Joy-Con Toolkit一覧

GameGaz Daily 2018.4.25

●ツイッターで、SciresM氏がSwitch TrustZoneファームウェア(5.0.0)を逆アセンブラツールIDA Proで解析するためのIDCスクリプトを公開していました。

●GitHubで、fail0verflowチームがNIntendo SwitchのTegra X1 bootrom exploit shofel2のソースコードを公開していました。

●Switchbrewで、Nintendo Switch Tegra X1のbootrom_ipatchについての詳細を公表していました。

●ツイッターで、Joonie86氏がPS4に5.53-01という謎のファームウェアアップデートが落ちてきたとコメントしていました。公式発表はありません。アップデートながら再起動は要求せず、PS4Proの一部ではアップデートに失敗したとの報告もあるとか。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v5.2.0をリリースしていました。Joy-ConのモーションIRカメラの設定項目追加などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.6.4をリリースしていました。ゲームカードスロットにカートリッジが未挿入場合SDK5/TWLSDKゲームを起動しようとするとドナーカードがないと動かない旨のメッセージを表示するようにしたことなどが変更点です。

●Xbox Japan Blogで、マイクロソフトが2018年4月26日(木)から2018年5月20日(日)までの期間限定で『Xbox One S 1TB (PlayerUnknown’s Battlegrounds同梱版)』と『Xbox One S 1TB (Forza Horizon 3同梱版)』を、4,000円(税抜)引きとなる25,980円(税込28,050円)で販売する「Xbox One S 1TB セールキャンペーン」を実施すると発表していました。PUBG欲しいっす。Xbox Oneは欲しくないけど。


GameGaz Daily 2018.3.30

●ツイッターで、SpecterDev氏がPS4 4.55のカーネルexploitについての記事を公開したことを公表していました。実際にはGitHubで公開されています。PS4向けですが、基本的にはFreeBSDベースのシステムには同じ脆弱性が存在しているそうです。

●GBATempで、Cpasjuste氏がDelphine Softwareが開発した横スクロール型アクションゲーム『Flashback』で使われているゲームエンジンREminiscenceをSwitchに移植したREminiscence v1.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●PSX-Placeで、esc0rtd3w氏がSSL証明書をPS3に追加/削除することができるユーティリティPS3Xploit v3 SSL Certificate Injector/Removerをリリースしていました。

●GitHubで、TheDarkprogramer氏が PS4のparam.sfoファイルを編集することができるユーティリティPARAM.SFO Editor V0.2をリリースしていました。PS3とPS4のSFOに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、jjolano氏がPS3のオープンソースFTPアプリケーションをプラグインにしたOpenPs3FTP Version 4.4(Experimental Release 1)をリリースしていました。実験的にマルチスレッド処理をサポートしたそうです。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v5.0.0をリリースしていました。Joy-ConのモーションIRカメラのキャプチャーに対応したことなどが変更点です。
Joy-Con Toolkit


GameGaz Daily 2018.3.2

●/talkフォーラムで、Arkanite氏がVita向けマルチメディアプレーヤーVita Media Center v.0.01aをリリースしていました。
Vita Media Center1
Vita Media Center2

●PlayStation.Blogで、3月1日(木)から3月14日(水)までの期間限定で、PlayStation Storeにおいて『グランツーリスモSPORT』や『コール オブ デューティ ワールドウォーII』などのタイトルを最大最大65%OFFで購入できる「SIE スーパーセール」を開催すると発表していました。

●PlayStation.Blogで、PS Plusで提供している「フリープレイ」におけるPlayStation 3、PlayStation Vitaコンテンツの配信を、2019年3月8日(金)をもって終了すると発表していました。

●GitHubで、LightningMods氏がPCでDNS設定を行わなくてもPS4のアップデートをブロックできるようにする、HENとDebug設定とFTPも可能な4.55に対応したオールインワンペイロードPS4-4.55-Update-Blocker-FTPをリリースしていました。

●GitHubで、Al-Azif氏がPS4 exploitを自分の環境で用意するためのps4-exploit-host v0.4.0.1をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、valentinbreiz氏が4.55のPS4でLinuxを読み込むことができるペイロードPS4 Linux Loaderをリリースしていました。

●GitHubで、xvortex氏がPS4 4.05向けのFTPサーバーペイロードFTPS4 1.2をリリースしていました。4.55に対応したことが変更点です。

●GBATempで、Rinnegatamante氏が『Hydra Castle Labyrinth』(迷宮城ハイドラ)をNintendo SwitchのHomebrew Launcher向けに移植したHCL-Switch v.1.0をリリースしていました。続々とSwitch向けにHomebrewが公開されていますね。
Hydra Castle Labyrinth

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v3.0.2をリリースしていました。SPIコマンドのチェック機能追加などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティNDS-Bootstrap v0.7.3をリリースしていました。DSiでのサウンドの不具合修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2018.2.24

制限を受けてデータベース接続エラーでこのサイトにアクセスしにくかった期間中に投稿できなかったちょっと古めのニュースも混じってます。ご了承ください。

●GitHubがTLSv1/1.1のサポートを2月22日で終了しました。そのためGitHubを使ってHomebrew自体でアップデート機能を持っていたものは利用できなくなるものが出てきています。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSで.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader v6.6.0をリリースしていました。nesDSを利用したNES(ファミコン)サポートなどが変更点です。

●GitHubで、Steveice10氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースCIAインストーラFBI 2.5.0をリリースしていました。コア部分のコードの調整やビルトインアップデートの機能修正などが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.6.0をリリースしていました。PCXビットマップビューアーの追加などが変更点です。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v3.0.0Joy-Con Toolkit v3.0.1をリリースしていました。Windowsのカラーピッカーと決別してデザインを一新したこと(v3.0.0)やバグ修正(v3.0.1)などが変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 1.1retroarch-clover 1.1bをリリースしていました。デモモードの修正(1.1)や最新のhakchi/hakchi2への対応などが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.2.2をリリースしていました。GBアイコンの色を修正したことなどが変更点です。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.7.1をリリースしていました。WindowsのDirect3D 11/12ドライバー実装などが変更点です。

なお、今回のリリースには含まれていませんが、次期バージョン1.7.2にはSwitchへの移植を検討しているようです。

●PlayStation.Blogで、SIEJAがPSN)の各機能をウェブブラウザで利用することができるウェブサービスMy PlayStationを公開したことを発表していました。フレンドの検索やフレンド依頼の送信、メッセージの送信がPCやスマホ、タブレットのブラウザから利用できるようになります。また、SENアカウントの管理もMy PlayStationに統合されるため、ブラウザ上から行うことができるようになります。

●IGN Japanで、東京ゲームショウ2018の開催概要が発表されたことを伝えていました。幕張メッセで2018年9月20日から23日まで開催され、eスポーツがメインテーマになりそうです。

●ツイッターで、plutoo氏がSwitch Homebrew LauncherでDNSサーバーを建てる時に利用するnx-hbexploit300をアップデートしたことを公表していました。システムの安定性が向上したそうです。

●GitHubで、pathway27氏がGekiHENコンテスト応募作品としてVita向けのドキュメントリーダーアプリケーションBookr Mod Vita v0.2.1をリリースしていました。ボタン選択が正しく保存されるようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、TeamShinkansenがNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 CE v1.1.0をリリースしていました。
hakchi2 CEはPCからNES/SNES Classic MiniへUSB経由でゲームの追加などを行うことができるClusterM氏のhakchi2改良版で、princess_daphie氏、DanTheMan827氏、skogaby氏の3人からなる、なぜか新幹線の名を持つTeamShinkansenが開発しているものです。UIの改良のみならず、hakchi2のコアを改良しUSBホストやSDカードのサポートなどを目標にしています。

●GitHubで、c0d3m4st4氏がRaspberry Pi(モデル問わず)を使い、exploitを発動するサーバーとして機能させたりファームウェアのアップデートをブロックしたりすることを想定したPiXploitHostをリリースしていました。現在はPS4のexploitのみ実装されていますが、ウェブブラウザでアクセスすることで発動するタイプのものはPS4に限らず利用できる可能性があります。

●GitHubで、BISOON氏がPS4に通知を送ることができるライブラリPS4Libをリリースしていました。

●PSXHAXで、Vultra氏がPS4 4.05で任意の情報を通知できるようにすることができるユーティリティPS4Notifyをリリースしたことを伝えていました。ソースコードはGitHubで公開されています。上記のPS4Libを利用しています。

●PS4 5.50 BETA3がテスター向けに配布されたようです。(サメットチャンさん情報ありがとね)


GameGaz Daily 2017.11.2

●GitHubで、mmozeiko氏がVitaのpkgファイルを復号化してzipファイルにまとめることができるユーティリティpkg2zip v1.6pkg2zip v1.7をリリースしていました。zipファイル作成の速度を2〜3倍に高速化(v1.6)したことや不具合修正(v1.7)が変更点です。

●PlayStation.Blogで、「ブラック」「アクア・ブルー」のPS Vita各本体とメモリーカード16GBを同梱した「PlayStation Vita 16GB バリューパック」を2017年11月22日(水)より数量限定で19,980円(税抜)にて発売すると発表していました。標準の本体価格は18,980円なので、+1,000円で16GBのメモリーカードが買えるセットということになります。

●WiiDatabaseで、Cyan氏がWaninkoko氏のWiiのUSB LoaderをベースにしたWiiのGUI版USBローダーUSB Loader GX v3.0 r1265をリリースしたことを伝えていました。Nintendontの設定を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v2.5.1をリリースしていました。全ての操作とモーションセンサー、キャリブレーションの読み込みに対応したことや温度値やバッテリー電圧の読み込みに対応したことなどが変更点です。


GameGaz Daily 2017.9.10

●GitHubで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v2.0をリリースしていました。シリアル番号を変更した時にSPIの未使用領域に元のシリアル番号をバックアップすることでシリアル番号を復元できるようにするプロテクト機能の導入などが変更点です。

●GBATempで、edicpop氏がニンテンドー3DS/DSをPCやAndroidのゲームパッドとして機能させることができるユーティリティedpJoy3DS/edpJoyDS 0.6.2をリリースしていました。クライアント側は3DS向けがedpJoy3DS、DS向けがedpJoyDSで、サーバー側はedpJoyDeb (linux-debian)、edpJoyMac、edpJoyWin、edpJoyAnd、edpJoyRpiDeb (raspberry piのlinux-debian)と多様な組み合わせでも利用できるようになっています。

●GitHubで、erman1337氏がニンテンドー3DS向けのテーマ管理マネージャーThemely v1.4.3をリリースしていました。QRコードリーダー画面の不具合修正などが変更点です。

●GitHubで、astronautlevel氏がニンテンドー3DS向けのテーマインストールやスプラッシュ画面入れ替えなどを行うことができる管理ユーティリティAnemone3DS v1.2.1をリリースしていました。QRコードリーダーの改良により高速化したことなどが変更点です。