ps4-exploit-host一覧

GameGaz Daily 2018.3.2

●/talkフォーラムで、Arkanite氏がVita向けマルチメディアプレーヤーVita Media Center v.0.01aをリリースしていました。
Vita Media Center1
Vita Media Center2

●PlayStation.Blogで、3月1日(木)から3月14日(水)までの期間限定で、PlayStation Storeにおいて『グランツーリスモSPORT』や『コール オブ デューティ ワールドウォーII』などのタイトルを最大最大65%OFFで購入できる「SIE スーパーセール」を開催すると発表していました。

●PlayStation.Blogで、PS Plusで提供している「フリープレイ」におけるPlayStation 3、PlayStation Vitaコンテンツの配信を、2019年3月8日(金)をもって終了すると発表していました。

●GitHubで、LightningMods氏がPCでDNS設定を行わなくてもPS4のアップデートをブロックできるようにする、HENとDebug設定とFTPも可能な4.55に対応したオールインワンペイロードPS4-4.55-Update-Blocker-FTPをリリースしていました。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.0.1をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、valentinbreiz氏が4.55のPS4でLinuxを読み込むことができるペイロードPS4 Linux Loaderをリリースしていました。

●GitHubで、xvortex氏がPS4 4.05向けのFTPサーバーペイロードFTPS4 1.2をリリースしていました。4.55に対応したことが変更点です。

●GBATempで、Rinnegatamante氏が『Hydra Castle Labyrinth』(迷宮城ハイドラ)をNintendo SwitchのHomebrew Launcher向けに移植したHCL-Switch v.1.0をリリースしていました。続々とSwitch向けにHomebrewが公開されていますね。
Hydra Castle Labyrinth

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v3.0.2をリリースしていました。SPIコマンドのチェック機能追加などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティNDS-Bootstrap v0.7.3をリリースしていました。DSiでのサウンドの不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.3.1

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.0RC1をリリースしていました。ウェブ版のHoly Grailを追加したことなどが変更点です。Holy Grailについては、まだ書けてませんが別記事として書いてます。なお、ps4-exploit-host v0.4.0RCが一旦リリースされ、その後ps4-exploit-host v0.4.0が公開され、なんらかの不具合があってps4-exploit-host v0.4.0RC1が出ていますので特にps4-exploit-host v0.4.0をお使いの場合はご注意ください。

●任天堂が、ニンテンドー3DS用サービス「すれちがい通信中継所」を2018年3月28日(水)午前10時をもって稼働を停止すると発表していました。3DS同士が直接通信するすれちがい通信の機能自体は今後も利用はできますが、ニンテンドー3DSステーションやニンテンドーゾーンで稼働させている中継機能は止めますよ、ということのようです。(cloverさん情報ありがとね)

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii UエミュレータのPatron版Cemu v1.11.5dをリリースしていました。オーディオサポートの改良やNVIDIA GPUのRAMの使い方の改善などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.22

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.2.0SRLoader v3.2.1 (Rev 00)SRLoader v3.2.1 (Rev 01)をリリースしていました。フェードイン/フェードアウトの効果を追加したこと(v3.2.0)やDSiメニューに音楽を追加(v3.2.1 (Rev 00))で、そこまでのバグを修正したのが最新版のSRLoader v3.2.1 (Rev 01)です。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 4.05 exploitを自分の環境で用意するためのPS4 Exploit Host v0.3.21をリリースしていました。exploit/ペイロードを更新したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.12

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 4.05 exploitを自分の環境で用意するためのPS4 Exploit Host v0.3.20をリリースしていました。メニューからASCIIキャラクターを減らしたり無くしたりしたしたことなどが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がPS Vitaのファイル転送でFTPとUSBを同時に使用できるようにするユーティリティCross-Connection 1.4をリリースしていました。adhoc接続も可能になったことなどが変更点です。

●PSXHAXで、stooge氏が同一ローカルネットワーク上のPS4に4.05 exploitを使ってペイロードをインストールするためのAndroidアプリPs4_Serveをリリースしていました。ペイロードは以下が用意されています。
・ps4-dumper v1.6
・ps4-ftp-vtx v1.1
・ps4-hen-vtx v1.2
Ps4_Serve

●WiiDatabaseで、ニンテンドーWiiでHomebrew Channelを起動するTwilight Hackが10周年を迎えたと伝えていました。ニンテンドーWii向けTwilight Hackは”The Legend of Zelda: Twilight Princess(ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス)”のセーブデータで引き起こされるバッファーオーバーフローを利用したexploitで、今も続くHomebrew Launcherを起動させる方式が初めて生み出されました。


GameGaz Daily 2018.1.31

●sharun氏が、VitaのHENkaku設定を拡張するtaiHENプラグインHENkaku Settings Modをリリースしていました。Console IDをux0:CID.binに保存する「Save Console ID」、パーティションのマウント設定をする「Mount Settings」、デバイスの再起動、シャットダウンを行う「Power option」が追加されます。(yyoosskさん情報ありがとね)
HENkaku Settings Mod

●GitHubで、DavisDev氏がPS Vitaのプラグインのダウンロード・インストールをすることができる管理ユーティリティPluginBox v0.20をリリースしていました。

●GitHubで、 xvortex氏がPS4のゲームデータのダンプを行うことができるユーティリティAll-in-one dumper for PS4 1.3をリリースしていました。ps4-dumperがv1.3に、gengp4がv1.6.1に更新されました。

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がHENkaku環境のVita向けFPSゲームvitaQuake v.2.7をリリースしていました。クラッシュする不具合の修正などが変更点です。

●PSXHAXで、ErikPshat氏がPS3のOFW 4.81 / 4.82でライセンスファイルLIC.EDATをバックアップデータの中に埋め込んでバックアップ起動することができるようにする方法を公開したことを伝えていました。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 4.05 exploitを自分の環境で用意するためのPS4 Exploit Host v0.3.19をリリースしていました。またAl-Azif氏はOpenWrt(組み込みデバイス向けのGNU/Linuxディストリビューション)向けにps4-exploit-hostを移植したPS4 Exploit Host for OpenWRTもリリースしています。

●extreme-Moddingで、PS4 4.05向けのFakePKGをUSBやBDから起動するためのPS4 4.05 Database Modチュートリアルを公開していました。ファイルコピーとデータベースの編集でUSB/BD起動ができるようです。

●マイクロソフトが、Xbox One S 1TBのForza Horizon 3同梱版、Halo Collection同梱版、Minecraft リミテッドエディションの価格を2018年2月1日より5000円値下げすることを発表していました。
価格変更は以下の通りです。これで売れるようにかなXbox One…
Xbox One S 1TB (Forza Horizon 3同梱版) 34,980円 → 29,980円
Xbox One S 1TB (Halo Collection同梱版) 34,980円 → 29,980円
Xbox One S 1TB Minecraft リミテッドエディション 39,980円→ 34,980円


GameGaz Daily 2017.10.29

●PSX-Placeで、PS3のHomebrewストアとして運営されていたBrewology.comがPS VitaのHomebrewのダウンロードにも対応したことを伝えていました。
Vitaストアは
http://store.brewology.com/vita/
になります。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.5をリリースしていました。アップデートサーバーのアクセス方法の変更(Windows版のみ)が変更点です。

●GitHubで、RoBotoX64氏がPS4の4.01から4.07までに対応したPS4 Linuxローダーps4-personal-linux-loaderをリリースしていました。

●VitaHEX Games氏がVitaのHomebrew Launcher画面をNintendo SwitchライクにしたSwitchView UIのPatron版SwitchView UI 0.1.2をリリースしていました。

●GitHubで、deltaclock氏がVitaのアイコンレイアウトやアプリのデータベースを管理することができるユーティリティDatabase-Manager v1.20をリリースしていました。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4のWebkit exploitをローカルサーバーでホストするためのPythonスクリプトps4-exploit-host v0.1.3をリリースしていました。

●WiiBREWで、DacoTaco氏がWiiの起動プロセスやメモリへパッチすることができるユーティリティPriiloader v0.8.2をリリースしていました。Open Homebrew Channelのサポートなどが変更点です。