Homebrew Filter

You are currently browsing articles tagged Homebrew Filter.

ゲーム最新情報 2012年6月1日のニュース




●Wii-Homebrewで、scooby74029氏がSDカード上にあるWiiのNANDへアクセス/起動できるNANDエミュレーションSNEEKに必要なファイルをSDカードにインストールするためのPCユーティリティSneek InstallerのMOD版SneekyCompiler SSE v1.5をリリースしたことを伝えていました。GUIの変更などが行われたそうです。

●Wii-infoで、Extrems氏がWii/GameCube向けのニンテンドー64エミュレーターWii64を改良したMOD版Not 64 Beta 1.1をリリースしていました。エミュレーターのスピードを可変できることなどが特徴です。

●Nintendo Universeで、任天堂が公式Wii U Facebookページで近くWii Uとの同時発売タイトル名を公表することを示唆していたことを伝えていました。E3でのカンファレンスで、という意味だと思います。

●ツイッターで、KDSBest氏がx86 PCでPS3のSPU(プロセッサコア)をエミュレートする開発者向けユーティリティSPU Emulation Beta 2をリリースしていました。ダンプ機能を追加したそうです。

●ゆうの開発所兼物置きで、yuh0q223氏がWindowsライクなユーザーインターフェースを持つPSP向けファイルマネージャーPSPTreeExplorer v1.2をリリースしていました。

v1.2
拡張子設定の追加(extension.ini)
ini設定項目追加
各種エラーチェックの強化
スクロールバーの歪みを修正
テキストエディタの強化
ボタン取得部分の変更
プロパティで拡張子ごとに一部詳細情報が出るようにした
メイン画面でとても階層数が多く、ファイル名がはみだしてしまうとにはずらして読めるようにした
(階層数が多い時のためであって、アホみたいに長いファイル名のときは不便かも…)
ファイルの複数圧縮をできるようにした
(複数のファイル、フォルダを選択しているとプロパティがzip圧縮になります)
zip解凍時のパスワード入力後の不具合修正
ファイル操作中のキャンセルを常時反応するようにした
(途中でできた破損ファイルは各自で消してください)

●PSX-sceneで、Team CobraがUSBドングルCobra-USB向けのバックアップマネージャmmCM v04.03.00をリリースしたことを伝えていました。ISOフォーマットのDVDビデオの読み込みに対応したことなどが変更点です。なお、mmCM(multiMAN Cobra Manager)の後継のファイルマネージャーmmOSについても変更履歴で述べられており、今までより10から15倍少ない1〜2MBのRAMで動作することやデスクトップ環境やタスクバーの存在が記されています。

●PS3NEWSで、Naehrwert氏がPS3のCoreOSイメージの情報表示や展開などをすることができるユーティリティQuick PS3 CoreOS Image Tool(のソースコード)をリリースしたことを伝えていました。

●PS3NEWSで、HyperkinがPS3のチートデバイスPS3 Game Genie Save EditorをE3で発表することを伝えていました。USBフラッシュメモリーにPCとPS3間でセーブデータをやり取りするアプリケーションが入っており、同じくUSBフラッシュメモリー内にあるセーブデータを編集するPC向けアプリケーションでセーブデータを編集しPS3に書き戻す仕組みだそうです。発売は7月初週の予定です。

●Engadget 日本版で、PlayStation VitaのYouTubeアプリが6月末からプレイステーションストアで無料で配信されることを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r39をリリースしたことを伝えていました。バグ修正やインストーラーへ新たにHomebrew Filter再インストールオプション追加が変更点です。

●Wii-Homebrewで、FIX94氏がWiiのフロントのSDカードからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるDIOS MIOS LiteやUSBストレージデバイスから起動させるDIOS MIOSを利用してSDカードやUSBストレージのルートにあるGamesフォルダからバックアップゲームを起動させることができるローダーDIOS MIOS Booter rev15をリリースしたことを伝えていました。

Tags: , , , , , , , , ,

●MCVで、ソニーがE3のプレスカンファレンスを6月4日の18:00am(PDT)に開催すると発表したことを伝えていました。

●exophaseで、マイクロソフトがE3のプレスカンファレンスを6月4日の10:00am(PDT)に開催すると発表したことを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.5をリリースしたことを伝えていました。Yet Another WadManager Mod(ドイツ語版)のダウンロードが可能になったことなどが変更点です。

●Nintendo Universeで、任天堂の宮本茂氏がスペインの新聞El Mundoのインタビューの中で今年のE3でWii U向けタイトルとしてマリオタイトルを公開すると発言したことを伝えていました。また、失敗すると思っていなかったWii Musicに再チャレンジしたい意向も示しています。
[追記]
CVGで、任天堂のスポークスマンがWii Uのマリオは昨年のE3で公開されたデモがベースになっていると説明したことを伝えていました。昨年のE3でのデモは3Dではなく2Dのごく普通の横スクロールゲームでなんの驚きもないことから、CVGでは任天堂が何か大きな秘密を隠しているのでなければガッカリだとコメントしています。

●PSPGENフォーラムで、Team LightDevがPSPのXMBでL+Rのボタンコンボで/PSP/GAME/LDBootVSHフォルダに入れたEBOOT.PBPを直接起動することができるようにするプラグインLDBootVSH 1.00をリリースしたことを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r38をリリースしたことを伝えていました。アプリ情報ダイアログの変更やバグ修正などが変更点です。

Tags: , , ,

●wololo.netで、香港版の『Everybody’s Tennis』(みんなのテニス)は日本や欧州版、北米(UMD)版とは異なりexploitが見つかっていないことを伝えていました。十分あり得る話です。先にチェックしておかないとマズいです。

●PS3Haxで、Glowball1氏がPS3のカスタム起動ロゴを作成するためのユーティリティGlowball1′s PS3_Gamebootをリリースしたことを伝えていました。チュートリアルも公開されているそうです。
ソニーはPS3Slim発売に合わせて公開したファームウェアで下記のような起動ロゴを削除しました。
httpv://www.youtube.com/watch?v=kjaABg4aNVc
カスタム起動ロゴはこのようになります。
httpv://www.youtube.com/watch?v=VqS51Y0V1Nk
httpv://www.youtube.com/watch?v=q9ppZl_g5mw
httpv://www.youtube.com/watch?v=sPajE3KinBY
httpv://www.youtube.com/watch?v=d1ckoo2c7A4

●Playstation Lifestyleで、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジルにおいてPS3で写真やビデオを編集することができるアプリケーションPlayMemories Studioが今日公開されることを伝えていました。PS HomeのホームコミュニティマネージャーCade PetersonがPlaystation Lifestyleに語ったもので、PlayMemories StudioはPSPやPS Vitaでのリモートプレイにも対応しているそうです。

●Wii-Homebrewで、Yoshi9288氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)をインストールするためのユーティリティDML Toolkit v1.3.1をリリースしたことを伝えていました。重要な設定を含むファイルを自動ダウンロードするようにしたことや、最新バージョンのナンバーを表示するようにしたことなどが変更点です。

●MaxConsoleで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter rev37をリリースしたことを伝えていました。アップデート機構の改良やIOS253が存在する時にインストーラーがクラッシュするバグの修正などが変更点です。

●Nintendomaxで、NekuSoul氏がニンテンドー3DSで再生できるよう動画(3Dにも対応)を変換することができるWindows用ユーティリティ3DS Video Converter v2.3 Beta 2をリリースしていました。

●MaxConsoleで、SoulHeaven氏がXbox 360でReset Glitch Hackを利用するためのデバイスx360Glitchipsのチップに書き込みするためのプログラマツール360gcProg 1.4をリリースしたことを伝えていました。Xenonマザーボードに完全対応したそうです。

●ツイッターで、plum氏がFW6.XXのPSPで複数枚UMDソフトのバックアップISO/CSOでのプレイ時にISO・CSOの交換を行うことができるプラグインisochange_v3をリリースしていました。
ソースコードも公開されています。

NIDResolverが搭載されているCFW全てに対応した
M33, ME, PROの全てのFWの全てのISOドライバーに対応できたはず…

●Wii-Homebrewで、eN-t氏がWiiのフロントのSDカードインターフェースからゲームキューブのバックアップゲームを起動させるためのオープンソースユーティリティDML (Dios Mios Lite)を簡単にインストールできるようWADファイルに変換したりUSBバックアップマネージャーやゲームキューブをリッピングするためのCleanipなどのツールをダウンロードできるユーティリティDMLizard v1.2をリリースしたことを伝えていました。

●カスタマイズWiiで、K-M氏がWiiのセーブデータ用ユーティリティSaveGame Manager GX r124 日本語版をリリースしていました。

更新内容
*BGM選択でフリーズする問題を修正
*カスタムパス作成の問題を修正
*内部的な機能の変更・追加

Tags: , , , , , , , , ,

●SCEがPlayStation Networkのパスワード変更を可能とするPlayStation 3システムソフトウェア ver.3.61のアップデートを全世界で開始したと発表していました。バージョン3.61にアップデート後、初めてPlayStation Networkにサインインするとき、パスワードの変更が必要となるアップデートですが、日本ではシステムソフトウェアのアップデート後、すぐにパスワードの変更をすることはできず、PSNサービス再開時期については「決まり次第、公式サイト等でご案内」となっています。
PSPのパスワード変更についても、日本でPSNのサービスが再開されたら案内するとしています。当然PSPでパスワード変更を可能とするファームウェアアップデートも公開されるでしょう。

●eXophaseで、ソニーのサーバーを攻撃したハッカーはアマゾンのクラウドサービスEC2をプロキシに利用していたことが分かったと伝えていました。アマゾンは偽情報でサインアップはできてもクレジットカード情報は正規のカード番号が必要であるため、FBIはアマゾンからサービスの利用履歴や支払い履歴を得て調査をする方針のようです。

●US PlayStation Blogで、平井一夫氏からのビデオメッセージを紹介していました。ユーザーに不便をかけたことを詫びる(といっても頭下げてる詫び方ではないし、超眺めがいい高層ビルの上層階でいかにも偉い人っぽい机+イスに座って上から目線で言われても…)と共に、今後のPSNの方針などを力説しています。

●PSX-sceneで、マルチリージョンブルーレイ対応機能やブルーレイ・DVDのISOをHDDから再生する機能、PSOneやPSP Minis、4GB以上のPS3バックアップ(外付けHDDから)もサポートしているPS3のUSBドングル“Cobra-USB”をレビューサイト向けと初期予約分が発送されたことを伝えていました。PS2互換機能を持つPS3FATでしか機能しませんが、2週間以内にリリース予定のCobra-USBのファーウウェア2.0でPS2のバックアップISOサポート機能を用意しているそうです。

●Joystiqで、売れていないXperia Playの今後についてソニー・エリクソンのマーケット開発担当責任者Dominic Neil-Dwyer氏が今年のE3でアナウンスを行うと語ったことを伝えていました。ゲームタイトルの発表や対応デバイス追加の発表のようです。

●GBAtempで、davebaol氏がWiiのカスタムIOSであるwaninkoko氏のcIOSX rev21のEHCIモジュール改良版cIOSX rev21d2x v4 Beta 4をリリースしたことを伝えていました。ES – Addedに”return to channel”機能追加などが変更点です。

●GBAtempフォーラムで、jskyboo氏がWiiにIOSやチャンネル、システムメニューなどをインストールすることができるユーティリティWii Mod 2.6をリリースしていました。IOSチェックスキップのためのオプション2項目追加、cboot2/sneek/uneek対応などが変更点です。

●GBAtempで、R4i Gold teamが3DS対応ではない古いタイプのFlashcart R4i GoldをDSiのファームウェア 1.4.2への対応と同時に3DSにも対応させることができるR4i Gold 1.4.2 Patch For Older Cartsをリリースしたことを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r34をリリースしたことを伝えていました。Homebrew Filter内でのmeta.xml編集機能、スタート時の自動ネットワーク初期化を無効する(再度有効にすることも可能)機能に対応、プラスマイナスボタンとLRボタンの機能入れ替えに対応などが変更点です。

●XboxHacker BBSで、Electon^-氏がベータ版ダッシュボードアップデートでファームウェアを書き換えてしまったXbox 360 LiteOn FATドライブからkey抽出などをすることができるWindowsおよびUNIX用ユーティリティe-Tool v0.2をリリースしていました。

Tags: , , , , , , , , , ,

●/talkフォーラムで、kgsws氏がPSP-1000(TA-079)でしか動作確認できていないとしながらもPSPのHENを再起動後も有効にできるためCFWの恒久的なインストールに繋がるかもしれないとしてそれを実現するモジュールfake lfatfsをリリースしていました。試したい場合の方法は以下だそうです。

    - OFW 6.20をインストール
    - HENをインストールしてPSP Filerを起動
    - オリジナルのlfatfs.prxを取り出す
    - オリジナルのlfatfs.prxを復号し、kirkヘッダーを後で偽装暗号化する時に使うので入手しておく
    - fake lfatfs.prxをコンパイルする
    - append zeros to fake lfatfs.prxにゼロを付加し、非圧縮状態でもとのファイルサイズより大きくしておく
    - gzipでfake lfatfs.prxを圧縮し、オリジナルのgzip圧縮したlfatfs.prxより少なくとも16バイトは小さいサイズにする
    - 何らかの暗号化ユーティリティでfake lfatfs.prxを暗号化する。オリジナルのlfatfs.prxやkirkヘッダーなどは別途保存しておく
    - fake lfatfs.prxをflash0:/kd/のオリジナルlfatfs.prxに上書きコピーする
    - PSPを再起動する

●PSP Custom Firmwareで、Ozone氏とCode_R3D氏がPSPのカスタムファームウェア6.35 X33-X1 Betaをリリースしたことを伝えていました。FAKEではなかったようです(ゲーム最新情報 2011年3月4日のニュース参照)。VSH Menuでの不具合の修正とゲーム中にフリーズする不具合の修正が行われたそうです。

●Elite PSP Gamerzで、NightStar3氏がPSPの6.20/6.31/6.35でカスタマイズしたリソースファイル(.rco)やgamebootファイル(.pmf)をメモリースティックやPSP goの内蔵flashから読み込むことができるプラグインZeroRCO Patcher v0.2をリリースしていました。

●PSGrooveで、Crisetbets氏がHomebrewの互換性が十分とは言えないWaninkoko氏のCFW v3.55 v2の機能を補完すべくバックアップマネージャーGaia Managerを改良したGaia Manager for Waninkoko’s CFW v3.55をリリースしたことを伝えていました。Gaia Manager自体は全くアップデートしておらず、単にCFW v3.55 Waninkokoに対応させた形のようです。

●PSCrunchで、Hades TeamのNesi_Tor氏が初期バージョンのCFW WaninkokoでbrickしてしまったPS3を修復してくれるユーティリティCVOS v3.1 BETAをリリースしたことを伝えていました。ただしスペイン語表記だそうです。

●PSCrunchで、Graf_Chokolo氏が改良版PS3 Linux kernelとPS3 Dispatcher Manager(PS3DM)をリリースしたことを伝えていました。Graf_Chokolo氏曰く、裁判で押収されたPS3とPCが戻り次第活動を活発化させると宣言しているようです。

●PS3-ITAで、DarkHacker氏が発見したexploit(ゲーム最新情報 2011年3月7日のニュース)についてDarkHacker氏はPS3でHomebrewを実現できるMODチップにつながるとの見通しを示したことを伝えると共に、もしMODチップが実現すればexploit対策の術がないため訴訟を起こしても意味がなくなるだろうと伝えていました。ホントかな?ジョークexploitなのでは?

●exophaseで、SCEワールドワイド・スタジオ社長 吉田修平氏がNGP(PSP2)の開発への取り組みの姿勢はSCEワールドワイド・スタジオ以外の開発者やパブリッシャーへ足を運び意見を聞いてそれを製品に反映させていた初代PlayStationの頃を思い出させると語ったことを伝えていました。NGP(PSP2)への本気度を示したかったようです。

●Developで、SCEワールドワイド・スタジオ社長 吉田修平氏がAndroid端末でPSコンテンツが楽しめるPlayStation Suiteについて開発の主役は小規模の開発スタジオだと語り、iPhoneコンテンツの開発者の参加を呼び掛けていることを伝えていました。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r32をリリースしたことを伝えていました。オンラインでChannel Installerからのみ利用可能(dolファイルは提供されないがオンラインアップデートには対応)、言語ファイルがフォントとテーマが個別ダウンロードに対応、SDとUSBのソート時のバグ修正、設定のNANDへの保存に対応などが変更点です。

●オーストラリアの販売店OzModChipsに中国からAmazekardなるニンテンドー3DSで動作するFlashcartの動画が送られてきたそうです。名前もカーネルもAcekardのクローンにしか見えないところがオドロキ。

●Pocketlintで、任天堂が今年のE3でWii2を発表するという噂があることを伝えていました。そのWii2はブルーレイを搭載しプロジェクターを内蔵しているらしいです。

●VG247で、Wedbush MorganのアナリストMichael Pachter氏がマイクロソフトは今年のE3でXbox 360とKinectのセット価格を300ドル以下になるよう値下げするとの予測を示したことを伝えていました。その値下げをきっかけにWii、PS3も値下げに踏みきり、今年の年末商戦でのゲーム機本体の価格は今より50ドルは安くなっているだろうとの予測もしているそうです。

●ツイッターで、plum氏がPSPのXMBの操作をLRトリガーやアナログスティックでもできるようにするプラグインctrl.prxをリリースしていました。

●Developで、マイクロソフトがXboxコンソールアーキテクチャグループの”グラフィックハードウェア設計者”と”パフォーマンスエンジニア”の人材募集広告を出していることを伝えていました。次世代ゲーム機をコンセプト段階から携わる仕事と表現しているためXbox 720とも言われていた次世代Xboxは現在開発の極初期段階で、XboxおよびXbox 360は開発期間が24ヶ月だったことからXbox 360の次世代機は計算上2013年発売で、発表自体は2012年のE3で行われるだろうとしています。

Tags: , , , , , , , , , , , ,

●ファミ通.comで、今年の東京ゲームショウ2011は、2011年9月15日(木)~9月18日(日)までの4日間、幕張メッセにて開催されることを伝えていました。一般公開日は9月17日(土)~9月18日(日)です。

●Wii-Homebrewで、hamachi-mp氏がWiiのHomebrew Channelと同等の機能を持つオープンソースユーティリティーHomebrew Filter r31 Betaをリリースしたことを伝えていました。NTFSのサポート、gc_appsフォルダにあるGamecube Homebrewのサポート、最後に使用したデバイス(SD/USB)を記憶するよう変更、カテゴリーごとねアルファベット順並び替えに対応、Bボタン長押しでアプリケーション移動機能対応、メニューおよびパスワード部分のGUI若干変更、SDとUSBにあるアプリケーションの同時表示対応、設定をSDおよびUSBへ保存対応が変更点です。

●PSPのCFW 6.35 PROをVirtuous Flame氏と共に開発している(Liquidzigong氏)Coldbird氏が、自身のブログで6.35 PROの今後の予定を掲載していました。内容は
・アップデートした場合はhttp://pro.coldbird.co.ccで公開される
・開発最中にすでに2台PSPを壊しているが寄付金は非常にありがたいので、寄付はいつでも受け付ける
・今付き合っている彼女と1~2年以内には結婚することにした
・もうすぐ休み明けで学校が始まるので忙しくなる
最初は6.35 PROのアップデート情報ですが、確かに途中でプライベートな話のアップデート情報も書くとは言ってます。ニュースにした私が間違いだったのかもしれません。

●PSX-sceneで、ソニーがPSNのサービス規約を改訂しユーザーに対して強制的にソニーのスパイ行為を無条件で認めさせると共に一切の非ライセンス品の利用をしないことに同意させる内容にしていることを伝えていました。ライセンス品に限定と、ハッキング対策に留まらず柔軟な解釈ができる内容なのが気になります。

●SKFU’s Blogで、SKFU氏がソニーはPS3のBANをユーザーアカウントと本体IDで行っており、PS3とソニーサーバーのやり取りはモディファイできるので全く無関係の別人がBANされる可能性があるとして、BANするのであればソニーによる二重のチェックが必要だと主張していました。PSNでソニーが利用しているやり取りを復号して解析(ゲーム最新情報 2011年2月17日のニュース参照)されてしまったことを受けての意見のようです。

Tags: , , ,