hakchi2一覧

GameGaz Daily 2018.2.25

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.30をリリースしていました。madmonkey氏の改良版を統合したことやNES/SNES/ファミコンのマルチブートのサポート、USBストレージのサポートなどが変更点です。マルチブートにより、ファミコンミニとスーファミミニの違いは見た目だけ、となりそうです。給電に対応したmicroUSB OTGケーブルが必要ですが、USBストレージを利用することでゲームの保存領域を拡張できるようになります。

●PSXHAXで、Riccardo82氏がPS4のゲームをHDDヘダンプしてpkgを生成することができるWindows向けユーティリティPs4SwissKnife 1.5bをリリースしていました。
PS4SwissKnife

●ツイッターで、LightningMods氏がPS4のコントローラーのボタン動作の確認を行うことができるユーティリティControllerHomebrewをリリースしていました。

●PSXHAXで、stooged氏がPS4 4.05でPlayStation VRを利用できるようにするペイロードPS4 HEN VRをリリースしていました。

●GBATempで、Rinnegatamante氏がRPG Maker 2000/2003(RPGツクール2000/2003)で作成したゲームをプレイできるEasyRPG PlayerをSwitchに移植したことを伝えていました。(poppoさん情報ありがとね)

●GBATempで、8BitWonder氏がNintendo Switch向けのドローソフトPixel-Painter v1.4.2をリリースしていました。Homebrew Launcher Switchのリリースにより、Homebrewの登場が相次いでいますね。
Pixel-Painter-Switch

●GitHubで、Princess of Sleeping氏がPS Vitaの画面右上にあるステータスバーにバッテリー残量をパーセンテージで表示することができるtaiHENプラグインvita-shellbatの改良版shellbat-r2-mod 1.0をリリースしていました。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドーDSi/3DSでDSとゲームボーイ(カラー含む)のバックアップROMをSDカードから起動することができるローダーSRLoader v3.3.0をリリースしていました。GBARunner2での起動に対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、Robz8氏がニンテンドー3DSでFlashcartなしにndsファイル(バックアップファイル)をSDカードから起動することができるユーティリティNDS-Bootstrap v0.7.2をリリースしていました。『クロノ・トリガー』など、海賊版対策回避パッチは必要なものの、バグのせいで起動しなかった不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、RPCS3チームがWindows/Linux/Mac OSX向けPS3オープンソースエミュレータRPCS3 v0.0.5 Alphaをリリースしていました。x64 CPUで動作するようになったことやネイティブユーザーインターフェースに対応したことなどが変更点です。

●PSXHAXで、PS4ゲームのチートコードサーチユーティリティPS4 Cheater 1.1がリリースされたことを伝えていました。
PS4Cheater1
PS4Cheater2


GameGaz Daily 2017.10.28

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.21fをリリースしていました。マイナーアップデートで特別なことはないようです。確かに変更履歴の中身が前バージョンの持ち越しでバージョン表記だけ2.21e→2.21fになっている感じです。

●GitHubで、kitling氏が3DS bootromhaxのためのFlashcartのFlash書き換えユーティリティntrboot_flasher v0.3.1をリリースしていました。mallocやオペレーションの不履行をチェックする機能の追加が変更点です。

●GitHubで、RiiConnect24チームのlarsenv氏がWii/Wii UのIOS31とIOS80にパッチをすることでRiiConnect24(WiiConnect24のサードパーティによる代替サービス)に接続するためのMac/Linux/Windows向けユーティリティIOS Patcher v1.8.4をリリースしていました。変更はLinux/Mac版のみでWindows版には特段変更はありません。vWiiのサポートとHomebrewに関連する不具合修正が変更点です。


GameGaz Daily 2017.10.21

●fail0verflowチームが、PS4 4.05のカーネルexploit “Adieu”を公開していました。AdieuはChaitin Techのexploitと同じだそうです。

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v4.01をリリースしていました。オリジナルのfont.ttf (配置はux0:data/ABM/font.ttf)の読み込みに対応したことやバブルごとの背景色変更設定対応などが変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.21eをリリースしていました。空き容量の計算方法の変更やSNESゲームの強制NTSCパッチの削除などが変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 1.0cをリリースしていました。ステートセーブの容量の修正が変更点です。

●NintendoTodayで、あるユーザーが『スーパーマリオ オデッセイ』の解像度について任天堂のサポートに問い合わせたところ携帯モードだと720pだがNintendo Switchドックに装着したTVモードだと1080pになるとの回答が来たことを伝えていました。E3ではTVモードで720pだったようです。


GameGaz Daily 2017.10.14

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.21dをリリースしていました。hakchi2 v2.21cがなくなっていつのまにかv2.21dとなっている程度のマイナーアップデートのようです。

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHIDtoVPAD-v0.9j-nightly-746f471をリリースしていました。ログの改良などが変更点です。

●GitHubで、d0k3氏がニンテンドー3DSのSDカードやNANDパーティションのファイル/フォルダコピーや削除、リネームなどを行うことができるファイルブラウザGodMode9 v1.4.3をリリースしていました。バグ修正と機能改善などが変更点です。

●GitHubで、esmjanus氏がPSP(ePSP)向けのスーパーファミコンエミュレータ(173210氏のsnes9xTYL MODの改良版) snes9xTYL Mod 171008をリリースしていました。『スーパーマリオRPG』で状況によってはグラフィックの不具合を引き起こしていた不具合の修正などが変更点です。


GameGaz Daily 2017.10.13

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.21cをリリースしていました。空き容量の計算方法を変更したことやSNESゲームの強制NTSCパッチの削除などのマイナーアップデートです。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 1.0をリリースしていました。全バージョンでおかしかった不具合修正やデフォルトでのアスペクト比の修正などが変更点です。

●PSXHAXで、BenMitnicK氏がHENkaku環境Vita向けのファイルマネージャー/PKGインストール/ビルトインFTPなどの機能を有した多機能シェルアプリVitaShellのMOD版VitaShellMod 1.75をリリースしたことを伝えていました。アプリケーションの起動時のpic0を追加したことやランダムで最大20の背景画像を追加したことなどが変更点です。

●GitHubで、FIX94氏がWii/vWii向けのHomebrew Channelを改良したオープンソースHomebrewローダーOpen Homebrew Channel v1.1.4をリリースしていました。Wii VCからHBCに戻るためのコードを追加したことなどが変更点です。

●GBATempで、KhaderWelaye氏がWiiのISOファイルをWii UのバーチャルコンソールとしてインストールできるようにするためのWindows向けユーティリティWiiVC Injector Script v2.2.6をリリースしていました。c2w patcherを1.2にアップデートしたことが変更点です。

●PSX-Placeで、thehero_氏がCodestation氏がPSP向けに開発したバッテリー残量やFPS、CPU速度などの状態表示をするプラグインHUDをVitaのAdrenaline 6向けにアレンジしたHUD 2.03をリリースしていました。Vitaでは使用しない♪などのボタン機能削除などが変更点です。

●ツイッターで、Rinnegatamante氏がCHIP-8というコンピュータ言語エミュレータをVita向けに開発中であることを公表していました。Vita向けLuaインタプリタLua Player Plus Vita(lpp-vita)向けで、https://github.com/Rinnegatamante/MicroCHIP/でソースコードが公開されています。

●RPCS3チームがWindows/Linux/Mac OSX向けPS3オープンソースエミュレータRPCS3で高解像度でのレンダリングが可能になったことを発表していました。


GameGaz Daily 2017.10.11

●GitHubで、ONEluaチームがVitaのeCFW 6.61Adrenalineのバブルアイコンを作成・管理することができるユーティリティAdrenaline Bubble Manager v3.10をリリースしていました。アイコンがないiso/cso/pbpでエラーを起こす不具合の修正などが変更点です。

●GitHubで、dnasdw氏が3DSのROMを展開・生成することができるマルチプラットフォーム向けコマンドラインユーティリティ3dstool v1.0.27をリリースしていました。macOSでのエンコードの不具合の修正が変更点です。

●GitHubで、ClusterM氏がNES/SNES Classic MiniでPCとUSB経由でゲームの追加などを行うことができるユーティリティhakchi2 v2.21bをリリースしていました。SNES Miniでのゲームの互換性向上やRetroArchのようなサードパーティのエミュレータへの切り替えに対応したことなどが変更点です。

●GitHubで、LiquidFenrir氏が3DSのSDカードにあるArm9LoaderHaxペイロードや.cia HomebrewなどのファイルをアップデートすることができるユーティリティMultiUpdater v4.0.1をリリースしていました。バグ修正などが変更点です。

●GitHubで、Maschell氏がBluetoothのマウスやキーボードの入力機器向けHIDプロファイル機器(DualShock 4やDualShock3など)をニンテンドーWii Uで使用できるようにするユーティリティHIDtoVPAD-v0.9j-nightly-efe14daをリリースしていました。新しいdynamic_libを使うようにしたことなどが変更点です。

●ClusterM氏がNES/SNES Classic Mini向けのマルチシステムエミュレーターRetroArch用モジュールretroarch-clover 0.9cをリリースしていました。CRTモードでのスクリーンショットの不具合の修正が変更点です。