Joy-Con Toolkit一覧

GameGaz Daily 2018.2.24

制限を受けてデータベース接続エラーでこのサイトにアクセスしにくかった期間中に投稿できなかったちょっと古めのニュースも混じってます。ご了承ください。

●GitHubがTLSv1/1.1のサポートを2月22日で終了しました。そのためGitHubを使ってHomebrew自体でアップデート機能を持っていたものは利用できなくなるものが出てきています。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.6.0をリリースしていました。nesDSを利用したNES(ファミコン)サポートなどが変更点です。

●GitHubで、Steveice10氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースCIAインストーラFBI 2.5.0をリリースしていました。コア部分のコードの調整やビルトインアップデートの機能修正などが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.6.0をリリースしていました。PCXビットマップビューアーの追加などが変更点です。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v3.0.0Joy-Con Toolkit v3.0.1をリリースしていました。Windowsのカラーピッカーと決別してデザインを一新したこと(v3.0.0)やバグ修正(v3.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 1.1retroarch-clover 1.1bをリリースしていました。デモモードの修正(1.1)や最新のhakchi/hakchi2への対応などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.2.2をリリースしていました。GBアイコンの色を修正したことなどが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.1をリリースしていました。WindowsのDirect3D 11/12ドライバー実装などが変更点です。

なお、今回のリリースには含まれていませんが、次期バージョン1.7.2にはSwitchへの移植を検討しているようです。

●PlayStation.Blogで、SIEJAがPSN)の各機能をウェブブラウザで利用することができるウェブサービスMy PlayStationを公開したことを発表していました。フレンドの検索やフレンド依頼の送信、メッセージの送信がPCやスマホ、タブレットのブラウザから利用できるようになります。また、SENアカウントの管理もMy PlayStationに統合されるため、ブラウザ上から行うことができるようになります。

●IGN Japanで、東京ゲームショウ2018の開催概要が発表されたことを伝えていました。幕張メッセで2018年9月20日から23日まで開催され、eスポーツがメインテーマになりそうです。

●ツイッターで、plutoo氏がSwitch Homebrew LauncherでDNSサーバーを建てる時に利用するnx-hbexploit300をアップデートしたことを公表していました。システムの安定性が向上したそうです。

●GitHubで、pathway27氏がGekiHENコンテスト応募作品としてVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.2.1をリリースしていました。ボタン選択が正しく保存されるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、TeamShinkansenがNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.1.0をリリースしていました。
hakchi2 CEはPCからNES/SNES Classic MiniへUSB経由でゲームの追加などを行うことができるClusterM氏のhakchi2改良版で、princess_daphie氏、DanTheMan827氏、skogaby氏の3人からなる、なぜか新幹線の名を持つTeamShinkansenが開発しているものです。UIの改良のみならず、hakchi2のコアを改良しUSBホストやSDカードのサポートなどを目標にしています。

●GitHubで、c0d3m4st4氏がRaspberry Pi(モデル問わず)を使い、exploitを発動するサーバーとして機能させたりファームウェアのアップデートをブロックしたりすることを想定したPiXploitHostをリリースしていました。現在はPS4のexploitのみ実装されていますが、ウェブブラウザでアクセスすることで発動するタイプのものはPS4に限らず利用できる可能性があります。

●GitHubで、BISOON氏がPS4に通知を送ることができるライブラリPS4Libをリリースしていました。

●PSXHAXで、Vultra氏がPS4 4.05で任意の情報を通知できるようにすることができるユーティリティPS4Notifyをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。上記のPS4Libを利用しています。

●PS4 5.50 BETA3がテスター向けに配布されたようです。(サメットチャンさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.11.2

●GitHubで、mmozeiko氏がVitaのpkgファイルを復号化してzipファイルにまとめることができるユーティリティpkg2zip v1.6pkg2zip v1.7をリリースしていました。zipファイル作成の速度を2〜3倍に高速化(v1.6)したことや不具合修正(v1.7)が変更点です。

●PlayStation.Blogで、「ブラック」「アクア・ブルー」のPS Vita各本体とメモリーカード16GBを同梱した「PlayStation Vita 16GB バリューパック」を2017年11月22日(水)より数量限定で19,980円(税抜)にて発売すると発表していました。標準の本体価格は18,980円なので、+1,000円で16GBのメモリーカードが買えるセットということになります。

●WiiDatabaseで、Cyan氏がWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v3.0 r1265をリリースしたことを伝えていました。Nintendontの設定を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v2.5.1をリリースしていました。全ての操作とモーションセンサー、キャリブレーションの読み込みに対応したことや温度値やバッテリー電圧の読み込みに対応したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2017.9.10

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v2.0をリリースしていました。シリアル番号を変更した時にSPIの未使用領域に元のシリアル番号をバックアップすることでシリアル番号を復元できるようにするプロテクト機能の導入などが変更点です。

●GBATempで、edicpop氏がニンテンドー3DS/DSをPCやAndroidのゲームパッドとして機能させることができるユーティリティedpJoy3DS/edpJoyDS 0.6.2をリリースしていました。クライアント側は3DS向けがedpJoy3DS、DS向けがedpJoyDSで、サーバー側はedpJoyDeb (linux-debian)、edpJoyMac、edpJoyWin、edpJoyAnd、edpJoyRpiDeb (raspberry piのlinux-debian)と多様な組み合わせでも利用できるようになっています。

●GitHubで、erman1337氏がニンテンドー3DS向けのテーマ管理マネージャーThemely v1.4.3をリリースしていました。QRコードリーダー画面の不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、astronautlevel氏がニンテンドー3DS向けのテーマインストールやスプラッシュ画面入れ替えなどを行うことができる管理ユーティリティAnemone3DS v1.2.1をリリースしていました。QRコードリーダーの改良により高速化したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2017.8.13

●GBATempで、Normmatt氏やSciresM氏、kitling氏らがmagnethax + DS Flashcartでbrickした3DSを起動可能にするためのNTRBootをリリースしたことを伝えていました。サポートしているDS Flashcartは現時点では
Acekard 2i HW-44
Acekard 2i HW-81
R4i Gold 3DS RTS
です。(しゃるんさん、そりゅうさん情報ありがとね)

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.5.39をリリースしていました。変更内容がv5.1.7と同じですが、v5.1.7自体がv0.5.39に差し変わってします。

●PSXHAXで、zecoxao氏がPS4の 1.76でwebkit exploitを利用し各種ハックを行うポータルサイトを1.50bのファームウェアに移植したPS4 playground 1.50bをリリースしたことを伝えていました。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.5.2をリリースしていました。バッテリー表示を追加したことなどが変更点です。最近出荷されたJoy-Conへの互換性向上などが変更点です。

●GitHub、koolkdev氏がWii Uを過去にハックしたことがありOTPやSEEPROMのバックアップファイルを持っているような場合、これらファイルを入れ替えることで5.5.2に過ってアップデートしてしまったWii Uを再びハック可能な状態に戻すことができるユーティリティHaxchi PC Installer v0.2.18をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、GabyPCgeeK氏がRyuzaki_MrL氏の開発したWii U/vWiiのセーブデータをSDカードにバックアップしたりSDカードからリストアしたりすることができるユーティリティSavemiiのMOD版Savemii 1.2.0.mod5をリリースしていました。ゲームリストには小さいアイコンを、タスク画面には大きいアイコンを表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、DavisDev氏がFTPサーバーに接続してファイルのやりとりを行うことができるPS Vita向けのFTPクライアントアプリケーションFTPzilla Vita v0.9をリリースしていました。


GameGaz Daily 2017.8.9

●GitHubで、rsn8887氏がVita向けのアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)のUIを改良するなどしたMOD版PFBA Vita_mod v1.14をリリースしていました。修正したはずのボーダーがちらつく不具合を再修正したことが変更点です。

●GitHubで、KunoichiZ氏がLuma3DSとSigHaxユーザー向けの3DS HomebrewとしてのLuma3DSアップデータLuma Updater v2.2をリリースしていました。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.2をリリースしていました。IOS PatcherライクなUIにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、moriczgergo氏がAmiiboのデータをバックアップ/リストアすることができるニンテンドー3DS向けユーティリティAmibac R1-v1.1.0をリリースしていました。

●GitHubで、moriczgergo氏がAmiiboに保存されているゲームデータを複製することができるユーティリティami² v2.0.0をリリースしていました。オープンソース化したことなどが変更点です。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.5をリリースしていました。バッテリー表示を追加したことなどが変更点です。(Sushi Toroさん情報ありがとね)

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.6.4をリリースしていました。Amazonアプリストア版が近く公開されるようです。(KOHさん情報ありがとね)

●Desairem氏が、内蔵/外付けHDDに保存されているWiiとゲームキューブのバックアップゲームのリスト管理や、wbfs/ .iso/ .wdf/ .ciso/ .wiaといったファイルの相互変換やカバー画像ダウンロードなどを行うことなどができるMacOS X向けユーティリティWitgui 2.2.7をリリースしていました。macOS Sierraでの不具合修正などが変更点です。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GBATempで、EyeKey氏がWii Uを過去にハックしたことがありOTPやSEEPROMのバックアップファイルを持っているような場合、これらファイルを入れ替えることで5.5.2に過ってアップデートしてしまったWii Uを再びハック可能な状態に戻すことができるユーティリティHaxchi PC Installerをリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。これのベースとなるWFS USB Block Injectorはdimok氏がGBATempでリリースしています。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.3.1をリリースしていました。FATイメージマウント機能の修正などが変更点です。


GameGaz Daily/Weekly 2017.8.6

8月に入ってから超多忙でまともに記事が書けませんでした。毎日情報提供して下さったみなさまありがとうございます。この場を借りて、まとめて御礼申し上げます。(みなさん情報ありがとね)

●GitHubで、HiddenRamblings氏が小型のNTAG215タグに3DSからAmiiboのダンプファイルを書き込みすることができるユーティリティThenaya 0.7をリリースしていました。旧3DSでのテキストの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏がVita向けのアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)のUIを改良するなどしたMOD版PFBA Vitamod v1.10をリリースしていました。ボーダー表示不具合の修正が変更点です。
また、ジョイスティック制御の不具合を修正したPFBA Vita
mod v1.11、1.11で動作がおかしくなったアナログコントロールの不具合を修正したPFBA Vitamod v1.12、アナログスティックの設定を見直したPFBA Vitamod v1.13もリリースされています。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.7.2をリリースしていました。エラー発生時により情報を表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.3をリリースしていました。wfs-file-injectorツールの追加などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 4.4.0をリリースしていました。データが問題ないかをWi-Fi経由でチェックする機能やPKSMのアップデートを待たなくてもデータをアップデートできる機能などワイヤレス機能の充実などが変更点です。

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT Touch gamepad, PC Engine(RetriX.UWP_1.5.11.0をリリースしていました。PCEngine対応などが変更点です。

●ツイッターで、CelesteBlue123氏がVitaで簡単にリカバリーを起動することができるユーティリティQuick Recoveryをリリースしていました。
https://twitter.com/CelesteBlue123/status/891777784103792640/

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がゲーム自体がネット接続機能を省電力のために無効化してしまう機能を無効化することができるtaiHENプラグインInfiniteNet v.1.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●N2Eliteチームが、Amiiboのデータを扱うことができるUSB NFCリーダー/ライターN2 EliteのAndroid向け管理アプリN2 Elite Android App v2.0.7をリリースしていました。SDカード以外のパスも選択できるようになったことやライブラリのアップデートなどが変更点です。また主にMac OS X向けの改良が施されたUSB R/W manager 2.0.1も合わせてリリースされています。

●GBATempで、moriczgergo氏がAmiiboのデータをバックアップ/リストアすることができるニンテンドー3DS向けユーティリティamibac v1.0.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、HiddenRambler氏がニンテンドー3DSでAmiiboデータをエミュレートするためのユーティリティNoAmiiをリリースしていました。現時点ではまだ開発初期段階で、最終的にはAmiiboのダンプデータを本物のAmiiboとしてゲームやアプリに認識させたいそうです。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、Thunder Hawk氏がニンテンドーDSのバックアップROMの情報を確認したりパッチを当ててFlashcartでバックアップ起動をできるようにするためのWindows向けユーティリティDS-Scene Rom Tool v1.0 build 1215をリリースしていました。

●arc13氏が、CFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションの非公式アップデート版FreeShop Release 3.1.4をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●ツイッターで、Pokémon GO公式アカウントが国内初のPokémon GO公式イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」の開催を発表していました。

●/talkフォーラムで、Freeplex氏がニンテンドー 2DS LLで基板上にNANDのテストポイントを発見し、それを利用してCFWのインストールに成功したことを発表していました。

●PSX-Placeで、Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch v1.6.3をリリースしたことを伝えていました。Vita版が追加されたことなどが変更点です。

●Hackinformerで、MrNbaYoh氏がニンテンドー3DS向けのタイトル『Flipnote Studio 3D』(うごくメモ帳 3D)にHomebrew Launcherを起動できるexploitが存在することを発表したことを伝えていました。new3DS/2DSの11.4と11.5で有効(旧3DS/2DSでは動作しない)だそうです。
ただ、残念なことに任天堂に脆弱性を報告するBug Bounty Programにリークされてしまった模様で、ダウンロードできなくなり対策されるのは時間の問題になってしまいました。

●ツイッターで、マルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA公式アカウントが3DSとVita向けのmGBA最新ビルドは一部ゲームでのパフォーマンス改善が著しいとのコメントを発表していました。

●GBATempで、OatmealDome氏がNintendo SwitchのオンラインゲームサービスにPCでアクセスすることができるユーティリティLoungeChair v1.0.6422.34538をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、moriczgergo氏がAmiiboに保存されているゲームデータを複製することができるami² v1.1.0をリリースしていました。

●VG247で、任天堂がSNES Classic Mini(ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン)の予約を8月末までには開始すると発表したことを伝えていました。

●マイクロソフトが、Xbox OneコントローラーをWindows 10 PCに接続することで、Xbox Oneと同じようにワイヤレスコントローラーとして利用できるようになる、従来製品より66パーセント小型化したアダプターXbox Wireless Adapter for Windows 10を8月8日に24.99ドルで発売すると発表していました。

●ツイッターで、hedgeberg氏がWii Uの最新ファームウェアである5.5.2でpegasus exploitが対策されていたことを確認したと報告していました。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.3をリリースしていました。Proコントローラーの不具合修正などが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.9.0cをリリースしていました。コントローラーの設定UIを変更したことやマウスによるジャイロ制御の改良などが変更点です。