hax 2.8

You are currently browsing articles tagged hax 2.8.

PASLR対策&HANSアップデート hax 2.8 BETA by smea




ツイッターで、smea氏がhax 2.8 BETAをリリースしていました。(Deusさん、かみたまさん、Cyanogenmodさん情報ありがとね)

「PASLR対策&HANSアップデート hax 2.8 BETA by smea」の続きを読む

Tags: , , , ,

ツイッターで、smea氏がhax 2.8 ベータがまもなく完成する予定であることを公表していました。

「smea氏が開発中のhax 2.8 近く公開か」の続きを読む

Tags:

●/talkフォーラムで、luck氏がHENkakuとtaiHenをインターネット接続なしに切り替えすることができるユーティリティSwitchkaku v1.04.1をリリースしていました。HENkakuが未対応なために圧縮Homebrewサポートを無効化したそうです。

●wololo.netで、Aurora氏がHENkaku(taiHEN)環境のVitaとroot化していないAndroid(4.0.3以降)でTurboFTP(バージョンは3.6)というアプリを使いux0(Vitaのメモリーカード)へアクセスしてファイル転送するためのチュートリアルを公開していました。

●PSXHAXで、jjkkyu氏がPS3のバックアップHDDにIDPSなしでファイルを挿入したり購入したゲームのEDATファイルをアンロックしたりすることができるWindows向けユーティリティTrueAncestor Backup Retailer v2.15をリリースしたことを伝えていました。ユーザーID検出機能の改善が変更点です。

●PlayStation.Blogで、PlayStation 3タイトルをネットワーク経由でプレイすることができるストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」を2016年12月13日(火)から2017年1月12日(木)までの期間限定で定額サービスの利用権を最大61%割引するディスカウントキャンペーンを開始すると発表していました。1ヶ月利用権は通常2,500円(税込)が980円(税込)に、3ヶ月利用権は通常5,900円(税込)が2,300円(税込)になります。

●GitHubで、FIX94氏がニンテンドーWii UのIOSU exploitを使うiosuhaxを利用することで
ゲームのセーブデータexploitなしでvWiiにHomebrew Channelをインストールするwuphax v1.1u1をリリースしていました。

●GBATempで、dimok氏がiosuhaxを利用したニンテンドーWii U向けのカスタムファームウェアMocha CFWをリリースしていました。現在はMocha CFW v0.1が公開されています。

●GBATempで、Dr.Hacknik氏がWii UのMocha CFWをベースに味付けをアレンジしたカスタムファームウェアFrappuccino CFWをリリースしていました。実際に今はmenu.cなど一部のコードが変更されているだけでMocha CFWとの大きな差はありませんが、今後機能を追加していくそうです。現在はFrappuccino CFW v0.1がリリースされています。

●GBATempで、ShinyMK氏がニンテンドー3DSのゲームプレイ画面をPCにストリーミングして収録することができるユーティリティCTR-V v1.1をリリースしていました。ソースコードはGitHubで公開されています。

●ツイッターで、smea氏が現在開発中のhax 2.8は基本的な部分は出来上がったが、若干バグがあるようなのでテスター(特にninjhax 11.xではないユーザー)が必要だと公表していました。

Tags: , , , , , , , ,

●PSX-Placeで、Zar氏がUSBメモリやPS3の内蔵HDDに保存したバックアップゲームをマウントすることができるPS3のバックアップマネージャーManaGunZ_v1.26をリリースしたことを伝えていました。レトロゲーム(PS1/ PSP/ PS2)のサポートなどが変更点です。

●GBATempで、Mrrraou氏がニンテンドー3DSの9.0から11.0までで有効なARM11カーネルexploitwaithaxをリリースしたことを伝えていました。ソースコードのみがGitHubで公開されています。基本的には開発者向けで、アプリケーションごとに実装して使います。ちなみにexploitの実行にかかる時間としてnew3DSで20分、旧3DSで1時間とはなんぞこれ。

●ツイッターで、smea氏がhax 2.8の開発状況をツイートしていました。写真が公開されていますが、画面は3DSのセーブデータを管理するmeladroit氏のsvdtです。(pinkさん情報ありがとね)


hax 2.8は旧3DSでも拡張メモリが必要なタイトルが問題なく動くっぽい。genhaxとか同じようなものにも役立つといいね。
hax 2.8についてはこの記事をご覧ください。

●NeoGAFで、Nintendo Switchの開発キットが出荷されたとの情報を掲載していました。開発キットのバッテリー駆動時間は3時間のようですが、任天堂は最終的に3DSと同じ5〜8時間を目標にしているようです。

●YouTubeで、タレントのJimmy Fallon氏が司会を務めるアメリカのテレビ番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」でNintendo Switchを世界で初めてプレイアブル状態で紹介していました。ニンテンドーオブアメリカのReggie Fils-Aime氏とのトークで進行する番組で、観客席には宮本茂氏がサプライズで座っているという任天堂が全面的にバックアップした初披露となっています。(ゆずむしさん情報ありがとね)

●GBATempで、Maschell氏がNUS(任天堂のアップデートサーバー)からコンテンツをダウンロードすることができるJavaアプリケーションJNUSTool 0.3bをリリースしていました。(通りすがりさん情報ありがとね)

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DS(要CFW)で.ndsファイルを起動することができるローダーTWLoader 1.5.2をリリースしていました。メモリーリーク回避のためパッケージ画像を一度に読み込まなようにしたことや、パッケージ画像またはバナーが存在しないときにクラッシュしてしまう不具合の解消が変更点です。(079412さん情報ありがとね)

●GBATempで、exelix11氏が『スーパーマリオ 3Dランド』のゲームデータを展開して改造することができるWindows向けユーティリティThe Fourth Dimension​ Version 0.9をリリースしていました、
the-fourth-dimension

●YouTubeで、Simply Austin氏がカスタムビルドした3DSエミュレータ Citraで『ポケットモンスター サン・ムーン』が動作したとして動画を公開していました。音楽も鳴りコントローラーもサポートされ、1080pも選択できるそうです。

Tags: , , , , , , , ,

●PSX-Placeで、ロシアのハッカーが公式ファームウェア4.70の未改造PS3でゲームのバックアップデータをインストールして起動できる方法を公開していたことを伝えていました。手順は複雑で、簡単に書くとゲームのデータ自体をツールを使って変換、ライセンスデータをバイナリ編集、PKGにしてPS3へインストールという流れです。

●PSXHAXで、darekspy氏がPS3 4.81をベースにPS3/PS2/PS1/PSPのISOをサポートするCobra 7.3の機能を付加したカスタムファームウェアSPY 4.81 COBRA 7.3 CEXをリリースしたことを伝えていました。,

●公式サイトにてPokémon GO バージョン 0.45.0(Android / iOS)のアップデートを開始したと発表していました。iOSはApp Store上では1.15.0と表示されます。

・毎日ポケモンを捕まえたり、ポケストップを訪れたりすることでXPやほしのすなのボーナスがもらえます。7日間連続で達成すると更に多くのボーナスをもらえます。
・相手のチームのジムを中立化すると、しばらくの間、他のトレーナーはポケモンをジムに配置することができなくなりました。
・相手のチームのジムで勝つと、相手のチームが失う名声の量が増えました。トレーニングで得られる名声の量は減りました。
その他バグ修正

最近ジムがレベル10のタワー固定化しているので、失う名声がどれくらい増えたのかによりますがもっとジムバトルが活性化することを望みます。が、せめて自分がバトルで勝ったのに通りすがりのトレーナーにポケモン配置されてしまうのだけは、せめて制限時間内ならバトルで勝ったトレーナーに優先権与えるなどの措置が欲しいです。

●ツイッターで、smea氏が『ポケットモンスター サン・ムーン』発売前にはPASLRの修正も含めたhax 2.8を公開予定としていた件について11月12日から旅行に出かけるのでサン・ムーン発売前というのがちょっと難しくなったことを公表していました。

Tags: , ,