Luma Updater一覧

GameGaz Daily 2018.3.15

●PSX-Placeで、PS3Xploit TeamがPS3の4.81/4.82でPSNアカウントを利用し、バックアップを含むPKGファイルに署名をしてインストールできるようにするユーティリティPS3Xploit Tools v3.0をリリースしていました。(ikarabi-blizさん情報ありがとね)

●PSX-Placeで、DeViL303氏がPS3Xploit Tools v3.0(HAN)をXMBに配置するアドオンツールHAN Toolbox Beta v0.2をリリースしていました。

●PSXHAXで、thierry氏がqwertyoruiop氏のPS4 5.50 Webkit exploitを5.03に移植したPS4 WebKit Exploit for Firmware 5.03をリリースしたことを伝えていました。

●GitHubで、TheFlow氏がHENkaku環境のVita向け多機能シェルアプリVitaShell v1.83をリリースしていました。ネットワークアップデートの修正ですが、GitHubがTLS 1.0/1.1のサポートを終了したために1.83へは手動でアップデートを行う必要があります。また、ux0:patchが暗号化されることからChangelogのサポートも終了です。

●GitHubで、 MrComputerRevo氏がPS Vitaのゲームをダンプすることができるユーティリティ<a href=”https://github.com/BeniYukiMai/MaiDumpTool/releasesMaiDumpToolEN for 3.65をリリースしていました。MrComputerRevo氏がrePatchを使って3.65 ensoで動作するよう改良したものです。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v4.09をリリースしていました。3.65 CFWのサポートや自動ネットワークアップデートの修正(TLS v1.2サポート)などが変更点です。

●GitHubで、SilicaAndPina氏とdots-tb氏がux0にrePatchフォルダを作成し、ux0:patchと同じ機能を持たせることができるカーネルプラグインrePatch 0.3rePatch 0.3.1rePatch 0.4をリリースしていました。ステルス機能のアップデート(3.0)、書き込みプロテクトの追加(v3.0.1)、不具合修正(0.4)などが変更点です。

●GitHubで、xyzz氏がVitaのPSボタンとStartボタンでpngフォーマットのスクリーンショットを保存することができるtaiHENプラグインpngshot v1.1をリリースしていました。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏が現在開発中のFPSゲームQuake3をVitaに移植したvitaQuakeIIIの現状のデモビデオと今後の開発方針を公表していました。

●ツイッターで、zaksabeast氏が3DSのバーチャルコンソールでデバッグメニューらしきものを発見して話題となっています。今わかっていることはメニューへのアクセスはCFWとゲームへのパッチが必要で、ノーマルの3DSでボタンコンボで…というものではないようです。(cloverさん情報ありがとね)
VC_Debug_menu

●GitHubで、Ryuzaki_MrL氏がNintendo Switch向けのテトリスクローンゲームTetriswitch 1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.3をリリースしていました。前回はまだ使わないでね状態でしたが、もう大丈夫なようです。Github TLS v1.2のサポートによるオートアップデート昨日の修正が変更点です。


GameGaz Daily 2018.3.8

●Maxconsoleで、一部サードパーティディベロッパーに新型PlayStation(PlayStation 5?)のアルファ版開発機が渡っているらしいとの情報を掲載していました。ソニーは拡縮装置及び操作装置の特許も取得していたようです。

●GitHubで、TheFloW氏がVitaのウェブブラウザで全てのファイルのダウンロードを可能にするプラグインDownload Enabler v4をリリースしていました。市販機3.65/3.67と3.60 PTEL(テスト機)/3.60 PDEL(開発機)のサポート追加が変更点です。

●Polygonで、ワイヤレスコントローラーをペアリングしてUSB接続することで他のシステムで使えるようにする8BitdoのWireless USB AdapterはNintendo Switchを対応機種にあげており、DualShock 4をJoy-Conの代わりに使うことができることを伝えていました。

●ツイッターで、LightningMods氏がDualShock 4での操作に対応したPS4のHomebrewゲームRoll a Ball for PS4をリリースしていました。

●ツイッターで、任天堂が3月9日(金)朝7時から「Nintendo Direct 2018.3.9」を放送すると発表していました。

●ツイッターで、naehrwert氏がNintendo SwitchのColdboot exploitらしきデモ動画を公開していました。

●GitHubで、8BitWonder氏がNintendo Switch向けのドローソフトPixel-Painter v1.5.1をリリースしていました。最新のCライプラリlibnx (1.1.0)に対応したことが変更点です。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.3をリリースしていましたが、テストアップデートなので「まだ使わないでね」だそうです。一応紹介するだけしておきます。

●GitHubで、LiquidFenrir氏が3DSのSDカードにあるArm9LoaderHaxペイロードや.cia HomebrewなどのファイルをアップデートすることができるユーティリティMultiUpdater v4.0.2をリリースしていました。GitHubからのダウンロードが再び可能になったことが変更点です。

●VentureBeatで、ファミコンゲームを3Dライクに表示してくれるWindows向けファミコンエミュレータ3DNes V2がリリースされたことを伝えていました。Pro機能としてOculus RiftやHTC Viveを使ったVR対応追加という、3D化だけでも想像を超えているのにそのさらに斜め上を行く進化を遂げています。


GameGaz Daily 2017.9.8

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT v1.8 Final Burn Alpha support(RetriX.UWP_1.8.14.0)をリリースしていました。Final Burn Alphaサポートが変更点です。

●GBATempで、Kartik氏が9.0.0から11.3.0までのニンテンドー3DSでsoundhaxを利用し、ワンクリックでノーマル3DSをカスタムファームウェアLuma3DSが起動した状態にすることができるユーティリティOCS v1.0をリリースしていました。OCSはOne Click Setup(ワンクリックセットアップ:実際には2クリック必要)の略です。OCS本体であるocs.3dsxをboot.3dsxとリネームしてSDカードのルートにコピー、soundhaxを実行するという流れになっています。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティnds-bootstrap v0.6.1をリリースしていました。28MB以下のROMが動作するようになったことなどが変更点です。
[追記]
何だか分かりませんが、v0.6.1の後にバグ修正が行われたnds-bootstrap v0.6.0 (Rev 02)がリリースされました。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.2をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)
ただ、1ヶ月前の8月9日にどうでもいい”Update README.md”のみの更新でv2.2がリリースされていましたので何故2.2がまた更新されたのかよくわかりません。今回の内容を見るとまるで1ヶ月前の更新はなかったことにされてます。今日はよくわからないことだらけです。最新hourly buildのテキストをなくしたことや、上画面下部の表示文字を変更したことなどが修正点です。


GameGaz Daily 2017.8.9

●GitHubで、rsn8887氏がVita向けのアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)のUIを改良するなどしたMOD版PFBA Vita_mod v1.14をリリースしていました。修正したはずのボーダーがちらつく不具合を再修正したことが変更点です。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.2をリリースしていました。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.2をリリースしていました。IOS PatcherライクなUIにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、moriczgergo氏がAmiiboのデータをバックアップ/リストアすることができるニンテンドー3DS向けユーティリティAmibac R1-v1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、moriczgergo氏がAmiiboに保存されているゲームデータを複製することができるユーティリティami² v2.0.0をリリースしていました。オープンソース化したことなどが変更点です。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.5をリリースしていました。バッテリー表示を追加したことなどが変更点です。(Sushi Toroさん情報ありがとね)

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.6.4をリリースしていました。Amazonアプリストア版が近く公開されるようです。(KOHさん情報ありがとね)

●Desairem氏が、内蔵/外付けHDDに保存されているWiiとゲームキューブのバックアップゲームのリスト管理や、wbfs/ .iso/ .wdf/ .ciso/ .wiaといったファイルの相互変換やカバー画像ダウンロードなどを行うことなどができるMacOS X向けユーティリティWitgui 2.2.7をリリースしていました。macOS Sierraでの不具合修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GBATempで、EyeKey氏がWii Uを過去にハックしたことがありOTPやSEEPROMのバックアップファイルを持っているような場合、これらファイルを入れ替えることで5.5.2に過ってアップデートしてしまったWii Uを再びハック可能な状態に戻すことができるユーティリティHaxchi PC Installerをリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。これのベースとなるWFS USB Block Injectorはdimok氏がGBATempでリリースしています。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.3.1をリリースしていました。FATイメージマウント機能の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2017.6.6

●ツイッターで、任天堂が6月6日(火)23時から「Pokémon Direct 2017.6.6」を放送すると発表していました。新作なのかリメイクなのか、Switchむけポケモンとかそんなところでしょうか。


[追記]

発表された内容は
・Nintendo Switch用ソフト「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」 9月22日に発売
・ニンテンドー3DS用ソフト「ポケットモンスター ウルトラサン」「ポケットモンスター ウルトラムーン」 11月17日に発売
・3DSバーチャルコンソールで「ポケットモンスター 金・銀」 2017年9月22日に配信

●GitHubで、Aurora Wright氏がニンテンドー3DS向けのカスタムファームウェアLuma3DS v8.0をリリースしていました。数々の新機能を実現するLuma3DSのカスタムシステムモジュールRosalinaが実装されました。boot9strap v1.2以上が必要です。
具体的な機能は
・L+Down+Selectでいつでもメニューを開くことができる
・入力リダイレクト機能で、PC経由にはなるがコントローラー(例えばXbox360のコントローラーなど)での操作が可能
・3DSXファイルの読み込み機能
・ランゲージエミュレーションの改良
となっており、内容もメジャーアップデートにふさわしいものとなっています。(名無しさん情報ありがとね)

●GitHubで、fincs氏がニンテンドー3DSのsdmc:/3ds/ ディレクトリに保存した.3dsxフォーマットのHomebrewを起動することができるローダーHomebrew Menu v2.0.0をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●/talkフォーラムで、JhonDoeA氏がコアゲーマーの間で人気のボイスチャットクライアントVitaCord 1.04をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●PSXHAXで、zecoxao氏がDlclose ExploitをPS4の1.01へ移植したPS4 Playground 1.01をリリースしたことを伝えていました。デモサイトはhttp://cturt.github.io/PS4-playground/です。

●Major Nelsonで、Project ScorpioのXbox Developer Kit(開発キット)の紹介ビデオを公開したと発表していました。ビデオはLarry Hryb氏がXboxエンジニアチームのKevin Gammill氏にインタビュー形式で話を聞く内容となっています。

●GitHubで、d0k3氏がsighaxで署名されたFIRM(3DSファームウェアのフォーマット)のインストーラーSafeB9SInstaller v0.0.7をリリースしていました。新エントリーポイントによりFW 2.1以降に対応したことなどが変更点です。( 通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、KunoichiZ氏がsighaxのSigHax/Boot9strapユーザー専用のLuma3DSアップデーターLuma Updater v2.1.2をリリースしていました。latest hourlyでのアップデートを無効にしたことなどが変更点です。( 通りすがりさん情報ありがとね)

●Pokémon GO公式ツイッターで、Pokémon GO のバージョン0.63.4 (Android / iOSは1.33.4) へのアップデートを開始したと発表していました。

●IGN Japanで、販売されているPS4の5台に1台がPS4 Proとなっていることを伝えていました。


GameGaz Daily 2017.6.1

●GitHubで、DavisDev氏がVitaのeCFW Adrenalineでバージョンが新しいAdrenalineでも以前の旧バージョンの状態で利用するなどの状態管理を行うことができるユーティリティAdrenaline States Manager v1.0をリリースしていました。
AdrenalineStates

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.8.0bをリリースしていました。シェーダーのセパレート対応やメモリースキャナの追加、グラフィックの改良などが変更点です。(LLKさん情報ありがとね)

●GitHubで、KunoichiZ氏がsighaxのSigHax/Boot9strapユーザー専用のLuma3DSアップデーターLuma Updater v2.1.1をリリースしていました。CTRNANDへの書き込みに対応したことやCTRNANDのboot.firm.bakを使ってのリストア機能追加などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、TarableCode(TaraHoleInIt)氏が4MBメモリのMacintosh PlusのエミュレータMini vMacをニンテンドー3DSに移植したMini vMac 3DS v2.1をリリースしていました。背景色を緑から黒に変更した時の不具合の修正が変更点です。v2.1の少し前にMini vMac 3DS v2.0をリリースしていました。Macintosh IIの16/256色のサポートなどがv2.0の変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)