pkgj一覧

GameGaz Daily 2018.5.27

●PSXHAXで、CrazyVoid氏がPS4のMiraCFW(5.01-5.05が対象)を4.55へ移植したMiraFW_Orbis_455をリリースしていました。

●PSXHAXで、SpecialFood氏がPS4 4.55のJailpreakツールUSB Fake Packages 1.0をリリースしたことを伝えていました。

●PSXHAXで、cupecups氏がWi-Fiに繋ぐだけでPS4をJailbreakできるESP8266 Wi-Fiモジュール基板向けのペイロードESPHost PS4Xploit Payloadをリリースしていました。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.6をリリースしていました。高速化が図られたようです。

●ツイッターで、Draqen氏がESP8266 Wi-Fiモジュール基板をWi-Fiに繋ぐだけでPS4の4.55 exploitを発動させることができるESP8266向けファームウェアDraqen-Esp8266-fw455 v1.10をリリースしていました。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.20をリリースしていました。リストコンテンツのキャッシュやリフレッシュに対応したことが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss 0.4r451をリリースしていました。『PHANTASY STAR ONLINE 1 & 2 Plus』のサポートが変更点です。

●GitHubで、Zarklord1氏がWii UのディスクやUSB HDDの代わりにSDカードからゲームファイルを読み出すことができるユーティリティSDCafiineのnightly build版SDCafiine-v1.4-nightly-ad96547をリリースしていました。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティNDS-Bootstrap v0.8.0をリリースしていました。L+R+START+SELECTでゲームのソフトリセットするようにしたことや6MB/32MB RAMモードを常時有効にすることでパフォーマンスを若干改善したことなどが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v4.1.0をリリースしていました。CFWで.nds ROM起動時の挙動を変更したことやDSiWarehaxを使ったDSi bootstrapの代わりに3DS bootstrapを使用するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、AileenLumina氏がNintendo SwitchでPythonで開発したHomebrewを実行するためのユーティリティPyNX v0.5.0-alphaをリリースしていました。PyNX起動時に起動したいPythonプログラムをセレクトするメニューを表示するようにしたことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2018.5.20

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.19をリリースしていました。ux0:以外のパーティションにゲームをインストイールするinstall_psp_psx_locationオプションの追加が変更点です。

●GitHubで、valentinbreiz氏がAndroidデバイスからPS4のペイロードを読み込ませることができるアプリPS4 Payload Sender for Android 1.2をリリースしていました。スウェーデン語とアラビア語を追加したことなどが変更点です。なーんて記事を書いて投稿せずに寝かしておいたちょっとの時間の間に軽微な修正や対応言語をさらに増やした(イタリア語とインドネシア語)下記の修正版が公開されました。
PS4 Payload Sender for Android v1.2.1
PS4 Payload Sender for Android v1.2.2
PS4 Payload Sender for Android v1.2.3


GameGaz Daily 2018.5.10

●wololo.netで、ハックしたPS4でPSPのゲームやHomebrewをPSP RemasterとしてインジェクトするトリックでPS4にあるPSPエミュレータで起動することができることを伝えていました。元々はGBATempでKiiWii氏がPSP RemasterとしてインストールされるPSPゲームがPS2 Classicsと構造が似ていることに気が付いたことが発端で、今はGBATempのスレッドではそのトリックで動くゲームと動かないゲームの調査が総力戦で行われています。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.18をリリースしていました。PSPゲームはデフォルトでISOインストールにしたこと(EBOOT.PBPにする場合にはconfig.txtにinstallpspas_pbp 1と記載する)などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS/Switchのセーブデータのバックアップ/リストアが可能なHomebrewセーブデータマネージャーCheckpoint v3.1.0をリリースしていました。今バージョンよりSwitch対応です。Switch対応のセーブデータマネージャーは初となります。ただしSwitchの場合現在は3.0.0.以下でしか動作しないようです。(nonotakatoasさん情報ありがとね)
Checkpoint Switch

●GBATempで、SimonMKWii氏がNintendo SwitchのタイトルIDとゲーム名を入力すると任天堂のサーバーから直接ゲームタイトルやカバー画像などを取得して情報表示することができるWindows向けユーティリティShogunTool_v2をリリースしていました。
ShogunTool

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトが2018年5月12日、13日に京都で開催されるインディーゲームの祭典『BitSummit Volume 6』にID@Xboxブースを出展すると発表していました。

●ファミ通.comで、SNKがSNKブランド40周年を記念したゲーム機「NEOGEO mini」を正式に発表したことを伝えていました。リーク情報はガチでした。「NEOGEO MVS」を模した小型アーケード筐体に40本のゲームを内蔵しています。発売時期や収録タイトル、価格などの詳細は、今後発表予定です。


GameGaz Daily 2018.5.8

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.02をリリースしていました。data.infエラーの修正などが変更点です。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.17をリリースしていました。PSPのゲームがEBOOT.pbpファイルとしてインストールされるようにしたこと(ただしnpdrm_free pluginプラグインが必要)などが変更点です。

●Unity Blogで、ゲーム開発エンジンUnityエディターの日本語をプレビュー版として配布することにしたと発表していました。先に日本語版のプレビュー版を配布するのはフィードバックが欲しいからだそうです。昨日から開催されてるUnite Tokyo 2018で発表されました。
基調講演の冒頭ではバーチャルYouTuberのキズナアイちゃんが登場して話題となっていたようです。先日アニメイトでキズナアイちゃんのグッズコーナー見かけて、こんなところにまで浸透しているのかと驚きを隠せませんでしたキズナアイ。個人的には猫宮ひなた推しです。

●GitHubで、SilicaAndPina氏がUnity for PSVitaでゲームの開発をしやすくするための開発者向けツールUnityTools v1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がVitaのメモリーカードにインストールされている正規アプリケーションのアップデータ(PKG)をダウンロードすることができるユーティリティTitle-Update-Downloader v1.0をリリースしていました。ダウンロードしたアップデータのインストールは★Package Installerで行います。

●コイン東京で、ソニーがブロックチェーン技術をプレイステーションネットワークに統合する特許を4月26日に出願したことを伝えていました。ブロックチェーンを通じて認可を行うデジタル著作権管理(DRM)システムについての特許で、ネットワーク内で分散して記録されている情報を認証して正規購入品として認証される仕組みだそうです。

●Polygonで、任天堂が周辺機器メーカーGamevice社からNintendo SwitchとJoy-ConがGamevice社の所有するコントローラーの特許を侵害しているとして訴えられていると伝えていました。同様の内容で任天堂はGamevice社に2017年に一度訴訟を起こされていましたが、前回は2ヶ月後に訴訟が取り下げられたそうです。今回アメリカ国際貿易委員会が「脱着可能なハンドヘルドコントローラーとコンポーネントを持つ、特定の携帯ゲーム機」の調査を開始したことも発表されています。今回の訴訟の内容は要するにこれがSwitchにパクられたという話ですが…
Nintendo sued by Gamevice


GameGaz Daily 2018.5.2

●PSX-Placeで、RenéRebe氏がOtherOS++(Linuxを起動する機能)でLinuxを起動しているPS3でPS3専用カスタムGPUであるNVIDIA RSXのハードウェアアクセラレーションに成功したとして動画を投稿していたことを伝えていました。かつてCELLという専用CPUを持っていたPS3は当初ハックは不可能とまで言われていました。PS3発売12年目を迎えていますが、よくここまで来れたな、というのが個人的な感想です。GameOS側からもNVdia RSX GPUにフルアクセスが可能になる日が来るかもしれません。

●GitHubで、RPCS4氏がPS4のOSであるOrbis OSでELFファイルを読み込むためのライブラリorbis-elfをリリースしていました。

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.16をリリースしていました。PSPおよびPSXのディレクトリを自動生成する機能を追加したことなどが変更点です。

●PSXHAXで、mgp25氏がPSNへのログインやユーザー情報取得などをソニーのプラトフォーム以外で時刻できるようにしたPSN APIのpythonラッパーPSN APIをリリースしたことを伝えていました。

●PSXHAXで、GHzGangster氏(Derrik氏)がPegaSwitchやPS4 Playgroundにインスピレーションを得て開発された、ブラウザアクセスでハックが完了するPlayStation 3ブラウザのexploitツールキットプロジェクトZerosenseをリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、Slashcash氏がNintendo Switchのセーブファイルを管理することができるユーティリティhomebrew save file managerをリリースしていました。現在はWIP(開発途中)だそうです。

●GitHubで、TeamShinkansenがNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.2.4をリリースしていました。バグ修正が変更点です。


GameGaz Daily 2018.4.30

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.15をリリースしていました。HTTPエラーの改善が変更点です。

●Nintendo SwitchでLinuxを起動させた上にDOSBoxを使ってWindows 95を起動させたりQEMUでWindows XPを起動させたりできるみたいです。みんな遊びますねー。(cloverさん情報ありがとね)