npdrm_free一覧

GameGaz Daily 2018.7.5

●GitHubで、Blastrock氏がNoNpDrmの偽ライセンスやVita上でのpkgやダウンロードコンテンツ、PSXの直接ダウンロード・アンパック化、インストールを行うことができるユーティリティpkgj v0.24をリリースしていました。ダウンロードレジューム機能の復活(PSPのISOダウンロードは不可)などが変更点です。

●GitHubで、XVortex氏がPS4Homebrew実行を可能にするHomebrew enabler for PS4(ps4-hen-vtx) 1.7をリリースしていました。5.05向けで、外付けHDDでfpkg installerを動作するようにしたことが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v5.07をリリースしていました。バブルアイコンでC2-12828-1エラーが出る不具合の修正やSTARTボタンサブメニューにboot.bin自動リペア設定を追加したことなどが変更点です。

●noahc3氏がh-encoreをVitaで起動するまでのプロセスを自動化することができるWindows向けユーティリティauto h-encore v0.3.0auto h-encore v0.3.1をリリースしていました。これまでできなかったAIDの自動取得とQCMAのダウンロードが可能になったことやマルチランゲージサポート、64ビットでビルドしたpkg2zipとpsvimgtoolsをきちんと認識するようにしたこと(以上v0.3.0)、言語の設定追加(v0.3.1)などが変更点です。

●GitHubで、qwikrazor87氏が正規のライセンスがなくてもデジタル著作権管理で保護されたコンテンツをPSP/ePSPで起動させることができるプラグインnpdrm_free v7.2をリリースしていました。サスペンド/リジュームの不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、Kevoot氏がファミコンエミュレータをSwitchに移植したLaiNESwitch 1.3をリリースしていました。フォルダの制限を無くしたことが変更点です。


GameGaz Daily 2018.6.25

●GitHubで、qwikrazor87氏が正規のライセンスがなくてもデジタル著作権管理で保護されたコンテンツをPSP/ePSPで起動させることができるプラグインnpdrm_free v7.0npdrm_free v7.1をリリースしていました。具体的にはデジタル著作権管理をするNPDRMで保護された、公式のPS1/PSPコンテンツ(EBOOT.PBP)を、有効な.rifライセンスファイルやact.datがなくても起動するようにするプラグインです。
以前のバージョンはnpdrm_free v6.1で、その後ソースコードをGoogle Driveで公開していましたが、今回からGitHubでの公開となりました。

●ツイッターで、PixelButts氏がソニーがPS3の開発機システムのPSN接続サポートを終了したことを報告していました。今後は市販機のみがPSN接続できることになります。開発者がPSN接続する機会が失われますのでPS3サポート終焉に向けたカウントダウンが始まりました。

●GitHubで、 Reisyukaku氏がNintendo SwitchのNCAファイルを直接任天堂のCDN(Content Delivery Network:コンテンツデリバリーネットワーク)から入手することができるユーティリティCDNX v1.2をリリースしていました。

●GitHubで、Robz8氏がSRLoaderを一新しニンテンドーDS/DSi/3DS/2DS向けのオープンソースメニューとしたDSiMenu++ v4.3.2をリリースしていました。DSiMenu++が常にNTRタッチモードで動作するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHIDtoVPADのnightly build.版HIDtoVPAD-WUPS-v0.1-nightlyをリリースしていました。

●GitHubで、getraid氏がSwitchハックに必要なファイルを事前にmicroSDカードに簡単にインストールすることによりSwitchハックの操作を簡易化するできるWindows向けユーティリティSHAIO(Switch Hacks All In One) v1.0.0.4をリリースしていました。briccmiiペイロードとSXOSペイロード追加などが変更点です。

●ツイッターで、SciresM氏が『スプラトゥーン2』の各種暗号のためのスクリプトを作成したことを公表していました。以下の2つのスクリプトを公開しています。
・リソースの復号スクリプト: nisasyst.py
・セーブデータの復号/再暗号化(再署名)スクリプト: CMAC.py


ゲーム最新情報 2015年2月10日のニュース

●ツイッターで、qwikrazor87氏がライセンスがなくてもEBOOT.PBPを起動させることができるPSP向けVSHプラグインnpdrm_freeなどのソースコードを公開していました。他にもVSHで表示されるゲームのDOCUMENT.DATからPNGイメージをダンプすることができるプラグインdocdumpのソースコードも合わせて公開しています。

●TheSixthAxisで、ソニーが今後のPS4のアップデートで壁紙のカスタマイズに対応するようだと伝えていました。

●Eurogamerで、マイクロソフトがXbox Oneの今後のアップデートでスクリーンショット機能を実装するかもしれないと伝えていました。


ゲーム最新情報 2015年1月28日のニュース

●ツイッターで、qwikrazor87氏がライセンスがなくてもEBOOT.PBPを起動させることができるPSP向けVSHプラグインnpdrm_free v6.1をリリースしていました。使い方は通常のVSHプラグイン同様npdrm_free.prxをms0:/seplugins/ に保存しvsh.txtにms0:/seplugins/npdrm_free.prx 1と記述してプラグインを有効化するだけです。正規のライセンスが見つからない場合には偽のライセンスファイルが生成され、flash2:/act.dat(購入したダウンロード版タイトルなどのDRM情報を含んでいるファイル)がない場合も同様に偽ファイルが生成されるという仕組みだそうです。

●/talkフォーラムで、qwikrazor87氏がPS Vita 3.36 ePSP向けのHomebrewローダーVHBLをバブルアイコンとしてVitaにインストールするPatapon 2 VHBL installer (3.36) (v3.2)をリリースしていました。実はv3.3もリリースされたのですが、動作しないとのことで取り下げられ、現在の最新版はv3.2になっています。ログファイルをms0:/に作成するようにしたことが変更点です。

●Universal Media Server公式サイトで、SubJunk氏がWindowsとLinux、MacOSXで利用できるPS3のメディアサーバーアブリケーションUniversal Media Server 5.0.0をリリースしていました。いままでv5.0.0はベータ版がリリースされていましたが、正式版がようやく公開されたことになります。

●Wii-infoで、crediar氏、fix94氏、JoostinOnlineらがニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont sd/usb v2.284をリリースしたことを伝えていました。Triforce BIOSのサポートなどが変更点です。