K_License Extractor

You are currently browsing articles tagged K_License Extractor.

ゲーム最新情報 2011年4月10日のニュース




●THE WORLDで、Coldbird氏とVirtuousFlame氏が6.20PRO-B4と6.35PRO-B4をリリースしていました。VirtuousFlame氏も自身のブログで中国語によるリリース記事を掲載しています。上手に役割分担しているなぁという印象です。(ただし、Coldbird氏の英語記事は文章的に機械翻訳ベースっぽいです。)更にはPSP Genesis Competitionに応募予定だそうですが、PRO-Cのオンライン機能などのように付加価値付けられたら受賞の可能性ありだと思いますが、コンテスト自体が”M33がベースだけれどCFWを作ることが受賞への近道”みたいになって欲しくないというのが個人的な(スポンサーとしての)感想です。以下はColdbird氏のブログの翻訳です。

更新履歴
    •6.20 OFWカーネルサポート。
    •6.20 Type 2 PRX パーマネントブートローダー。
    •NID Resolver改良(6.20 <-> 6.35 NID含む)
    •ゲームの互換性向上。
    •M33ドライバーの速度と互換性を向上させたInferno OSS ISOドライバー搭載。
    •リカバリーメニューでのBGMバグの修正。
    •GPSパーミッション検出改善?
    •スカイプのクラッシュバグ修正。
    •自分でバックアップしたPSOneゲームの起動サポート。
    •version.txt表示に対応。
    •ISO/CSO起動のペアレンタルコントロール機能追加。
    •その他のバグ修正。

ダウンロードはPROシリーズファイル倉庫(http://pro.coldbird.eu)から。

Flash書き込みのための情報

    •Rトリガーを押しながら起動するとリカバリーメニューが起動する。
    •SELECTを押しながら起動するとOFWが起動する。
    •Permanent Patchを適用するには、最初の質問でXを選び次に○でインストールする。2回続けてXを押すことでPermanent BootloaderにPSPが適合しているかのテストを実行できる。
    •PSPがbrickしてしまった場合、O+X+Select+Startを押しながら電源を入れることで緊急用に用意したアンインストーラーが実行できる

各モデルごとの互換性

    •6.20バージョン: 1g 2g 3g 4g 5gモデル
    •6.35バージョン: 9gまでの全モデル

●PS3NEWSで、Dean氏がゲームやAVCHDのファイルマネージャー機能を持ちFTP機能や AVCHD 、ブルーレイ再生機能をも統合したマルチ管理ツールMultiMAN v1.16.15をリリースしたことを伝えていました。PS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeを統合したそうです。

●PSX-sceneで、zembor0氏がPS3のカスタムダイナミックテーマを作成するためのユーティリティDynamic Theme Editorをリリースしていました。チュートリアル形式の解説付きとなっています。
httpv://www.youtube.com/watch?v=kpC25fQs9rA

●JailbreakSceneで、PKGファイルからk_licenseを抜き出すことができるpythonスクリプトK_License Extractor(ゲーム最新情報 2011年4月9日のニュース参照)をWindowsのコマンドラインで実行できるようにしたK_License Extractor for Windowsがリリースされたことを伝えていました。

●Eurogamerで、SCEAのCEO Jack Tretton氏がニンテンドーDSはベビー玩具以外の何ものでもない、とDSをコケにする発言をしたことを伝えていました。Eurogamerでは全世界累計販売台数を「ベビー玩具」が1億4,500万台、PSPが6,700万台だと皮肉っぽく伝えています。

●ツイッターで、neur0n氏がPSPのUMDなどにあるICON0.PNG/ICON1.PMF/PIC0.PNG/PIC1.PNG/SND0.AT3といったファイルをXMBで非表示にできるZer01n氏のプラグインを6.2Xから6.3Xに対応させたResourceHidder_for_62X-63Xをリリースしていました。

●JailbreakSceneで、既知のPS3 syscallリスト一覧を掲載していました。

●読者のMatyapiroさんが、3DBrew Wiki日本語ページを立ち上げたそうです。

●Xbox-sceneフォーラムで、Ranger72氏が購入したXbox 360 Slimのドライブは2010年4月製のDG-16D4Sドライブ(FW Ver: 9504)とのラベル表記になっていたがJungle Flasherでは0272と表示されているとの報告をしていました。このSlimモデルは新ベータダッシュボードプログラムがインストール済だそうで、何らかの関係があるのかもしれません。

●Xbox-sceneで、cOz氏がXbox 360のDashLaunchで複数のディスクをインストールしているときにディスク入れ替えを実現するプラグインDisk Swapper v1.1をリリースしたことを伝えていました。12625ダッシュボードに対応したそうです。

●Xbox-sceneで、Team Maximusが360LizardのファームウェアGecko 1.07と、Lizardと共に利用するPCユーティリティLizard Toolbox(B016)をリリースしたことを伝えていました。Xbox 360 Slim LiteOn DG-16D4S 9504対応iXtreme Slim LT+へのサポートなどが変更点です。

●ars technicaで、”Anonymous’によるソニーサイトへのDDoS攻撃についてソニーのホスティングプロバイダーのある人物によると規模的には中規模で多数のIPアドレスから攻撃を仕掛けられたが、IPアドレスをブラックリスト化するという非常に手間のかかる作業を強いられたために’小一時間’ほどウェブサービスを止めなければならなかったが、実際には大して困難な状況にはなっておらず迷惑千万なだけだったと語っていたことを伝えていました。その後ソニーはネットワークプロテクトをするProlexic Techologies社と契約したそうですが、規模としてはソニーを単なる嫌がらせ程度の攻撃だったことになります。

Tags: , , , , , , , , ,

●きまぐれblog で、takka氏がPSPのISO管理ツールiso_tool 1.972をリリースしていました。fake_np/iso2ebootと同等の機能を実装したことなどが変更点です。

●Google Codeで、hiroi01氏がPSPのXMBからseplugins内のvsh.txt/game.txt/pops.txtの設定を変更する事で使用するプラグインの有効/無効切り替えや追加・削除などができるプラグインpprefs.prx ver. 1.110pprefs_lite.prx ver. 1.010していました。
pprefs.prx ver. 1.110はSORTGAMEでアイコンを表示するように変更(iso/csoは未対応)、SORTGAMEでソート後にisocache.binを消すように変更、PSP goのみSORTGAMEでms0/ef0を切り替えられるように変更、プラグイン管理画面で◯(デフォルトの設定の場合)を長押しすると全ON/OFFが切り替えれるように変更されたようです。
pprefs_lite.prx ver. 1.010はプラグイン管理画面で◯(デフォルトの設定の場合)を長押しすると全ON/OFFが切り替えれるように変更されたそうです。

●PSGrooveで、ある匿名の開発者がPKGファイルからk_licenseを抜き出すことができるpythonスクリプトK_License Extractorをリリースしたことを伝えていました。

●JailbreakSceneで、PS3をホームシアターにすることができるユーティリティShowtimeについてWaninkoko CFW v3.55 v2で利用できるShowtimeが公開されたことを伝えていました。

●IndustryGamersで、Lazard Capital MarketsのアナリストColin Sebastian氏がNGP(PSP2)について初期の高額な価格設定により市場は限定されるとの見通しを示したことを伝えていました。また、NGPの障壁となる可能性のあるものとしてスマートフォンを挙げています。ハイエンドゲームデバイスには向かないポータブルナビゲーションなどのノンゲームアプリの存在やスマートフォンのハードウェア進化の速度と比べると不満が残ることがその根拠のようです。
また、PS3の10年ライフサイクルにも変更がないためPS4はすぐには出てこないとも語っています。

●MCVで、ソニーが欧州でPSPを24%値下げを発表したが、イギリスに関しては値下げしなかったことを伝えていました。円とユーロとポンドの為替の関係でポンドは値下げが見送られたようです。

●Xbox-sceneで、c0z氏がXbox360でHomebrewソフトウェアを直接起動させることができるユーティリティDash Launch v2.21をリリースしたことを伝えていました。noupdaterオプションやdvdexitdashオプションの不具合修正などが行われたそうです。

●Xbox-sceneで、C4Eva氏がXbox 360 Slim LiteOn DG-16D4S 9504ドライブのカスタムファームウェアiXtreme Slim LT+をリリースしたことを伝えていました。既知のAP2.5チェックには有効ですが、今後新たなAP2.5の不正コピー回避チェックが出てきた場合起動はしなくなるものの、現行ダッシュボード12625の場合AP2.5によるログ取得からは保護されるそうです。

●Team Jungleが、Xbox360ドライブのフラッシュメモリを書き換えることができるユーティリティJungleFlasher 0.1.81(226)をリリースしていました。PhatKeyサポート(x360USBを使うとレスポンス向上)、Slim 9504ファームウェアのサポート、9504/0225のSlimkeyとシリアルの抽出に対応(0225はx360USBまたが互換チップのみ対応)などが変更点です。

Tags: , , , , , , , ,