IOS Patcher

You are currently browsing articles tagged IOS Patcher.

GameGaz Daily 2017.10.18




●/talkフォーラムで、skogaby氏がSnes9x 1.52をベースにしたVitaのRejuvenate環境向けスーパーファミコンエミュレータSnes9xVITA 1.0.0をリリースしていました。(とりさん情報ありがとね)

●GitHubで、esmjanus氏がPSP(ePSP)向けのスーパーファミコンエミュレータ(173210氏のsnes9xTYL MODの改良版) Snes9xTYL Mod 171017をリリースしていました。snes9xTYL Mod 171008で一部ゲームのステートセーブデータが破損する不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v4.00をリリースしていました。バブルの背景色変更に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.4をリリースしていました。EULA(使用許諾契約書)削除などが変更点です。

●GitHubで、Joel16氏がVita上で起動させるだけでそのVitaのプロセッサクロック周波数やバッテリー残量、ファームウェアやモデルナンバーなどの情報を表示することができるユーティリティVITAident v0.7.4をリリースしていました。コードの整理などが変更点です。

●GitHubで、 d3m3vilurr氏がNTRbootHaxで利用できるようFlash書き換え可能なFlashcartでファームウェアを書き換えるためのユーティリティak2i_ntrcardhax_flasher v3.3をリリースしていました。最新のflashcart_coreを適用したことなどが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS CFW/ rosalinaベースHomebrew Launcher向けのセーブデータマネージャーCheckpoint v2.0.2をリリースしていました。ファイルコピーで進行具合を表示する機能を追加したことなどが変更点です。

Tags: , , , , , ,

●GitHubで、mmozeiko氏がVitaのpkgファイルを復号化してzipファイルにまとめることができるユーティリティpkg2zip v1.3をリリースしていました。raw keyから生成された誤ったタイトルIDがwork.binに入れられてしまう不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、theheroGAC氏がTheFloW氏の開発したVitaのePSP向けカスタムファームウェア6.61 Adrenalineの非公式アップデートAdrenaline 6 M1 english versionをリリースしていました。CPUを444Mhzにオーバークロックする設定を追加したことが変更点です。イタリア語バージョンも公開されています。URLから察するにイタリア語バージョンがオリジナルっぽいです。

●GitHubで、MRGhidini氏がVitaのCMA(コンテンツ管理アシスタント)で使われるバックアップイメージファイルを復号、展開、再パック化することができるYifan Lu氏が開発したWindows向けコマンドラインユーティリティpsvimgtoolsのGUI版Psvimgtools Easy FrontEnd 1.7.2をリリースしていました。NoNpDrm向けにpkgを展開する機能を追加したことなどが変更点です。

●PSX-Placeで、Rudi Rastelli氏がPS3の分割ISOファイルを1つのISOイメージとして生成したりなどISOファイルを扱うためのツール集PS3 ISO TOOLS v2.2をリリースしたことを伝えていました。選択可能なファームウェアの上限を4.76にしたことやバグ修正などが変更点です。

●Playstationhaxで、zecoxao氏がEstwald氏のPSDK3v2にVitaのSDKをプラスした開発環境PSDK3v3をアップデートしたことを伝えていました。

●PSXHAXで、0x199氏が1.76 PS4でバックアップを起動する際のカーネルフックに利用するユーティリティPS4KernelHooksHelperをリリースしたことを伝えていました。

●bigboss氏が、PlayStatiion VRの解析情報を自身のブログで公開していました。

●サイバーガジェットが、ファミコンなどの古いゲーム機用カートリッジを接続してプレイできるレトロゲーム互換機「レトロフリーク」の新バリエーションとしてスーパーファミコン用ゲームをプレイすることに焦点を絞った『レトロフリーク ベーシック(SFC用)』を発売することを発表していました。「レトロフリーク」のようなACアダプタでの給電ではなくUSB給電になっています。(Lighgerさん情報ありがとね)

●GitHubで、FIX94氏がWii UでPPCのクロック乗数をアンロックすることでWii Uの速度でvWiiを動作させることができるユーティリティC2W Patcher v1.1をリリースしていました。

●GitHubで、Extrems氏がWii/GameCube向けのニンテンドー64エミュレーターWii64/Cube64を改良したMOD版Not64 20171003をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドー3DS CFW/ rosalinaベースHomebrew Launcher向けのセーブデータマネージャーCheckpoint v2.0.0をリリースしていました。DSカートリッジのサポート追加などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWiimmfi(ニンテンドーWi-Fiコネクションサービス終了後に同様のサービス継続を目的に作られたサービス)を利用できるようWiiWareをパッチすることができるユーティリティAuto WiiWare Patcher v2.1.4をリリースしていました。アップデートサーバーの変更(Windows版)が変更点です。Mac/Linux版は変更ありません。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.3をリリースしていました。アップデートサーバーの変更(Windows版)が変更点です。Mac/Linux版は変更ありません。

●WiiDatabaseで、FIX94氏がニンテンドーWii UのvWii(Wiiモード)でゲームキューブ起動を可能にするバックアップローダーNintendont v5.468をリリースしていました。f-zero axがPAL60で出力されるようパッチを追加したことが変更点です。

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.1をリリースしていました。単に延長サポート版 (ESR (EXTENDED SUPPORT RELEASE) だそうです。

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT PC-FX support(RetriX.UWP_1.7.13.0)をリリースしていました。

●Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch 1.6.7をリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

Tags: , , ,

●GitHubで、Yoti氏がPSP goで偽装ペアリングをすることができるユーティリティPSPgo Fake-Pair Tool v0.4をリリースしていました。動画ではFakeShock 3なるコントローラーとペアリングしたことになっていますが詳しい記述がないので用途がよくわかりません。

●ツイッターで、rereprep氏がPS Vitaのホームボタンの青色LEDを消灯することができるtaiHENプラグインNoLed v1.2を数日以内にリリースすると発表していました。

●Maxconsoleで、SvenGDK氏が無改造PS3のバックアップHDDにPS3のバックアップゲームを導入することができるWindows向けユーティリティPS3 Convert and Inject v1.0をリリースしたことを伝えていました。現在はPS3 Convert and Inject v1.1がリリースされています。

●wololo.netで、Miralatijera氏とDraqen氏がオフラインでVitaを機器認証することができるユーティリティMLTActivator 1.0をリリースしたことを伝えていました。wololo氏が情報源としているスペイン語サイトのdaxhordes.orgによるとMLTactivatorFIX2が最新版のようですので少なくともMLTActivator 1.0として最初にリリースされてから2回は修正版が公開されているようです。機器認証ができるためHenkaku環境の3.60 VitaでAdrenalineが利用できるようになります。

●Wiimm氏がWiiやゲームキューブのバックアップISOイメージやWBFSコンテナのモディファイなどができるWindows/Linux/Mac用コマンドラインユーティリティWiimms ISO Tools v3.00a r7387をリリースしていました。ライブラリdcLibの改良などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.0をリリースしていました。ソースコード自体にドキュメントを埋め込んでおいたことやバグ修正が変更点です。Mac/Linux版の変更はありません。

●GitHubで、TiniVi氏がニンテンドー3DSのARM9 exploit safehax r27をリリースしていました。FIRMペイロードサポートの廃止が変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSiでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v1.8.0をリリースしていました。Homebrewサポートの改良などが変更点です。

●GitHubで、emu_kidid氏がSD GeckoやIDE-EXIからゲームキューブのバックアップを起動させることができるオープンソースユーティリティSwiss v0.4r422をリリースしていました。チートファイル検出の不具合修正などが変更点です。

Tags: , , , , , , , ,

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v2.10をリリースしていました。起動画面で□を押すとM33ドライバーをインストールするようになったことなどが変更点です。

●GitHubで、Steveice10氏がニンテンドー3DS向けのオープンソースCIAインストーラFBI 2.4.11をリリースしていました。TitleDBリスト読み込み時にクラッシュする可能性がある不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.7.6をリリースしていました。Windows Patcherのパスを変更したので昨日リリースのv1.7.5はもう利用できません。

●GitHubで、Aurora Wright氏がニンテンドー3DS向けのカスタムファームウェアLuma3DS v8.1.1をリリースしていました。SDカード/CTRNANDからの拡張ヘッダー読み込みに対応したことなどが変更点です。

Tags: , , ,

●PSX-Placeで、Joel16氏がVitaでVSH Menuを表示するVita向けtaiHENプラグインUltimate VSH Menu v1.00をリリースしていました。

●GitHubで、Yifan Lu氏がUSBストレージデバイスをVitaのメモリーカードとしてマウントすることができるプラグインusbmc v4をリリースしていました。

●GitHubで、Voxel9氏がHENkaku EnsoをインストールしたVitaにTestkitファームウェアをインストールしたりTestkitバージョン偽装プラグインをインストールすることによりデバッグ設定を有効にすることができるユーティリティTestkit Installer Deluxe v0.1-alphaをリリースしていました。

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.4をリリースしていました。wfs-file-injectorの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.3.0をリリースしていました。RTC (リアルタイムクロック)サポートなどが変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.7.5をリリースしていました。自動アップデート機能の実装などが変更点です。

●PSX-Placeで、BenMitnicK氏がuma0をサポートした上で最新のAdrenalineソースコードでコンパイルしたAdrenalineのMOD版adrenaline-ENをリリースしていました。umaはUSBドライブをマウントするディレクトリで、SD2Vita(ゲームカードのmicroSDアダプター)がuma0:へマウントできたりします。

Tags: , , , , , ,

8月に入ってから超多忙でまともに記事が書けませんでした。毎日情報提供して下さったみなさまありがとうございます。この場を借りて、まとめて御礼申し上げます。(みなさん情報ありがとね)

●GitHubで、HiddenRamblings氏が小型のNTAG215タグに3DSからAmiiboのダンプファイルを書き込みすることができるユーティリティThenaya 0.7をリリースしていました。旧3DSでのテキストの不具合修正が変更点です。

●GitHubで、rsn8887氏がVita向けのアーケードエミュレータPFBA(Portable Final Burn Alpha)のUIを改良するなどしたMOD版PFBA Vitamod v1.10をリリースしていました。ボーダー表示不具合の修正が変更点です。
また、ジョイスティック制御の不具合を修正したPFBA Vita
mod v1.11、1.11で動作がおかしくなったアナログコントロールの不具合を修正したPFBA Vitamod v1.12、アナログスティックの設定を見直したPFBA Vitamod v1.13もリリースされています。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.7.2をリリースしていました。エラー発生時により情報を表示するようにしたことなどが変更点です。

●GitHubで、koolkdev氏がニンテンドー Wii Uのファイルシステム(WFS)向けのライブラリとツールWFS Tools v0.3をリリースしていました。wfs-file-injectorツールの追加などが変更点です。

●GitHubで、BernardoGiordano氏がニンテンドーDS/3DS向けのポケモンタイトルのセーブデータエディタPKSM 4.4.0をリリースしていました。データが問題ないかをWi-Fi経由でチェックする機能やPKSMのアップデートを待たなくてもデータをアップデートできる機能などワイヤレス機能の充実などが変更点です。

●GitHubで、Aftnet氏がマルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArchのLibretroコアをWinRTコンポーネントに移植しUniversal Windows Platform(UWP)に対応したLibretroRT Touch gamepad, PC Engine(RetriX.UWP_1.5.11.0をリリースしていました。PCEngine対応などが変更点です。

●ツイッターで、CelesteBlue123氏がVitaで簡単にリカバリーを起動することができるユーティリティQuick Recoveryをリリースしていました。
https://twitter.com/CelesteBlue123/status/891777784103792640/

●/talkフォーラムで、Rinnegatamante氏がゲーム自体がネット接続機能を省電力のために無効化してしまう機能を無効化することができるtaiHENプラグインInfiniteNet v.1.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●N2Eliteチームが、Amiiboのデータを扱うことができるUSB NFCリーダー/ライターN2 EliteのAndroid向け管理アプリN2 Elite Android App v2.0.7をリリースしていました。SDカード以外のパスも選択できるようになったことやライブラリのアップデートなどが変更点です。また主にMac OS X向けの改良が施されたUSB R/W manager 2.0.1も合わせてリリースされています。

●GBATempで、moriczgergo氏がAmiiboのデータをバックアップ/リストアすることができるニンテンドー3DS向けユーティリティamibac v1.0.0をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、HiddenRambler氏がニンテンドー3DSでAmiiboデータをエミュレートするためのユーティリティNoAmiiをリリースしていました。現時点ではまだ開発初期段階で、最終的にはAmiiboのダンプデータを本物のAmiiboとしてゲームやアプリに認識させたいそうです。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、Thunder Hawk氏がニンテンドーDSのバックアップROMの情報を確認したりパッチを当ててFlashcartでバックアップ起動をできるようにするためのWindows向けユーティリティDS-Scene Rom Tool v1.0 build 1215をリリースしていました。

●arc13氏が、CFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションの非公式アップデート版FreeShop Release 3.1.4をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●ツイッターで、Pokémon GO公式アカウントが国内初のPokémon GO公式イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」の開催を発表していました。

●/talkフォーラムで、Freeplex氏がニンテンドー 2DS LLで基板上にNANDのテストポイントを発見し、それを利用してCFWのインストールに成功したことを発表していました。

●PSX-Placeで、Libretroチームが、マルチプラットフォームのマルチシステムエミュレーターRetroArch v1.6.3をリリースしたことを伝えていました。Vita版が追加されたことなどが変更点です。

●Hackinformerで、MrNbaYoh氏がニンテンドー3DS向けのタイトル『Flipnote Studio 3D』(うごくメモ帳 3D)にHomebrew Launcherを起動できるexploitが存在することを発表したことを伝えていました。new3DS/2DSの11.4と11.5で有効(旧3DS/2DSでは動作しない)だそうです。
ただ、残念なことに任天堂に脆弱性を報告するBug Bounty Programにリークされてしまった模様で、ダウンロードできなくなり対策されるのは時間の問題になってしまいました。

●ツイッターで、マルチプラットフォームゲームボーイアドバンスエミュレータmGBA公式アカウントが3DSとVita向けのmGBA最新ビルドは一部ゲームでのパフォーマンス改善が著しいとのコメントを発表していました。

●GBATempで、OatmealDome氏がNintendo SwitchのオンラインゲームサービスにPCでアクセスすることができるユーティリティLoungeChair v1.0.6422.34538をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●GBATempで、moriczgergo氏がAmiiboに保存されているゲームデータを複製することができるami² v1.1.0をリリースしていました。

●VG247で、任天堂がSNES Classic Mini(ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン)の予約を8月末までには開始すると発表したことを伝えていました。

●マイクロソフトが、Xbox OneコントローラーをWindows 10 PCに接続することで、Xbox Oneと同じようにワイヤレスコントローラーとして利用できるようになる、従来製品より66パーセント小型化したアダプターXbox Wireless Adapter for Windows 10を8月8日に24.99ドルで発売すると発表していました。

●ツイッターで、hedgeberg氏がWii Uの最新ファームウェアである5.5.2でpegasus exploitが対策されていたことを確認したと報告していました。

●GBATempで、CTCaer氏がNintendo SwitchのJoy-Conの表示色を変更したりSPI flashメモリのバックアップなどをすることができるWindows向けユーティリティJoy-Con Toolkit v1.3をリリースしていました。Proコントローラーの不具合修正などが変更点です。

●Cemuチームが、ニンテンドーWii Uの市販ゲームのバックアップを起動することができるWindows向けWii Uエミュレータの正式版Cemu 1.9.0cをリリースしていました。コントローラーの設定UIを変更したことやマウスによるジャイロ制御の改良などが変更点です。

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

« Older entries