HENkaku Android

You are currently browsing articles tagged HENkaku Android.

GameGaz Daily 2016.9.18




●GitHubで、d3m3vilurr氏がHENkaku環境のVitaで復号化された状態のゲームセーブデータをダンプ/リストアすることができるユーティリティVita Save Manager v0.4.1をリリースしていました。一部のゲームで復号できない不具合を修正したそうです。

●PSX-Placeで、 GekiHENコンテスト応募作品としてRinnegatamante氏がテキストチャットをするためのVita HENkaku環境向けIRCクライアントLuaIRC v 1.1をリリースしたことを伝えていました。プライベートメッセージのサポートやバグ修正などが変更点です。

●PSX-Placeで、 GekiHENコンテスト応募作品としてcpasjuste氏が縦スクロールゲームのOpenTyrian(もともとはDOS向けのゲームTyrianをオープンソース化したもの)をVitaに移植したvOpenTyrianをリリースしたことを伝えていました。

●Githubで、codestation氏がAndroid端末をHENkakuサーバーとして動作させるためのアプリケーションHENkaku Android 1.6をリリースしていました。HENkaku Release 6とVitaShell v1.00に対応したことが変更点です。

●PPSSPP公式サイトで、Henrik Rydgard氏がオープンソースのAndroid/Windows向けPSPエミュレータPPSSPP 1.3をリリースしていました。Android TVでの不具合の修正やTegra K1/X1でのレンダリングの不具合をはじめとしたバグ修正が主な変更点です。

●Githubで、francesco2013氏がPS3のバックアップマネージャーPS3-Manager 0.41aをリリースしていました。スクリプトの改良などが変更点です。

●GitHubで、Cruel氏がCFWで起動しているニンテンドー3DS向けのオープンソースeショップクローンアプリケーションfreeShop v2.1.2をリリースしていました。リリース日時ごとの並び替えに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのコンテンツをダンプしたり復号したりすることができるユーティリティDecrypt9WIP all-in-one 20160823をリリースしていました。CTRNAND転送方法が変更されました。

●Githubで、bubble2k16氏がSnes9x v1.43をベースに旧3DS向けに最適化したスーパーファミコンエミュレータSNES9x 3DS v0.5をリリースしていました。グラフィックレンダリングの最適化機能の実装などが変更点です。

●PSX-Sceneで、soywiz氏がJavaをVitaのHENkaku環境で起動させることに成功したと伝えていました。

run-java-on-ps-vita

●/talkフォーラムで、BeatPlay氏がHENkaku環境のVitaでCPU/BUS/GPUクロック周波数を最大444/222/222MHzにオーバークロックさせることができるプラグインBetter Amphetamin Plugin v3.2をリリースしていました。GPU XBAR周波数の追加や設定ファイルの追加、バッテリーの温度表示の追加などが変更点です。(哘さん情報ありがとね)

Tags: , , , , , , , , ,

●wololo.netで、Team Moleculeのxyz氏がインターネット接続不要環境でVita単独でHENkakuインストールを可能にするHENkakuのオフラインサポートを開発中であることを伝えていました。

●ツイッターで、codestation氏がAndroid端末をHENkakuサーバーとして動作させるためのアプリケーションHENkaku Android 1.1をリリースしていました。apkファイルはhttps://github.com/codestation/henkaku-android/releasesにあります。

●Githubで、masterfeizz氏がPC向けニンテンドーDSエミュレータDeSmuMEをVitaのHENkaku環境向けに移植したDeSmuME-Vita v0.2をリリースしていました。サウンドに対応できるようになったことやDSのHomebrew起動に対応したことなどが変更点です。

●PSX-Sceneで、atreyu187氏がvitaShell v0.7にmolecularShellのインストールオプションを組み込むなどの改良をした非公式アップデート版(Unofficial) molecularShell v0.7 Updateをリリースしていました。

Tags: , , ,