PS2 Classics GUI一覧

GameGaz Daily 2018.4.15

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.00をリリースしていました。Extra Settingにサブメニューを追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、d3m3vilurr氏がHENkaku環境のVitaでゲームセーブデータをダンプ/リストアすることができるユーティリティvita-savemgr Release 2.0.0をリリースしていました。パッケージ圧縮の再有効化や不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS3Toolsのツールの一つとして、PS2のISOファイルをPS4のpkgにコンバートすることができるユーティリティPS2 Classics Gui V1をリリースしていました。Tempディレクトリの場所を設定で変更できるようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのKcrPL氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるWindows/macOS/Linux向けユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.8をリリースしていました。ファイルカウンター追加などが変更点です。

●endrift氏がマルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA 0.6.3をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、 Ev1l0rd氏が3DSの『Metroid: Samus Returns』(メトロイド サムスリターンズ)でAmiiboが必須になっているコンテンツをアンロックしてAmiiboがなくても使えるようにすることができるユーティリティSRAU(Samus Returns: Amiibo Unlocker v1.1をリリースしていました。

●GBATempで、cheuble氏がNintendo Switchのスクリーンショットをアルバム機能で閲覧するためにSDカードの画像データに署名を施すことができるユーティリティNSScreenshotMaker 1.0.2をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。


GameGaz Daily 2018.4.10

●ツイッターで、cfwprophet氏がツPS4のPKG生成のためのツールを集めたFake PKG Tools_v1.4をリリースしていました。

●ツイッターで、TheFloW氏がVitaのePSP向けカスタムファームウェアVitaのeCFW 6.61 Adrenalineのアップデートを開発中であることを公表していました。

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS3Toolsのツールの一つとして、PS2のISOファイルをPS4のpkgにコンバートすることができるユーティリティPS2 Classics Gui V02をリリースしていました。PS4 pkg生成時のバックグラウンド動作による不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、FIX94氏が開発したオリジナルのファミコンエミュレータfixNES Alpha v1.0.6をリリースしていました。オーディオの改善などが変更点です。

●Team Rebugが、PS3 4.82ファームウェアをベースにしたDECRモデル(開発機)向けカスタムファームウェアRebug 4.82.1 DECR LEをリリースしていました。PS3のシステム情報表示やNORMAL/REBUGシステムモード切替、LV1パッチ選択、QA flagの有効化などを行うことができるユーティリティRebug Toolbox 2.02.11 DECR EDも合わせてリリースされています。

●Team Rebugが、PS3 4.82ファームウェアをベースにしたカスタムファームウェアRebug 4.82.1 REX/D-REXをリリースしていました。Rebug Toolbox 2.02.16も合わせてリリースされています。

●PSX-Placeで、master_adi_OP氏がRebugのpupから赤アイコンを抜き出してOFWのファイルを差し替えることでHANを利用してXMBをカスタマイズするHAN2Rebug v0.3をリリースしていました。

●PSXHAXで、Duxa(Chrushev氏)がFakeパッチアップデートのpkgを再パック化して動作可能な状態にするWindows向けユーティリティDuxas PS4 patch repackager 4.6.18をリリースしていました。

●ツイッターで、c0d3m4st4氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板を使うことでWi-Fiに繋ぐだけでPS4の4.55 exploitを発動させることができるESP8266向けファームウェアESP8266 Xploit Host v1.0 b4をリリースしていました。

●Brewologyで、aldostools氏らがEstwald氏(Hermes氏)が開発したオープンソースバックアップマネージャーの非公式アップデート版IrisMAN v4.82.1をリリースしていました。4.82 DEX / DECRのサポート追加が変更点です。

●GBATempで、EZ-FLASHチームがかつてGBA向けのFlashcartとして発売していたEZ-FLASH IIIのソースコードを公開したことを伝えていました。Flashcartのソースコード公開は画期的です。GitHubでもソースコードが公開されています。

●ツイッターで、3DS のセーブデータマネージャーCheckpointを開発したBernardoGiordano氏がSwitchにCheckpointを移植してSwitchで直接セーブデータのバックアップやリストア操作ができるようになったと報告していました。ソースコードは年内にも公開予定だそうです。
Checkpoint Switch

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 5.1.2をリリースしていました。GithubのTLSV1.2への対応の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.4.9

●wololo.netで、Rinnegatamante氏がPS VitaのLiveareaに表示されるPSX/PSPのバブルアイコンをオリジナルのアイコンからバブル化しすることができるユーティリティRetroLivearea v.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、cfwprpht氏がPS4のSELFファイルに偽署名を行うことができるFlat_z氏のPythonスクリプトをGUI化したWindows向けユーティリティMAKE FSELF GUI v1.3をリリースしていました。make_fslef.pyをmake_fself.exeにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、TheDarkprogramer氏がPS3向けにPS2のISOファイルをPS4のpkgにコンバートすることができるユーティリティPS2 Classics Gui V01をリリースしていました。PS3Tools v0.3としてリリースされています。
PS2 Classics Gui

●GitHubで、 cfwprpht氏がPS4 4.05でPS2を起動するためのPS2エミュレータ自動PKG化ツールFree PS2 Pub Gen v1.5をリリースしていました。make_fself.pyをxDPxs make_fself.exeにしたことなどが変更点です。

●PSXHAXで、RetroGamer74氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板を使うことでWi-Fiに繋ぐだけでPS4の4.55 exploitを発動させることができるESP8266向けファームウェアESP8266_PS4_RetroGamerFirmV3をリリースしていました。


GameGaz Daily 2018.3.29

●PlayStation.Blogで、SUPER GTに参戦している「ホンダ RAYBRIG NSX CONCEPT-GT」、「レクサス au TOM’S RC F」、「日産 MOTUL AUTECH GT-R」やBMW M3、FC3S、R33GTRなど13台の車両追加や筑波サーキットを追加した『グランツーリスモSPORT』3月アップデートを配信したと発表していました。筑波きたよー筑波。
Tsukuba

●GitHubで、Mistawes氏がPS4API に統合されELFファイルの復号もサポートしたFTPサーバーアプリケーションFTPS4-JKpatch – 4.55をリリースしていました。xemio氏のjkpatchを統合したそうです。JKパッチというのは女子高生パッチではなくJailbreak Kernelパッチです。
JK

●PSX-Placeで、Aldostools氏がPS3向けにPS2 ClassicsのISO.BIN.ENCファイルの復号化・暗号化などを行うことができるユーティリティPS2 Classics GUI 2.1をリリースしたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、PS3 XMB MODのためのPS3Xploit v3 HANツールとしてflashメモリのRCOリソースファイルをリプレイスするRCO Resource Replacer、XMLファイルをリプレイスするXML Replacer、imagefont.binファイルをリプレイスするImage Font Replacerが公開されたことを伝えていました。

●PSX-Placeで、c.link86氏がmacOS向けツールとしてPS3のパッケージファイルの扱いを容易化するために、PC側からPS3に転送して簡単なPKGインストールを可能にするユーティリティpkg_linker for Mac beta 1とPS3のファイルの復号化や展開、パッケージ化を行うユーティリティPs3 Tools for mac 2018-03-27をリリースしていました。

●ファミ通.comの販売本数ランキングで、2018年3月19日~2018年3月25日の期間中Nintendo Switch本体が5.2万台を売り上げ、発売から56週目で累計販売台数が400万台を突破し、Wii(54週目で400万台突破)に並ぶペースが続いていると伝えていました。


ゲーム最新情報 2013年3月31日のニュース

●PS3Haxで、solidspike氏がstoker25氏の開発したPlayStationごとに割り振られているIDであるPSIDをメモリー上でパッチ(そのため恒久的なパッチではない)して、仮にPSNでBANされても復活させることができるかもしれないユーティリティPSIDPatch 1.6をベースにRogero/Miralatijeraなどの 4.40CFW向けにしたPSIDPATCH for 4.40 CFWをリリースしたことを伝えていました。

●Elotroladoで、Estwald氏(Hermes氏)がHManagerをベースにしたオープンソースバックアップマネージャーIris Manager 2.22Bをリリースしていました。ペイロードのオフセット修正などの不具合修正が変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.3をアップデートしていました。以下のユーティリティが更新されています。

    ・PS2 ClassicsのISO.BIN.ENCファイルの復号化・暗号化が行えるPS2 Classics GUI 2.0

●PSX-Sceneで、Dean氏がbdRESET6、gameDATA6、lastGAME6、stDISC4といったmultiMAN向けツールを集めたmmTOOLSをリリースしていました。multiMANのWEBカラムに表示させることができるShowtime 04.03.128も合わせて公開されています。

●PS3Haxで、uf6667氏がPS3のNANDやNORフラッシュメモリーの読み出し/書き込みができるProgSkeet v1.2/v1.21向けのBitstreamsデータProgSkeet_12_130330_1909.datをリリースしたことを伝えていました。書き込み時の不具合を修正したそうです。


ゲーム最新情報 2013年3月29日のニュース

●Tortuga Coveで、Rogero氏がPS3のNOR/NANDをE3 FlasherやProgSkeetで書き戻すためにNOR/NANDメモリーのダンプにパッチを施すことができるWindows用ユーティリティPS3 Nor and Nand Auto Patcher v0.04をリリースしていました。Rogero CFW4.40 v1.02パッチの追加などが変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.3をリリースしていました。以下のユーティリティが更新されています。

    ・PKGファイルのコンテンツIDを閲覧できるPKG ContentID 2.3.1
    ・セーブデータのキーを見つけてセーブデータ改造後に再署名できるBruteforce Save Data 3.7.3
    ・PS2 ClassicsのISO.BIN.ENCファイルの復号化・暗号化が行えるPS2 Classics GUI 1.7
    ・multiMANのmmOSやRebugのToolboxを使って作成したLV1またはLV2ダンプデータからPSIDやConsoleIDを探して表示してくれるPS3 ConsoleID 1.0.2
    ・ドングルレスで使えるようになったPS3UserCheat向けのチートコード編集ユーティリティPS3 Cheats Editor 2.8.4

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v2.13a r4298をリリースしていました。INSTALL.txtやnstall.shのスクリプトの更新などが変更点です。

●Wii-Homebrewフォーラムで、Wiimm氏がマリオカートWiiやスーパーマリオギャラクシーのモディファイをするためのWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms SZS Tools v1.15a r4300をリリースしていました。INSTALL.txtやnstall.shのスクリプトの更新などが変更点です。