PSM SDK

You are currently browsing articles tagged PSM SDK.

ゲーム最新情報 2014年8月20日のニュース




●PSX-Sceneで、joel16氏がPSPをAndroidのカスタムROMであるCyanogenMod風にするシェルアプリCyanogenMod PSP-C Alpha Build 2.1をリリースしたことを伝えていました。現在のディレクトリ表示やフォルダアイコン追加などが行われたファイルマネージャーの改良などが変更点です。

●PSM DevPortalで、ソニーが「このコンテンツはAndroid端末非対応です。」との誤った表示がされる不具合を修正したPSM SDK 1.21 Publishing Utility 不具合修正版をリリースしていました。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.7.28をアップデートしていました。以下のツールが更新されています。

    ・Estwald氏(Hermes氏)のオープンソースバックアップマネージャーのMOD版 IRISMAN 3.22

●Team Cobraが、PS3の光学ドライブエミュレータCobra ODEのファームウェアアップデートCobra ODE Firmware v2.2をリリースしていました。PS3の最新ファームウェアであるv4.60に対応し、4Kモデルだけでなく全モデルをサポートできるようになります。ただし、PS3 Super Slimと呼ばれる4Kモデル以外に関してはCobra DMC という別部品の購入が必要になります。Cobra DMCは今後のCobra ODEには同梱される予定です。その他USB読み込み速度の40%高速化や、ディスクスワップの成功率改善、PS1ゲームの自動リージョンパッチ機能追加も大きな変更点です。

Tags: , , , ,

●サイバーがジェットが、ニンテンドー3DSゲームのセーブデータをPCにバックアップすることができるCYBER セーブバンク(3DS用)を2014年06月08日から3,480円(税抜)発売すると発表していました。PCの対応OSはWindows XP/Vista/7/8で、専用の3DS用ゲームカードリーダー(USB接続)が付属しています。

●サイバーがジェットが、ニンテンドー3DS&PS3向けのセーブデータ編集ツールをセットにしたCYBER セーブエディター ダブルパック(3DS用&PS3用)を2014年06月04日から発売すると発表していました。価格はオープンプライスですが、7,000円台で購入できそうです。

●/talkフォーラムで、GBOT氏がVHBLやCEF(ARK/TN)向けのオリジナルメニュー138Menu L4をリリースしていました。エクスプローラー機能の追加やインストール/コピーなどのファイル操作時の進行状況表示画面の追加などが変更点です。

●/talkフォーラムで、Acid_Snake氏がPS VitaのePSP向けカスタムファームウェアCEF(eCFW)ARK2をリリースしていました。現時点でカーネルexploitが有効なのはPS Vitaの3.01までであり、新しいカーネルexploitは未公開のため、ARK-2がインストールできるVitaはファームウェアが3.01までとなります。

●ツイッターで、PlayStation Mobile Developer Program公式アカウントがUnity for PSMおよびPSM SDK 2.0を6月下旬にリリースすると発表していました。PSM SDK 2.0でもUnity for PSMと同様に背面タッチパッドが利用可能になるそうです。

●PS3NEWSで、primetime00氏がPS3のメモリーを操作してチートのためのコードサーチなどを行うことができるユーティリティCCCheat v1.01をリリースしたことを伝えていました。CCAPI 2.50をサポートしています。

Tags: , , , , , , ,

●NextGenUpdateフォーラムで、flynhigh09氏とICECOLDKILLAH氏がPS3のEbootをチートコードを適用してモディファイすることができるユーティリティEboot Hacker v1.1.0.0をリリースしたことを伝えていました。対応ゲーム追加と、ゲームの自動認識の仕組みの改良が変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.7.9をアップデートしていました。以下のツールが更新されています。

    ・XMBにマルチプラットフォームエミュレーターRetroArchのROMへのショートカットを作成するXMB Creator 1.3.5

●PSX-Sceneで、Sandroron氏がスマートフォン用ゲームとして中毒性があり過ぎて面白いと評判のゲーム『Flappy Bird』をHomebrewとしてPSPに移植したFlappy Bird PSP v2.0をリリースしたことを伝えていました。マルチプレーヤー機能への対応や、キャラクターと背景色変更への対応などが変更点です。

●PlayStation Developer Portalで、SCEがAndroid端末でPSOneコンテンツなどを楽しめるPlayStation Mobileの開発キットPlayStation Mobile SDK 2.0を今年の夏にリリースすると発表していました。

Tags: , , , , ,

●PlayStation Developer Forumsで、SCEがAndroid端末でPSOneコンテンツなどを楽しめるPlayStation Mobileの開発キットPlayStation Mobile SDK 1.21.02をリリースしたことを伝えていました。

・アプリケーション動作時の互換性の問題を修正しました。
・Twitterのサンプルの不具合を修正しました。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.7.4をアップデートしていました。以下のツールが更新されています。

・Estwald氏(Hermes氏)のオープンソースバックアップマネージャーのMOD版 IRISMAN 2.92-4 (mod)

Tags: , , ,

●PSX-sceneで、PsDev氏がPS3のファームウェアアップデータの展開やPKGファイルの復号をはじめ3.41/3.55向けのPKGファイルへの署名、SELFファイルのビルドといった様々なファイル操作を可能にしたWindows向けユーティリティPS3Tools GUI Edition v3.2をリリースしてことを伝えていました。3.60までのEBOOT.BINの復号や再暗号化への対応やバグ修正などが変更点です。

●PSX-sceneで、deroad氏がPS3のファイルの復号化や展開、パッケージ化などの ための各種ツールを集めたfail0verflowのPS3ToolsをPS Vita向けにアレンジしたVita Tools v1.06をリリースしていました。ゲームパッケージの展開に対応したことなどが変更点です。Vita Keysなるものも公開されたようですが、公開されたGITを見る限りPSPのkeyのようです。

●PlayStation Developer Forumsで、SCEがAndroid端末でPSOneコンテンツなどを楽しめるPlayStation Mobileの開発キットPlayStation Mobile SDK 0.99.10をリリースしていました。

PSM SDK 0.99.10で変更された内容は以下になります。

Services
InAppPurchaseDialog の複数のインスタンスを同時に作成できないようにしました。

UI Composer
「管理者として実行」からでしか起動できないという制限事項がなくなりました。

PSM Publishing Utility
レーティングチェックを未実施の時には Master Package を作成できないようにしました。
In-App Purchase の Product を一つも登録していない時に、Master Packageの生成に失敗する不具合を修正しました。
app.xml の再読み込み時に Managed Heap が 32MiB以下にクリップされてしまう不具合を修正しました。
Managed Heap の最小値を 5MiB に変更しました。
Parental Lock Level の仕様についての不具合を修正しました。

Tags: , , ,

●SCEが、Android端末でPSOneコンテンツなどを楽しめるPlayStation Mobileの開発キットPSM(PlayStation Mobile) SDK 0.99をリリースしていました。アプリ内課金機能のためのライブラリやコンテンツ保護のための署名・暗号化ライブラリ追加やバグ修正などが変更点です。

●SCEが、2012年7月19日(木)に発売するネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne(ナスネ)』の発売日にシステムソフトウェアアップデート バージョン1.50を提供すると発表 していました。発売日から早速画像、音楽などプライベートコンテンツのDLNAでの配信が可能になるそうです。

●Google Codeで、stfour氏がWiiのpriiloaderにあるオートブート機能を拡張し、任意のHomebrewを起動できるランチャーとしての機能によりあらかじめ設定したアプリケーションを起動できるようにすることでWiiのSystem ChannelやHomebrew Channelの代わりとして利用したりすることを可能にするユーティリティpostLoader 4 beta33をリリースしていました。wiiloadでほぼどんな容量のファイルでも転送できるよう調整したことなどwiiload関連の変更が中心です。

●GBATempで、tueidj氏がニンテンドーWiiでゲームキューブのバックアップISOを読み込んで起動させることができる開発中のバックアップローダーDevolution r93を初リリースしていました。ソースコードも公開されています。

●Wii-Homebrewで、eN-t氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)を簡単にインストールできるようWADファイルに変換したりUSBバックアップマネージャーやゲームキューブをリッピングするためのCleanipなどのツールをダウンロードできるユーティリティDMLizard v3.0をリリースしたことを伝えていました。速度(特に起動時)の改善やダウンロード機能の改良などが変更点です。

Tags: , , , , ,