GCMM+

You are currently browsing articles tagged GCMM+.

GameGaz Daily 2016.2.28




●WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.4eをリリースしたことを伝えていました。バグ修正が変更点です。

●GBATempで、d0k3氏がニンテンドー3DS向けのSDカードファイルマネージャーCTRXplorer v0.9.5をリリースしていました。ファイルやフォルダコピー時にクリップボードの中身を保持するようにしたことなどが変更点です。

●GBATempで、cpasjuste氏がニンテンドー3DSでCFW/Homebrew Menu/rxToolsでの起動を選択することができる起動管理ユーティリティCtrBootManager v1.9をリリースしていました。ninjhax 2.6以降が必要ですがHOMEメニューに戻る機能を追加したことが変更点です。

●GBATempで、lefthandsword氏が3DSのBootROMにペイロードを直接書き込むことができるarm9loaderhaxのコンパイル方法とインストール方法のチュートリアルを公開していました。arm9loaderhaxは32C3でsmea氏らが発表したものです。

Tags: , , ,

●PS3Haxで、playerkp420氏がPS3の4.75をベースにMFW Builderを使わず公式ファームウェアに必要なパッチを施すことで作り上げたカスタムファームウェアPlayerkp420 4.75 v1.01をリリースしていました。

●WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.4dをリリースしたことを伝えていました。メモリーカードに関する不具合の修正などが変更点です。

Tags: ,

⚫︎PSX-Sceneで、Estwald氏がPS3のCEXベースの全カスタムファームウェアに対応したシステムマネージャーコアNew Core v1.1をリリースしたことを伝えていました。

⚫︎WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.4cをリリースしたことを伝えていました。非純正メモリーカードで不具合が起こることがある一部チェック機能の無効化が変更点です。

⚫︎Maxconsoleで、Gamesonic氏がIris ManagerベースとなるPS3のバックアップマネージャーGamesonic Manager v1.60をリリースしたことを伝えていましたIiris Manager 2.70の機能に対応したことや、PS VitaのCEF 6.60TN-V7でのリモートプレイに対応してことなどが変更点です。

Tags: , ,

●Tortuga Coveで、RazorX氏がPS3の最新ファームウェア4.50ベースのカスタムファームウェア4.50 PS3Ultimate CFW v1.01をリリースしていました。

●PS3NEWSで、RedDot-3ND7355氏とB7U3 C50SS氏がPS3のCFWを作るユーティリティPS3MFW Builder 1.0.0をリリースしたことを伝えていました。4.XX向けに以前のPS3MFW Builder v0.3.1から発展させた公式版になります。

●PS3ITAで、PS3ITAチームがPS3のバックアップマネージャーPs3ita Manager 1.42をリリースしていました。バグ修正が変更点です。

●PS3Crunchで、Dean氏がbdRESET、gameDATA、lastGAME、stDISC、installPKGといったmultiMAN向けツールを集めたmmTOOLS_450をリリースしていました。4.46DEXおよび4.50CFWのサポートが変更点です。

●PS3Crunchで、Dean氏がPS3のバックアップマネージャーmultiMAN ver 04.50.01 BASE CEX (20131006)をリリースしていました。lastGAME 8.0のサポートなどが変更点です。(mayatakaさん情報ありがとね)

●WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.4bをリリースしたことを伝えていました。カードの初期化方法に誤りがあり、きちんと動作しなかった不具合の修正が変更点です。

●カプコンが、『「モンスターハンター4」改造データに関するご注意』という文書を公開していました。CYBER セーブエディターを使ったチートに関する警告でしょうか。

Tags: , , , , ,

●ツイッターで、SvenGDK氏がPS3とPSPのGUIであるXMBをWindowsPC上でエミュレートしPS3のコントローラーで操作することができるXMBエミュレーターXMBPC System Update v1.1.2をリリースしていました。ただし”Game”カテゴリは不安定だそうです。

●PSX-Sceneで、 User氏がPSNコンテンツのアクティベートやIDPS起動、CFWのsyscallの削除による見かけ上のOFW化などを行うことができるユーティリティPSNope v1.05をリリースしたことを伝えていました。PSID偽装機能追加などが変更点です。

●PSX-Sceneで、Medo氏がPS3のEBOOTファイルをモディファイしチートコードなどを加えた上でパッケージ化することができるユーティリティPS3 Eboot Modifier & package maker v3.6.0.4をリリースしたことを伝えていました。Windows 8のサポートやタイプミスなどの微細な文字変更などが行われたようです。

●WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.4aをリリースしたことを伝えていました。実は昨年の10月にGCMM 1.4がリリースされた直後に1.4aがリリースされていました。ゲームキューブモードでのSD Geckoの不具合の修正などが変更点です。

●Engadgetで、マイクロソフトがホワイトとシルバーグレーのスペシャルエディションXbox Oneをインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の従業員に無償で配布するらしいと伝えていました。ただし、今年の7月12日時点から発売時まで在籍をしている従業員のみが対象ですので、今から慌てて就職してももらえる訳ではありません。

white silver xboxone

Tags: , , ,

●PS3NEWSで、SubZero DezignsのQuake氏がPS3のゲームIDでゲームのアップデータを簡単にダウンロードしたりすることができるユーティリティSimple PS3Updates v1.0.0をリリースしたことを伝えていました。本当は§imple PS3Updatesが正式名称になっています。

●WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.4をリリースしたことを伝えていました。アニメーションアイコンのグラフィック改良、ゲームキューブモードでのSD Geckoスロット選択機能などが変更点です。

●Homebrew-Connectionで、BestPig氏がXbox 360のFreeBootイメージを簡単に作成することができるユーティリティfreeBOOT ToolBox Maker v2.9.2aをリリースしたことを伝えていました。15574カーネルイメージぼビルドに対応したことやCorona基板サポート追加などが変更点です。

●aldostools氏がPS3の各種ツールを集めたPS3 Tools Collection 2.0.32をリリースしていました。以下のユーティリティがアップデートされています。

    ・ドングルレスで使えるようになったPS3UserCheat向けのチートコードエディターPS3 Cheats Editor 2.2.0.1
    ・scetoolを利用してklicenseeを探し3.55/3.40 keyでEBOOT/SPRX/SELFファイルを再署名できるBruteForce/SCETool Decrypter 2.2.5
    ・BDEMU用にフォーマットしたHDDのパーティションサイズを管理するBdEmu Partitions Tool 1.0.7

Tags: , , , , , ,

●WiiBREWで、suloku氏がGameCubeのセーブデータを管理するためのメモリーカードマネージャーGCMM 1.3をリリースしたことを伝えていました。Raw Restore Modeでカード/イメージのシリアル番号表示機能追加などが変更点です。

●nknave氏がJtag HackとReset Glitch Hackに対応したXbox 360のハッキングのためのツールを1つにまとめたWindows用オールインワンユーティリティ360 HackBox Lite v2.0.12.233をリリースしていました。Swizzy氏のツールをベースにしたSD Reader/Flasherを追加したことやCorora v2サポートなどが変更点です。

●Wii-Homebrewで、suloku氏がゲームキューブのメモリーカードRAWイメージを容量の大きなメモリーカードにするために容量を拡張することができるコマンドラインユーティリティGCpadder v.0.2をリリースしたことを伝えていました。またメモリーカードのRAWイメージのシリアルナンバーを他のメモリーカードに移植することができるコマンドラインユーティリティGCSerial v.0.1もリリースされています。

Tags: , , ,

« Older entries