NX一覧

GameGaz Daily 2016.9.27

●Destructoidで、ニンテンドー64エミュレータMupen64plusのモディファイ版Win64e10がもともとWindows PhoneとWindows 10向けとしてMicrosoftストアで販売されていたが、今回Xbox Oneに対応した状態でストアで販売されてることを伝えていました。

●Nintendo Lifeで、イギリスのスーパーマーケットを展開するTescoの通販サイトで“Nintendo NX Wii U”というNXっぽい商品が2016年12月31日発売で349.99ポンド(約45,500円)と表記して掲載していたことを伝えていました。そもそも何らかのミスで掲載してしまっていたようですので現在は該当ページは閲覧できません。発売日が年内ということはないので12月31日は予約受付のシステム上表記されているだけのような気もしますが、価格が出てしまっているのは単なる予測なのか何らかの情報を持ってして記載していたのか…
tesco

●GitHubで、SMOKE氏がHENkaku環境のVitaで直接HomebrewをダウンロードしてインストールすることができるユーティリティVPK Mirror direct installer v1.1をリリースしていました。コードを整理した程度で大きな変更点はありません。なお、最終的には自動プラグインインストーラーを作るつもりだったようですが「気力がなくなった」そうです。


Foxconnの従業員が書いたNXのイラスト

NeoGAFで、NXの生産をしていると言われているFoxconnの従業員がニンテンドーNXを書いたイラストを公開していたことを伝えていました。

続きを読む


GameGaz Daily 2016.9.21

●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVitaでファイルマネージャー/PKGインストール/ビルトインFTPなどの機能を有したLiveAreaの代わりとして利用出来る多機能シェルアプリVitaShell 1.2をリリースしていました。写真とミュージックファイルのエクスポートに対応したことや、システムインフォメーションにバッテリーのパーセンテージを追加したことなどが変更点です。
なお、VitaShell 1.2なんですがVitaShell 0.99としてVitaShell 0.91からアップデートできるようにしたVitaShell Fake Updateなるものも公開されています。VitaShell 0.95のネットワークアップデートがおかしいための措置のようです。

●endrift氏がマルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA 0.5.0をリリースしていました。ゲームボーイとゲームボーイカラーをサポートしたことなどが変更点です。

●GitHubで、d3m3vilurr氏がHENkaku環境のVitaでゲームセーブデータをダンプ/リストアすることができるユーティリティVita Save Manager v0.5.0をリリースしていました。暗号化されたダウンロードタイトルに対応したことなどが変更点です。さらっと書きましたが、今までは復号化されたゲームのみ対応でしたので大きな進歩です。

●Wall Street Journalで、株式会社ポケモンの石原恒和社長がWSJのインタビューの中でニンテンドーNX向けにゲームを開発する意向を示したと伝えていました。NXについては「事情を知る関係者によると、NXはテレビ画面と接続することも、持ち歩いて遊ぶこともできる形となる見通し」と伝えていることにも注目です。

●IGN Japanが、Xbox Oneのアップグレード版 コードネームProject ScorpioについてMicrosoft Studioのパブリッシング・ゼネラル・マネージャーのShannon Loftis氏がMicrosoft Studioがリリースするゲームは全てネイティブ4Kの解像度でプレイできると語ったことを伝えていました。


NXは明日ニンテンドーダイレクトで発表?

GameTransfersで、ニンテンドーNXは今週Nintendo Directで発表されるかもしれないと伝えていました。

続きを読む


ニンテンドーNX ベールを脱ぐのは10月上旬か

TechTimesで、ニンテンドーNXの詳細については10月上旬に公表されると伝えていました。

続きを読む


ニンテンドーNX メディアにカートリッジを採用 WSJが報道

Wall Street Journalで、任天堂が新型ゲーム機NXのメディアにカートリッジを採用する見込みだと伝えていました。

続きを読む