がニンテンドー3DS向けPCエンジン/TurboGrafx-16エミュレータTemperPCE for 3DS v0.90をリリースしていました。GitHubでは配布だけをしていて、それ以外の情報が書かれれておりませんが、GBATempで詳細が公開されています。旧3DS/2DS向けとなっており、その理由は「new3DSで起動させていないから」とのこと。3DSの非力なパワーで60FPSにするために3D GPUハードウェアをフル稼働させているそうです。VirtuaNES for 3DSやSnes9x for 3DSと同じUIになっています。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、cheuble氏がゲームユーザーをターゲットに開発されたボイスチャットソフトウェアDiscordの3DS版クライアント3DiScord 1.1をリリースしていました。ダイレクトメッセージのサポートやタッチパネルの感度の改善などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GBATempで、maorninja氏が3DS/2DSでHomebrewを起動するsmea氏のHomebrew LauncherをベースにHomebrewのレイアウトをグリッド(格子)状に並べたり色や壁紙のカスタマイズに対応したGridlauncher 2.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。
GridLauncher

●Maxconsoleで、ScarletDreamz氏が公式ファームウェアのニンテンドーWiiを5分程度のごく短時間でハックできるようにするオールインワンユーティリティSetMiiUp! v4.0をリリースしたことを伝えていました。5分程度といってもインターネット回線速度やSDカードの速度に左右される部分はあります。
SetMiiUp

●Expressで、マイクロソフトが先週Xbox OneのXbox 360後方互換タイトルリストから『Poker Smash』というタイトルが削除されたことを伝えていました。これにより『Poker Smash』はXbox 360ではプレイできますがXbox Oneではプレイできなくなりました。今年の3月16日に後方互換タイトルとして追加されたばかりの『Poker Smash』をXbox Oneで購入していたユーザーには代わりに『Hexic 2』というタイトルが配布されるそうです。後方互換対応タイトルというものは順次増えていくものだと思っていましたが、マイクロソフトの考える後方互換というのはちょっと違うようです。

●任天堂が、「Nintendo Switch本体」品薄のお詫びとお知らせを公開していました。発売当初から国内市場全体で品薄状態が続いていることを認め毎週の出荷を継続、7月、8月は今月よりも出荷量を増やすとしています。

●GitHubで、ONEluaチームがHenkaku環境のVitaにeCFW ARK-2をインストールするためのユーティリティArkFast v2.20をリリースしていました。

Tags: , , , , ,