PSVita-RE-tools一覧

GameGaz Daily 2018.12.9

●GitHubで、CelesteBlue氏がVitaのシステムを解析したりモディファイするためのツール集PSVita-RE-tools (PSVita Reverse Engineering Tools) v1.0をリリースしていました。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.7.4をリリースしていました。基本的にはクラッシュするバグの修正です。NEWSの本文に、Androidでの不具合を修正した1.7.5のことが書かれており、Google Playでの配布されているバージョンは1.7.5になっていますので、Android版のみ1.7.5が最新バージョンとなっています。

●ツイッターで、Yifan Lu氏がプレイステーション クラシックのSoCブートロムのダンプに成功したようです。
Twitchで生配信しながらハックしていました。



ダンプ時に使用したスクリプトもdump_bootrom.binとして公開されています。

●PlayStationClassic DevWikiが公開され、プレイステーション クラシックで起動できるかどうかをリスト化したPS1 Classics Emulator Compatibility Listが公開されました。

●PSX-Placeで、Linuxを起動しているPS3でPS3専用カスタムGPUであるNVIDIA RSXでのハードウェアアクセラレーションに取り組んでいるRenéRebe氏が7つ目となる新しいビデオを公開したことを伝えていました。なぜか飛行機に乗りながら撮影しています。


GameGaz Daily 2018.3.9

●本日放送された「Nintendo Direct 2018.3.9」の中で、2018年中にNintendo Switch向けに『大乱闘スマッシュブラザーズ』が発売されることが発表されました。
Nintendo Direct 2018.3.9はこちら。エンディングで「もう一本映像をご用意している」と小泉氏に紹介されるというサプライズ扱いされています。

『大乱闘スマッシュブラザーズ』のみの映像はこちら。

●PSX-Placeで、PS3XploitではPS3 3000以降のモデルでHomebrewサポートはされないが内蔵エミュレータ(PS1/PS2/PSP)を利用しスーパーファミコンエミュレータを起動できることが確認されたと伝えていました。

●GitHubで、TheFloW氏がHENkakuのプラグインを単独で動作するようにするhenkaku plugins standaloneを公開していました。

●GitHubで、CelesteBlue氏がVitaのシステムを解析したりモディファイするためのツール集PSVita-RE-tools (PSVita Reverse Engineering Tools) release1をリリースしていました。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaで偽ライセンスを使ってDRM(デジタル著作権管理)を回避することができるHENkaku環境向けプラグインNoNpDrm v1.2をリリースしていました。3.65/3.67サポートが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.4.1をリリースしていました。フォルダを非表示にする機能を追加したことが変更点です。